ページトップへ戻る

主 催
公益財団法人 日本眼科学会
主管校
鳥取大学医学部視覚病態学
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部
〒530-0001
大阪市北区梅田 3-3-10 梅田ダイビル4階
TEL: 06-6348-1391 FAX: 06-6456-4105
E-mail: 122jos@jtbcom.co.jp

屈折矯正手術講習会、オルソケラトロジー講習会

下記の通り講習会を開催いたします。申込みにつきましては当ホームページにて行います。

屈折矯正手術講習会

日時:2018年4月22日(日)9:00~11:00
会場:大阪国際会議場10階 第4会場(1001+2)
定員:300名
プログラム:
オーガナイザー
根岸 一乃
(慶應大)
1.屈折矯正手術の歴史(最新術式まで含む)
演者
根岸 一乃
(慶應大)
2. 手術適応の選択と決定(ガイドライン含む)
演者
後藤 憲仁
(獨協医大)
3. 機器整備・安全管理
演者
中村 友昭
(名古屋アイクリニック)
4. LASIK手術の実際(合併症も含む)
演者
中村 邦彦
(たなし中村眼科クリニック)
5. Phakic IOL手術の実際(合併症も含む)
演者
稗田 牧
(京都府医大)
6. 屈折矯正手術・国内外の現状と今後の展望
演者
神谷 和孝
(北里大)

オルソケラトロジー講習会

日時:2018年4月22日(日)11:30~13:30
会場:大阪国際会議場10階 第4会場(1001+2)
定員:300名
プログラム:
オーガナイザー
村上 晶
(順天大)
1. 原理と角膜への影響
演者
土至田 宏
(順天大・静岡)
2. 検査と適応の決定
演者
柿田 哲彦
(柿田眼科)
3. 処方と効果判定
演者
吉野 健一
(吉野眼科クリニック)
4. 合併症と対処法
演者
平岡 孝浩
(筑波大)
5. 保険と関連法制
演者
植田 喜一
(ウエダ眼科)
6. 診療ガイドライン
演者
村上 晶
(順天大)

受講料

無料

受講資格

両講習会とも第122回日本眼科学会総会の参加登録をされた方ならどなたでもご参加いただけます。

申込方法

下記の要領で参加申込受付を行います。
※両講習会とも定員(300名)になり次第、申込締め切りとさせていただきます。
予めご了承ください。

事前申込み

受付期間:2018年2月1日(木)~3月20日(火)
本ページ内「講習会参加申込み」にアクセスいただき、必要事項を入力してください。
登録後送付される受講券を当日必ずご持参ください。

必要事項

遅刻・早退は認めません。受付が完了し、受講券を持参されても講習会開始時刻から10分経過した場合は、受講できません。また、早退された場合は、受講証の発行はいたしませんので、ご注意ください。

受講証

受講証の授与は、日本眼科学会専門医に限りますので、予めご了承ください。眼科専門医の方には後日日本眼科学会事務局より受講証を送付いたします。なお、厚生労働省認証済エキシマレーザー装置および厚生労働省認証の関連機器に関する実習、厚生労働省認証オルソケラトロジーレンズに関する講習については、医療機器会社が独自に開催し、その会社が受講証を発行いたします。

2018年2月1日(木)11:00より受付開始