第24回日本薬剤疫学会学術総会 学会ポスターダウンロード 第24回日本薬剤疫学会学術総会 Facebook
事務局
東北大学大学院医学系研究科 医学統計学分野
〒980-8574 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1
東北大学病院 臨床研究推進センター(旧西病棟)4階
4S-02
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部

〒541-0056
大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル7階
TEL: 06-4964-8869 FAX: 06-4964-8804
E-mail: 24jspe@jtbcom.co.jp

ワークショップ参加登録

受付期間

2018年9月18日(火)~ 10月9日(火) 受付を締め切りました。
※各セッションとも定員数に達し次第、締切とさせていただきます。

開催概要

日時:【ワークショップ1】2018年10月13日(土)午後
   【ワークショップ2】2018年10月14日(日)午後
場所:東北大学 星陵会館 2F 大会議室『第2会場』
参加費:無料(本学術総会への参加申し込みは必須)

登録方法

オンラインによる登録となります。
各セッション概要下部の「参加登録はこちらから」ボタンより登録画面へお進みください。
※事前登録をされていない方でも参加登録は可能です。
【ワークショップ 1】
観察研究データを用いた統計モデルによる交絡調整の実践
定員:20名
オーガナイザー
竹内 由則
(東京大学大学院医学系研究科 生物統計学分野)
統計モデルによる交絡調整の基礎
 
篠崎 智大
(東京大学大学院医学系研究科 生物統計学分野)
ハンズオンセミナー
講師
篠崎 智大
(東京大学大学院医学系研究科 生物統計学分野)
 
竹内 由則
(東京大学大学院医学系研究科 生物統計学分野)
【概要】

統計モデルを用いた観察研究データの交絡調整手法(回帰モデル・傾向スコアを用いたマッチング、重み付け等)の基礎を概説し、実際のデータを用いたハンズオンセミナーによる実践を行う。統計解析ソフトウェアとしてはSASおよびRを想定している。対象者としては、回帰モデル等によるデータ解析を行った経験はあるが、傾向スコアを用いた手法についての理解は十分でないと考えている方を対象とする。

参加者へのご案内

回帰モデル等による観察研究データの解析を行った経験はあるが、傾向スコアを用いた手法についての理解は十分でないと考えている方が対象となります。
SASまたはRによる基本的な解析プログラムの作成および実際の利用経験があり、疫学・生物統計学の基本的な用語を理解していることを前提とします。

参加希望者は各自PCにSAS 9.4(SAS/STAT含む)または、R3.5.1および指定のRパッケージを事前にインストールし、上記ソフトウェアについて問題なく起動、使用可能か確認したうえで、PCを当日会場に持参してください。
(ワークショップ会場内に電源はございませんので、満充電されたPCを持参してください。)
【ワークショップ 2】
患者報告アウトカム入門 〜がん支持療法領域を例に〜
定員:50名
共催:QOL/PRO研究会
オーガナイザー
宮路 天平
(東京大学大学院医学系研究科 臨床試験データ管理学講座)
 
鈴鴨 よしみ
(東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻 肢体不自由学分野)
ファシリテーター・講師
宮路 天平
(東京大学大学院医学系研究科 臨床試験データ管理学講座)
 
川口 崇
(東京薬科大学薬学部 医療実務薬学教室)
 
益子 友恵
(株式会社Suxac/国立がん研究センター)
 
鈴鴨 よしみ
(東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻 肢体不自由学分野)
 
宮崎 貴久子
(京都大学大学院医学研究科 健康情報学分野)
【概要】

本ワークショップは、患者報告アウトカム(Patient-reported outcome: PRO)を用いてこれから研究をしたいと考えている方を対象とし、がん支持療法領域を例にしたPROの選択に取り組み、研究をデザインする上での基本的な知識を習得します。 臨床アウトカム評価(Clinical outcome assessments: COAs)には、患者報告アウトカム(PRO)の他に医療者が評価したアウトカム(Clinician reported outcome: ClinRO)、介護者が評価したアウトカム(Observer reported outcome: ObsRO)、パフォーマンスアウトカム(Performance outcome: PerfO)があります。研究の目的や条件などによって、どのCOAsを用いるのが適切か考える必要があり、PROが適切とされるケースを考えます。 実際にPROを用いようと考えたとき、用いることのできるツール(尺度など)が全くない場合や、複数から選ぶことができる場合などがあります。こうしたツールの検索、選択の際の注意点にはどのようなものがあるかを学び、評価項目としてどのように設定・記述するかを考える機会とします。

ワークショップ参加登録に関するお問い合わせ先

第24回日本薬剤疫学会学術総会 運営事務局 ワークショップ参加登録担当
株式会社JTBコミュニケーションデザイン ミーティング&コンベンション事業部
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町 2-1-25 JTBビル7階
TEL: 06-4964-8869 FAX: 06-4964-8804
E-mail: 24jspe@jtbcom.co.jp

ページトップへ戻る