各種単位認定について

(1)日本医療薬学会認定薬剤師、がん専門薬剤師、薬物療法専門薬剤師の受講単位について

日本医療薬学会認定薬剤師、がん専門薬剤師および薬物療法専門薬剤師の各認定制度では、本年会への参加を認定や更新申請時の要件の一部として、受講単位を付与しています。各認定および更新申請の際には、本年会の年会ネームカードのコピーが必要になりますので、大切に保管してください。

(2)日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度の受講シールの交付について

本年会は、日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度の認定対象となります(3 単位/ 日)。
『認定シール受付』で当日分の受講シールをお渡しいたします。

場所: 幕張メッセ 国際会議場 1 階 エントランスロビー
時間: 11月3日(金・祝)
11月4日(土)
11月5日(日)
8:00~18:45
8:00~18:45
8:00~15:45

(3)日病薬病院薬学認定薬剤師制度の研修単位シールの交付について

本年会は、日病薬病院薬学認定薬剤師制度の認定対象となります(3 日および4 日:4 単位/ 日、5 日:3 単位/ 日)。
『認定シール受付』で当日分の研修単位シールをお渡しいたします。

場所: 幕張メッセ 国際会議場 1 階 エントランスロビー
時間: 11月3日(金・祝)
11月4日(土)
11月5日(日)
8:00~18:45
8:00~18:45
8:00~15:45

(2)「日本薬剤師研修センター」認定の受講シール(3 単位)と、(3)「日病薬病院薬学認定薬剤師」の研修単位シールは、同日の重複発行はできません。

(4)日本病院薬剤師会の各専門領域の認定薬剤師の認定申請を目指す方へ

本年会の下記のシンポジウムは、日本病院薬剤師会が認定する「各専門領域の講習会」として承認されています。
単位認定を希望される方は、シンポジウムにご参加の上、終了時に会場にて受講証を受領してください。
なお、申請時には日病薬病院薬学認定薬剤師制度の研修単位シールもあわせて必要になります。

《対象となるシンポジウム》

【がん領域】

シンポジウム1
「がん免疫療法時代の薬剤師の底力」

日時:11月3日(金・祝) 9:00~11:00
会場:第1会場(幕張メッセ 国際会議場 2階 コンベンションホール)

シンポジウム2
「薬剤師が拓く支持療法個別化への道~高質安全ながん化学療法のために、薬剤師ができること~」

日時:11月3日(金・祝) 13:30~15:30
会場:第1会場(幕張メッセ 国際会議場 2階 コンベンションホール)

シンポジウム20
「在宅医療における意思決定支援と薬剤師の役割
~薬剤師はアドバンス・ケア・プランニングファシリテター(ACPF)になりうるか~」

日時:11月3日(金・祝) 13:30~15:30
会場:第14会場(東京ベイ幕張ホール 2 階 ホール 8·9)

シンポジウム24
「がん薬物療法における薬学的介入の実際と症例サマリのまとめ方」

日時:11月4日(土) 15:45~17:45
会場:第1会場(幕張メッセ 国際会議場 2 階 コンベンションホール)

【精神科領域】

シンポジウム37
「精神科薬物療法における処方適正化~向精神薬減量への試み~」

日時:11月4日(土) 13:30~15:30
会場:第12会場(東京ベイ幕張ホール 2 階 ホール 3·4)

【感染制御領域】

シンポジウム4
「地域を結ぶ抗菌薬適正使用―「薬剤師」は耐性菌に立ち向かえるか―」

日時:11月3日(金・祝) 13:30~15:30
会場:第2会場(幕張メッセ 国際会議場 2 階 国際会議室)

シンポジウム12
「免疫抑制薬TDM 標準化ガイドライン version2 の策定と今後」

日時:11月3日(金・祝) 9:00~11:00
会場:第10会場(ホテルニューオータニ幕張 2 階 ステラ)

シンポジウム17
「抗微生物耐性(AMR)に薬剤師としてどう立ち向かうか」

日時:11月3日(金・祝) 9:00~11:30
会場:第13会場(東京ベイ幕張ホール 2 階 ホール 6·7)

【妊婦· 授乳婦領域】

シンポジウム16
「小児· 周産期と予防接種」

日時:11月3日(金・祝) 15:45~17:45
会場:第12会場(東京ベイ幕張ホール 2 階 ホール 3·4)

シンポジウム26
「妊娠期の感染症と母児のリスク管理」

日時:11月4日(土) 15:45~17:45
会場:第2会場(幕張メッセ 国際会議場 2 階 国際会議室)

(5)日本糖尿病療養指導士の単位取得について

本年会は、日本糖尿病療養指導士の認定資格の更新時に必要な単位として認定されます。
申請時には、年会ネームカードが必要となりますので、大切に保管してください。

(6)その他の単位認定

一般社団法人日本ゲノム薬理学会 単位数:2

シンポジウム21
「ゲノム情報活用支援システムが創る新たな薬物治療への道」

日時:11月3日(金・祝) 15:45~17:45
会場:第14会場(東京ベイ幕張ホール 2 階 ホール 8·9)

日本医薬品安全性学会(医薬品安全性指導者(DSD)・医薬品安全性専門薬剤師(DSSP)) 単位数:2

シンポジウム18
「医薬品安全性学のススメ~副作用防止に向けて薬剤師の積極的関与~」

日時:11月3日(金・祝) 13:30~15:30
会場:第13会場(東京ベイ幕張ホール 2 階 ホール 6·7)
※上記セッション聴講の他、演題発表で発表者は+2単位、共者者は+1単位
※ 単位申請には年会ネームカードのコピーが必要です。
  詳細は、日本医薬品安全性学会までお問い合わせください。

一般社団法人日本老年薬学会 老年薬学認定薬剤師制度 単位数:1

シンポジウム29
「ポリファーマシーに対する医師· 薬剤師連携による処方見直し」

日時:11月4日(土) 15:45~17:45
会場:第3会場(幕張メッセ 国際会議場 2 階 201 会議室)