各種単位認定について

(1)日本医療薬学会認定薬剤師、がん専門薬剤師、薬物療法専門薬剤師の受講単位について

日本医療薬学会認定薬剤師、がん専門薬剤師および薬物療法専門薬剤師の各認定制度では、本年会への参加を認定や更新申請時の要件の一部として、受講単位を付与しています。各認定および更新申請の際には、本年会の年会ネームカードのコピーが必要になりますので、大切に保管してください。

(2)日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度の受講シールの交付について

本年会は、日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度の認定対象となります(3 単位/ 日)。
『認定シール受付』で当日分の受講シールをお渡しいたします。

場所: 神戸国際展示場 2号館 1Fロビー
時間: 11月23日(金・祝)
11月24日(土)
11月25日(日)
8:00~18:30
8:00~18:30
8:00~15:30

(3)日病薬病院薬学認定薬剤師制度の研修単位シールの交付について

本年会は、日病薬病院薬学認定薬剤師制度の認定対象(領域なし)となります
(23日および24日:4単位/ 日、25日:3単位/ 日)。
『認定シール受付』で当日分の研修単位シールをお渡しいたします。

場所: 神戸国際展示場 2号館 1Fロビー
時間: 11月23日(金・祝)
11月24日(土)
11月25日(日)
8:00~18:30
8:00~18:30
8:00~15:30

(2)「日本薬剤師研修センター」認定の受講シール(3 単位)と、(3)「日病薬病院薬学認定薬剤師」の研修単位シールは、同日の重複発行はできません。

(4)日本病院薬剤師会の各専門領域の認定薬剤師の認定申請を目指す方へ

本年会の下記のシンポジウムは、日本病院薬剤師会が認定する「各専門領域の講習会」として承認されています。
単位認定を希望される方は、シンポジウムにご参加の上、終了時に会場にて受講証を受領してください。
なお、申請時には日病薬病院薬学認定薬剤師制度の研修単位シールもあわせて必要になります。

領域 該当セッション セッション名 日時 会場
感染制御 シンポジウム 1 抗菌薬適正使用支援チーム(AST)において薬剤師が果たすべき役割とは? 11/23(金・祝)
9:30~11:30
第1会場
神戸国際展示場 2号館 1F コンベンションホール北
感染制御 シンポジウム 2 薬学の観点からAMR 対策を多角的に攻める! 11/23(金・祝)
14:35 ~ 17:05
第1会場
神戸国際展示場 2号館 1F コンベンションホール北
感染制御 シンポジウム 4 医薬品安全性学のススメ~安全な薬物治療へ薬剤師力の持続的進化~ 11/23(金・祝)
13:20 ~ 15:20
第2会場
神戸国際展示場 2号館 1F コンベンションホール南
がん シンポジウム 5 がん化学療法における臨床的課題へのエビデンス構築に向けた新展開 11/23(金・祝)
15:35 ~ 17:35
第2会場
神戸国際展示場 2号館 1F コンベンションホール南
HIV感染症 シンポジウム 9 認知機能障害におけるHIV 感染症と服薬マネジメント
—多職種・薬薬連携の活用による服薬アドヒアランス向上を考える—
11/23(金・祝)
9:00 ~ 11:30
第5会場
神戸国際展示場 2号館 2F 2A 会議室
がん シンポジウム 15 若年がん医療に伴う妊孕性温存に対する薬剤師の貢献を考える 11/23(金・祝)
9:00~11:00
第7会場
神戸国際会議場
1F メインホール
精神科 シンポジウム 18 せん妄の予防・早期介入に対して薬剤師はいかに貢献できるか? 11/23(金・祝)
9:00~11:00
第8会場
神戸国際会議場
3F 国際会議室
がん シンポジウム 24 即実践!がん治療・緩和ケアの融合とアドバンスケアプランニング
~薬剤師が担うべきがん患者のトータルサポートとは!?~
11/24(土)
9:00~11:00
第1会場
神戸国際展示場 2号館 1F コンベンションホール北
がん シンポジウム 25 がん薬物療法における、症例サマリから見る薬学的介入と処方提案のポイント 11/24(土)
13:20~15:20
第1会場
神戸国際展示場 2号館 1F コンベンションホール北
がん シンポジウム 35 がん治療時に遭遇する薬物相互作用とその対策を考える 11/24(土)
15:35~17:35
第4会場
神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室
がん シンポジウム 44 がんチームと循環器チームのコラボレーション
~薬剤師としての役割を考えよう~
11/24(土)
15:35~17:35
第8会場
神戸国際会議場 3F 国際会議室
精神科 シンポジウム 45 エビデンスに基づいた精神科領域における個別化療法
~薬剤師による臨床業務と研究活動のさらなる進化を求めて~
11/24(土)
9:00~11:00
第16会場
ポートピアホテル本館
B1F 和楽
がん シンポジウム 51 免疫チェックポイント阻害薬の治療を安全に支援するために薬剤師には何ができるか?
~基礎・臨床医学と臨床薬学の融合~
11/25(日)
9:00~11:00
第3会場
神戸国際展示場 1 号館 2F 展示室
妊婦・授乳婦 シンポジウム 60 妊娠と糖尿病 薬剤師の果たすべき役割を考える 11/25(日)
13:20~15:20
第13会場
ポートピアホテル本館 B1F 偕楽 1

(5)日本糖尿病療養指導士の単位取得について

本年会は、日本糖尿病療養指導士の認定資格の更新時に必要な単位として認定されます。
申請時には、年会ネームカードが必要となりますので、大切に保管してください。

(6)その他の単位認定

一般社団法人日本医薬品安全性学会 単位数:2
(医薬品安全性指導者(DSD)・医薬品安全性専門薬剤師(DSSP)・医薬品安全性情報スペシャリスト(CDSIS))

シンポジウム4
「医薬品安全性学のススメ~安全な薬物治療へ薬剤師力の持続的進化~」

日時:11 月23 日(金・祝) 13:20~15:20
会場:第2会場(神戸国際展示場2号館 1F コンベンションホール南)
※上記セッション聴講の他、演題発表で発表者は+ 2 単位、共者者は+ 1 単位
※単位申請には年会ネームカードのコピーが必要です。詳細は、日本医薬品安全性学会までお問い合わせください。

一般社団法人日本ゲノム薬理学会 単位数:2

シンポジウム28
「個別化医療のいまとこれからを考える - がんゲノム医療からプライマリ・ケアまで-」

日時:11 月24 日(土) 13:20~15:20
会場:第2会場(神戸国際展示場2号館 1F コンベンションホール南)

日本医療情報学会 単位数:1

シンポジウム39
「医療ビッグデータの捉え方 ‐ 薬剤師とMID-NET との関わり‐ 」

日時:11月24日(土) 9:00~11:30
会場:第6会場(神戸国際展示場2号館 3F 3A 会議室)

一般社団法人日本老年薬学会 老年薬学認定薬剤師制度 単位数:1

シンポジウム49
「進化するポリファーマシー対策~患者中心のポリファーマシー対策を考える~」

日時:11月25日(日) 9:00~11:00
会場:第2会場(神戸国際展示場 2号館 1F コンベンションホール南)

日本医療情報学会 単位数:1

シンポジウム58
「副作用防止のためのアレルギー・副作用情報管理」

日時:11月25日(日) 9:00~11:30
会場:第8会場(神戸国際会議場 3F 国際会議室)

  • HOME
  • ご挨拶
  • 開催概要
  • プログラム
  • 公募シンポジウム採択通知
  • 一般演題登録
  • 採択通知
  • 指定演題登録
  • 事前参加登録
  • ワークショップ
  • メディカルセミナー事前申込
  • 参加者へのご案内
  • 各種単位認定について
  • 発表者・座長へのご案内
  • 協賛・寄付申込
  • 会場までの交通案内
  • 宿泊案内
  • 託児室のご案内
  • 取材について
  • リンク
  • 市民公開講座
  • 日本薬科機器協会ワークショップのご案内
第28回日本医療薬学会年会

要旨検索はこちら

電子抄録サービス「MICEnavi」