事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部
〒530-0001
大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル4階
TEL: 06-6348-1391 FAX: 06-6456-4105
E-mail: 56moumaku@jtbcom.co.jp

プログラム

招待講演 Invited Lecture(同時通訳あり)12月2日(土)15:20~16:20

座長
山本 修一
(千葉大)
Artificial Vision: Creating Visual Function in Retinitis Pigmentosa and
Age-Related Macular Degeneration
Speakers
Paulo E. Stanga
(Manchester Royal Eye Hospital)

第20回盛賞受賞講演12月2日(土)14:40~15:20

紹介者
寺﨑 浩子
(名古屋大)
糖尿病網膜症・黄斑症の病態と治療戦略
演者
山下 英俊
(山形大)

シンポジウム

Symposium1(English Session)12月1日(金)13:45~15:15

Endless surgical challenges to refractory retinal diseases
Organizers
Akito Hirakata
(Kyorin Univ.)
 
Motohiro Kamei
(Aichi Med Univ.)
S1-1 Hypersonic Vitrectomy from the Lab to the Human Eye: Experimental
    Surgery and First Ever Results in Humans
Speakers
Paulo E. Stanga
(Manchester Royal Eye Hospital)
S1-2 Surgical treatment of pediatric complex retinal detachment
 
Shunji Kusaka
(Kinki Univ., Sakai)
S1-3 Breaks at the pars plicata of the ciliary body associated with atopic dermatitis
 
Sumiyoshi Tanaka
(Takeuchi Eye Clinic)
S1-4 Treatment of Endophthalmitis using Povidone-Iodine
 
Hiroyuki Nakashizuka
(Nihon Univ.)
S1-5 Surgical management of myopic schisis
 
Takayuki Baba
(Chiba Univ.)

Symposium2(English Session)12月2日(土)10:55~12:25

Strategies to enhance the efficacy of anti-VEGF therapy
Organizers
Kanji Takahashi
(Kansai Med Univ.)
 
Akitaka Tsujikawa
(Kyoto Univ.)
S2-1 Combination therapy with anti-VEGF therapy and photodynamic therapy
Speakers
Ichiro Maruko
(TWMU)
S2-2 Intravitreal tissue plasminogen activator and ranibizumab
 
Tsutomu Yasukawa
(Nagoya City Univ.)
S2-3 Pharmacotherapy in development for diabetic macular edema and retinopathy
 
Quan Dong Nguyen
(Byers Eye Institute, Stanford Univ.)
S2-4 Subthreshold laser treatment for diabetic macular edema
 
Tomoaki Tatsumi
(Chiba Univ.)
S2-5 Strategy of retinal photocoagulation for retinal vein occlusion
 
Yasuhiro Iesato
(Shinshu Univ.)

教育セミナー

教育セミナー112月3日(日)10:10~11:40

検査・画像診断
オーガナイザー
篠田 啓
(埼玉医大)
 
高木 均
(聖マリ医大)
E1-1 蛍光眼底検査と自発蛍光:OCT時代の意義
演者
今村 裕
(帝京大・溝口)
E1-2 黄斑疾患のOCT angiographyの読み方
 
森  隆三郎
(日本大)
E1-3 黄斑手術におけるOCT活用法
 
向後 二郎
(聖マリ医大)
E1-4 Microperimetryで視機能評価はこんなにも変わる!
 
北橋  正康
(千葉大)
E1-5 こんな時こそ、ERG!
 
近藤 峰生
(三重大)

教育セミナー212月3日(日)10:10~11:40

網膜硝子体手術の基本手技
オーガナイザー
三田村 佳典
(徳島大)
 
石田 政弘
(帝京大・溝口)
E2-1 黄斑手術
演者
馬場 隆之
(千葉大)
E2-2 裂孔原性網膜剥離(バックリング)
 
石田 政弘
(帝京大・溝口)
E2-3 裂孔原性網膜剥離(硝子体手術)
 
坂口 裕和
(大阪大)
E2-4 眼内レンズ縫着術と強膜内固定
 
香留 崇
(徳島大)
E2-5 PDR
 
井上 真
(杏林大)

第10回田野Young Investigator's Award受賞講演12月2日(土)14:10~14:40

座長
小椋 祐一郎
(名古屋市大)
加齢黄斑変性におけるOCT angiographyの有用性
演者
井上 麻衣子
(横浜市立大・視覚再生外科)
網膜変性とネクローシス
 
村上 祐介
(九州大)

一般講演 (口演・学術展示)、優秀演題シンポジウム

モーニングセミナー

モーニングセミナー 112月2日(土)7:45~8:45

黄斑疾患治療~基礎からのアプローチ~
座長
石田 晋
(北海道大)
MS1-1 The Dual Actions of Aflibercept: Potential Advantages in Retinal Vascular Disease
演者
Quan Dong Nguyen
(Byers Eye Institute, Stanford Univ)
バイエル薬品株式会社/参天製薬株式会社

モーニングセミナー 212月2日(土)7:45~8:45

マイクロペリメータの最新活用法 ~研究から臨床応用への方向性~
座長
山本 修一
(千葉大)
MS2-1 MP-3を用いた糖尿病網膜症治療のマネジメント
演者
鳥山 佑一
(信州大)
MS2-2マイクロペリメータを用いたMultimodal Imaging
 
石子 智士
(旭川医大)
MS2-3 病的近視の合併症に対するMP-3の有用性
 
大野 京子
(医科歯科大)
株式会社ニデック

モーニングセミナー 312月2日(土)7:45~8:45

網膜レーザー治療、より低侵襲な治療へ
座長
瓶井 資弘
(愛知医大)
MS3-1 低侵襲レーザー治療、閾値下凝固の可能性
演者
大越 貴志子
(聖路加国際病院)
MS3-2 ミリ秒照射とマイクロ秒照射の現状
 
藤田 京子
(愛知医大)
MS3-3 ナノパルス照射での試みとファーストインプレッション
 
柳  靖雄
(シンガポール国立アイセンター)
エレックス株式会社

モーニングセミナー 412月3日(日)7:45~8:45

眼の感染予防と施設の感染管理
座長
大橋 裕一
(愛媛大)
 
山本 修一
(千葉大)
 
宮田 和典
(宮田眼科病院)
MS4-1 硝子体内注射と感染予防
演者
中静 裕之
(日本大)
MS4-2 チームで行う眼感染コントロール~ICTにおける医師の役割~
 
浅利 誠志
(大阪大)
千寿製薬株式会社

モーニングセミナー 512月3日(日)7:45~8:45

次世代OCT angiographyが拓く 網膜イメージングの新展開
座長
飯田 知弘
(女子医大)
MS5-1 最新版OCT angiographyの臨床応用
演者
丸子 一朗
(女子医大)
MS5-2 OCTA averagingで観る高画質アンギオグラフィの世界
 
宇治 彰人
(京都大)
キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社

モーニングセミナー 612月3日(日)7:45~8:45

BRVO症例は「ここ」を診ましょう 診断時のポイントとその後の治療
座長
坂本 泰二
(鹿児島大)
MS6-1 遷延するBRVO黄斑浮腫‐病態とその対策‐
演者
野間 英孝
(東京医大・八王子)
MS6-2 ミニマル治療でいける予後良好のBRVOの見分け方
 
瓶井 資弘
(愛知医大)
わかもと製薬株式会社

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー 112月1日(金)12:25~13:25

日本から世界への発信 ~RVOの最先端研究~
座長
志村 雅彦
(東京医大・八王子)
 
辻川 明孝
(京都大)
LS1-1 網膜血管構造からRVOを考察する
演者
村岡 勇貴
(京都大)
LS1-2 炎症からRVOを考察する
 
野間 英孝
(東京医大・八王子)
アルコン ファーマ株式会社

ランチョンセミナー 212月1日(金)12:25~13:25

白熱!硝子体倶楽部
座長
恵美 和幸
(大阪労災病院)
演者
出田 隆一
(出田眼科)
 
中村 竜大
(中村眼科医院)
 
西塚 弘一
(山形大)
 
米田 一仁
(京都府医大)
 
若林 卓
(大阪大)
日本アルコン株式会社

ランチョンセミナー 312月1日(金)12:25~13:25

スペクトラリス読影塾 PartⅡ
座長
古泉 英貴
(琉球大学)
LS3-1 Spectralisで硝子体から脈絡膜までを診る
演者
小沢 洋子
(慶應大)
LS3-2 スペクトラリスOCTアンジオグラフィの特徴と活用
 
鳥山 佑一
(信州大)
LS3-3 Multimodalityを活かす
 
寺崎 寛人
(鹿児島大)
株式会社JFC セールスプラン/ジャパンフォーカス株式会社

ランチョンセミナー 412月2日(土)12:40~13:40

wAMD患者の長期の視力維持を目指した個別化治療ディベート・ワークショップ
座長
五味 文
(兵庫医大)
LS4-1 厳密にPRNを実施する立場から
演者
安川 力
(名古屋市大)
LS4-2 4週間隔のTreat&Extend(T&E)を実施する立場から
 
尾花 明
(聖隷浜松眼科)
バイエル薬品株式会社/参天製薬株式会社

ランチョンセミナー 512月2日(土)12:40~13:40

PCVの治療選択とCurrent Topics
座長
大路 正人
(滋賀医大)
LS5-1 PCV 緊急治療のマネージメント
演者
森  隆三郎
(日本大)
LS5-2 最新の大規模臨床試験から考えるPCV治療
 
髙橋 寛二
(関西医大)
アルコン ファーマ株式会社

ランチョンセミナー 612月2日(土)12:40~13:40

硝子体手術--その侵襲を考える--
座長
大澤 俊介
(MIE眼科四日市)
LS6-1 私の治療戦略 硝子体手術
演者
西塚 弘一
(山形大)
LS6-2 TDCカッターなら選べる25/27ゲージ
 
厚東 隆志
(杏林大)
LS6-3 Flow controlによる手術の低侵襲化
 
米田 一仁
(京都府医大)
アールイーメディカル株式会社

イブニングセミナー

イブニングセミナー 112月1日(金)18:40~19:40

網膜静脈閉塞症(RVO)治療の課題を考える
座長
門之園 一明
(横浜市大・視覚再生外科学)
ES1-1 BRVOの視機能~抗VEGF薬治療で改善するのか?~
演者
岡本 史樹
(筑波大)
ES1-2 RVO治療とその課題~画像所見から何を読み取るのか~
 
辻川 明孝
(京都大)
バイエル薬品株式会社/参天製薬株式会社

イブニングセミナー 212月1日(金)18:40~19:40

硝子体手術最前線!小さな工夫で大きな成果Ⅴ
座長
堀口 正之
(藤田保健衛生大)
ES2-1 硝子体手術中の視認性向上のためのIOL選び
演者
厚東 隆志
(杏林大)
ES2-2 Wide-viewing system利用のコツ(OK-7法)
 
佐藤 拓
(高崎佐藤眼科)
ES2-3 「小さな1枚で大きな視認性確保!」-HHVディスポタイプZdの有用性-
 
近藤 寛之
(産業医大)
HOYA 株式会社 メディカル事業部

イブニングセミナー 312月2日(土)18:15~19:15

網脈絡膜研究から見えるもの
座長
坂本 泰二
(鹿児島大)
 
石龍 鉄樹
(福島医大)
ES3-1 滲出性AMDにおけるRPE Atrophy
演者
大音 壮太郎
(京都大)
ES3-2 脈絡膜構造解析から考えるAMDの病態と治療
 
園田 祥三
(鹿児島大)
ES3-3 AMD病態とRPEの恒常性
 
野田 航介
(北海道大)
アルコン ファーマ株式会社

イブニングセミナー 412月2日(土)18:15~19:15

最先端治療はこれだ!
座長
山本 修一
(千葉大)
 
前野 貴俊
(東邦大・佐倉)
ES4-1 硝子体手術を検証する
演者
篠田 啓
(埼玉医大)
ES4-2 NGENUITY 100%
 
喜多 美穂里
(京都医療センター)
ES4-3 iPS細胞を用いた網膜色素上皮移植
 
栗本 康夫
(神戸市立医療センター中央市民病院)
日本アルコン株式会社

イブニングセミナー 512月2日(土)18:15~19:15

超広角眼底観察のすばらしさ!
座長
小椋 祐一郎
(名古屋市大)
ES5-1 Optos Californiaによる広角ICG蛍光眼底造影の魅力
演者
安川 力
(名古屋市大)
ES5-2 美しい眼底 California
 
小沢 洋子
(慶應大)
ES5-3 フルオレセイン内服によるOptosの造影検査
 
近藤 峰生
(三重大)
中央産業貿易株式会社/Optos 株式会社

The 2nd Taiwan - Japan Vitreoretinal Joint Meeting(English Session)2017年12月3日(日)9:00~12:00

OpeningDec 3 (Sun) 9:00~9:10

 
Yuichiro Ogura
(President of JRVS)
 
Chung-May Yang
(President of TRS)

PlenaryDec 3 (Sun) 9:10~10:25

Moderators
Chung-May Yang
(National Taiwan Univ.)
 
Shwu-Jiuan Sheu
(National Yang-Ming Univ.)
 
Yuichiro Ogura
(Nagoya-City Univ.)
PL-1 Inner Nuclear Microcysts after Epiretinal Membrane Surgery
Speakers
Shih-Jen Chen
(Taipei Veterans General Hospital)
PL-2 State-of-the art imaging of pathologic myopia
 
Kyoko Ohno-Matsui, Kousei Shinohara
(Tokyo Med and Dent Univ.)
PL-3 The use of free ILM flaps for macular hole and detachment in high myopia
 
Chung-May Yang
(National Taiwan Univ.)
PL-4 Recently developed techniques in macular surgery
 
Kazuaki Kadonosono
(Yokohama City Univ., SVR)
PL-5 The Association of Early Response to Ranibizumab with 12-month Outcome in
    Diabetic Macular Edema
 
Shwu-Jiuan Sheu
(National Yang-Ming Univ.)
PL-6 OCT angiography in macular edema
 
Toshinori Murata
(Shinshu Univ.)

Rapid FireDec 3 (Sun) 10:25~11:29

Moderators
Shih-Jen Chen
(Taipei Veterans General Hospital)
 
Kazuaki Kadonosono
(Yokohama City Univ., SVR)
 
Masahito Ohji
(Shiga Med Univ.)
RF-1 Fovea micro vascular anomalies and retina thickness in retinopathy of prematurity
Speakers
Yen-Chin Chen
(Changhua Christian Hospital)
RF-2 3D heads-up surgery for macular disease
 
Takashi Koto
(Kyorin Univ.)
RF-3 Fixation behavior in macular dystrophy assessed by microperimetry
 
Wei-Yu Chiang
(Kaohsiung Chang Gung Memorial Hospital)
RF-4 Spontaneous release in epiretinal membrane and its possible pathogenesis
 
Teruyo Kida
(Osaka Medical College)
RF-5 Ocular Manifestations of Human Immunodeficiency Virus Infection at
     a Tertiary Referral Center in Taiwan
 
Chui-Lien Tsen
(Kaohsiung Veterans General Hospital)
RF-6 Macular hole retinal detachment: peel or invert?
 
Takayuki Baba
(Chiba Univ.)
RF-7 Systemic Associations with Subretinal Fluid in Diabetic Macular Edema
 
Meng-Ju Tsai
(Taipei Tzu Chi Hospital Buddhist Tzu Chi Medical Foundation)
RF-8 Intraoperative findings of inverted internal limiting membrane flaps
 
Tadashi Mine,
Hiroshi Enaida
(Saga Univ.)
RF-9 Retinal Vessel Calibers, Vascular Endothelial Growth Factor Level,
     and Electrophysiology Findings in CRVO
 
Yu-Chien Chung
(Taipei Veterans General Hospital, Suao & Yuanshan Branch)
RF-10 Intraoperative Optical Coherence Tomography for Vitrectomy
 
Koichi Nishitsuka
(Yamagata Univ.)
RF-11 Using Patient-Specific iPSCs as Retinal Drug Screening System:
     Cytoprotective Effect of Curcumin in Best Dystrophy
 
De-Kuang Hwang
(Taipei Veterans General Hospital)
RF-12 Short-term perfluoro-n-octane tamponade for complex retinal detachment
 
Daishi Tsujioka1), Shunji Kusaka1), Kazuki Kuniyoshi2), Koji Sugioka2,3), Yoshikazu Shimomura2)
1) Kindai Univ., Sakai, 2) Kindai Univ. Faculty of Medicine,
 3) Kindai Univ., Nara)
RF-13 Visual acuity versus retinal microvascular parameters in diabetic macular edema
 
Yi-Ting Hsieh
(National Taiwan Univ. Hospital)
RF-14 The update of macular disease: New insights into Branch Retinal Vein Occlusion
 
Kotaro Tsuboi
(Aichi Med Univ.)
RF-15 Pachychoroidal subtype of PCV is younger, having less AMD-like features in
     fundus, and poorer response to anti- VEGF treatment
 
Yun-Chia Chang
(Shin Kong Wu Ho-Su Memorial Hospital)
RF-16 Prognostic factors of choroidal neovascularization secondary to angioid streaks
 
Hidetsugu Mori, Kanji Takahashi
(Kansai Med Univ.)

Discussion and Closing remarksDec 3 (Sun) 11:29~12:00

 
Taiji Sakamoto
(Director of JRVS)
 
Chung-May Yang
(President of TRS)

ページトップへ戻る