PAGE TOP

ご挨拶

大路 正人
第57回日本網膜硝子体学会総会
会長 大路 正人
(滋賀医科大学 眼科学)

 この度、第57回日本網膜硝子体学会総会を担当させていただくこととなり、会員の皆様、役員の皆様をはじめとする関係各位の方々に感謝申し上げます。
 網膜硝子体学会総会も57回目となりましたが、参加1会場であったものが2会場になり、年を経るごとに参加者も増えております。大きな会場の必要性と参加される皆様の利便性を考え、国立京都国際会館での開催とさせていただきました。京都での学会開催は日本臨床眼科学会をはじめとする他の学会の開催などもありましたので、しばしば行われているように思いますが、網膜硝子体学会総会の京都での開催は2008年に京都大学の吉村長久会長による総会以来となり、10年ぶりです。京都は多くの寺社観光を楽しめるだけではなく、美味しいレストランもたくさんあります。さらに12月初旬の京都は美しい紅葉を楽しんでいただけます。
 招待講演には米国のPravin Dugel先生をお招きしております。Dugel先生は卓越した硝子体手術の術者であるだけではなく、新たな薬物治療に造詣が深く、最先端の治療についてご紹介していただけるものと楽しみにしております。シンポジウムは最先端の話題を提供し、議論する場として総会で最も重要なもののひとつです。今回の総会では、眼疾患に関するシンポジウムとは別に、最近話題となっているAI(Artificial Intelligence)を取り上げる予定です。AIは将棋や囲碁において人よりもはるかに強くなり、日常生活においても活用されようとしています。医療分野においても、放射線領域では実用化されているなど、一般診療に影響を与え始めています。眼科においてもGoogle社がAIを用いて眼底写真から診断を非常に高い精度で診断ができることを示しています。AIの基礎、眼科におけるAI、他科におけるAIの利用などについて、紹介する予定です。
 主催者として充実した総会になるように鋭意努力したいと思っております。最新の情報を発信し、最新の情報を収集していただき、総会を盛り上げていただいた後は、京都の町を楽しんでいただければ幸いです。多数の皆様の参加を心よりお待ち申し上げております。

事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部
5月7日より下記に移転いたしました。
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル7階
TEL: 06-4964-8869 FAX: 06-4964-8804
E-mail: 57moumaku@jtbcom.co.jp
展示品一覧
詳細はこちら