第72回日本臨床眼科学会

2018 The 72nd Annual Congress of Japan Clinical Ophthalmology
主管校
千葉大学大学院医学研究院眼科学
〒260-8670
千葉市中央区亥鼻1-8-1
TEL: 043-226-2215
FAX: 043-226-2469
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部内
〒530-0001
大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル4階
TEL: 06-6348-1391
FAX: 06-6456-4105
E-mail: 72ringan@jtbcom.co.jp

ご挨拶

第72回日本臨床眼科学会 学会長:山本 修一
 第72回日本臨床眼科学会
学会長:山本 修一
(千葉大学大学院医学研究院眼科学 教授)

第72回日本臨床眼科学会は、2018年10月11日(木)~14日(日)、東京国際フォーラムとJPタワーホール&カンファレンスで開催します。臨床眼科学会は我が国最大規模の眼科学会であり、このような機会をいただきましたことを大変光栄に存じます。また開催に当たり多大なご支援、ご協力をいただきました、日本眼科学会及び関係諸団体の皆様に深く感謝申し上げます。またご参加いただく皆様には、眼科学のアップデートと共に、秋の東京を存分にお楽しみいただければ幸いです。

この学会のメインテーマは、「見えるを守る」です。患者さんの為に何をすべきなのか、私たち眼科医に何ができるのかを、眼科医療の原点に戻って見つめ直しましょう。特別講演はそれぞれ網膜と緑内障分野の第一人者である、杏林大学の平形明人教授と金沢大学の杉山和久教授です。そして海外からはHans E. Grossniklaus先生(Emory Eye Center/ Emory University School of Medicine)とBill Aylward先生(Moorfields Eye Hospital)のお二人をお招きしています。Grossniklaus先生は網膜病理の、Aylward先生は網膜臨床の専門家であり、長年の経験に基づく示唆に富んだお話が伺えること間違いなしです。また学会長枠のシンポジウムとしては、「”Asian Ophthalmology Forum” 今、アジアが凄い!」と題して、角膜、緑内障、メディカル網膜、サージカル網膜の各分野について、アジア諸国のリーダーの先生方に熱いディスカッションを交わしていただきます。眼科学会の国際化はまずアジアから進めましょう。

さて臨床眼科学会は年々参加者が増加し、もはや東京国際フォーラムだけ収まらなくなり、今回もJPタワーホールを使用します。会場間の移動が煩雑との声も聞かれますが、天気が良ければさわやかな秋の陽気で勉強に疲れた頭をリフレッシュし、あるいは地下の通路でつまみ食いをするも良し、早足での移動も日頃の運動不足解消と思っていただければ幸いです。

では10月の東京で、お目にかかりましょう。

ページトップへ戻る