第66回東日本整形災害外科学会

教育研修講演のご案内

日本整形外科学会教育研修講演を受講される先生方へ

特別講演、文化講演、ランチョンセミナー、モーニングセミナーはいずれも日本整形外科学会の教育研修講演として認定されています。東日本整形災害外科学会雑誌(第29巻・第3号)綴じ込みの教育研修講演申込書に必要事項をご記入の上、講演開始までに教育研修講演受付へお申し込みください(1演題につき1単位1,000円)。
単位が必要でない場合は、お申し込みは不要です。
会期中に取得できる単位は、1日最高4単位、2日間合計6単位までです。

申込方法

  1. 教育研修講演受付で申込書に必要事項を記入の上、日整会IC会員カードと受講料(1セッション1,000円)を添えてお申込みください。2015年1月1日から、研修会単位取得報告を従来の受講証明書からデジタル方式へと完全に移行しておりますので、受講の際は必ず日整会IC会員カードをご持参ください。「日整会保存用」の受講証明書はありませんので受講後に証明書を提出する必要はありません。
    ※受講証明不要の方の受講料は不要です。
  2. 受講料は講演中止などの理由以外では払い戻しいたしません。また受講取り消し・変更の手続きや領収書の再発行はいたしません。
  3. 教育研修講演受講のために入場される方も、学会参加費が必要です。
  4. 日本整形外科学会からのお知らせ
    • 研修会を受講される方へ
      IC会員カードが必要になりますので、必ずご持参ください(平成25年4月に全会員に発行済です)。
      現在、カードがお手元にない方は日整会事務局までお問い合わせください(03-3816-3671)。
    • 受講証明について
      講演開始10分前から開始10分後までに、IC 会員カードを講演会場入り口のカード読み取り機にかざして出席登録を行ってください。10分を過ぎた場合、入場手続きが完了していない場合、途中退場された場合には単位取得はできませんのでご注意ください。
    • 必須分野番号の選択について
      単位の必須分野番号を、研修会当日に選択することはできません。
      後日、会員専用ページ内の「単位振替システム」を利用して、ご自身でご希望の必須分野番号への振替をお願いいたします。

整形外科専門医 学会参加単位登録について

本学会参加単位は,教育研修単位を取得できる講演のいずれかを受講すると自動的に登録されます。
※教育研修講演を受講しない場合は、会期後、参加証明書のコピーをFAX にて日整会事務局へ送信ください。

教育研修講演のお知らせ

特別講演

9月16日(土)11:00~12:00 第I会場
大腿骨近位部骨折患者の二次骨折予防をどのように実現するか?
-対策が「遅れた10年」から「予防の10年」とする-
髙橋    榮明 先生(新潟リハビリテーション病院 整形外科、新潟骨の科学研究所)

文化講演

9月15日(金)11:00~12:00 第I会場
東京オリンピック・パラリンピック準備をめぐる整形外科医への提言
山口   芳裕 先生(杏林大学医学部 救急医学教室)

ランチョンセミナー

9月15日(金)12:15~13:15 第II会場
高齢化社会における腰部脊柱管狭窄症診療の課題
松本    守雄 先生(慶應義塾大学医学部 整形外科)

9月15日(金)12:15~13:15 第III会場
高度内外反変形膝に対する治療戦略 -CR-TKAの適応と限界-
中村   卓司 先生(東邦大学医学部 整形外科学教室)

9月15日(金)12:15~13:15 第Ⅳ会場
NSAIDs潰瘍対策による安全な疼痛治療
中西    裕之 先生(武蔵野赤十字病院 消化器科)

9月15日(金)12:15~13:15 第V会場
骨粗鬆症治療に関する最新の話題
宗圓    聰 先生(近畿大学医学部奈良病院 整形外科・リウマチ科)

9月15日(金)12:15~13:15 第VI会場
日本における顎骨壊死の現状とポジションペーパー2016の概要
田口    明 先生(松本歯科大学歯学部 歯科放射線学講座)

9月16日(土)12:15~13:15 第I会場
高齢者腰痛疾患の予防と治療 特に筋肉に注目して
大鳥    精司 先生(千葉大学大学院医学研究院整形外科学)

9月16日(土)12:15~13:15 第II会場
骨の密度と構造からみた骨折リスクについて
中村    利孝 先生(医療法人社団弘生会 東都三軒茶屋リハビリテーション病院)

9月16日(土)12:15~13:15 第III会場
RAの最新治療戦略 ~高齢者RAを念頭において~
竹内   勤 先生(慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科)

9月16日(土)12:15~13:15 第Ⅳ会場
脊椎手術における同種骨移植の可能性 -骨癒合を高める工夫を含めて
井上    玄 先生(北里大学医学部 整形外科学)

9月16日(土)12:15~13:15 第V会場
Fixed Bearing UKA の術前計画と手術手技の実際
朝田    滋貴 先生(近畿大学医学部 整形外科)

9月16日(土)12:15~13:15 第VI会場
生活習慣病としての骨粗鬆症 -指導と管理の実際-
鈴木    敦詞 先生(藤田保健衛生大学医学部 内分泌・代謝内科学)             

モーニングセミナー

9月16日(土)8:00~9:00 第V会場
術後マルチモーダル鎮痛におけるアセトアミノフェンの立ち位置
新山    幸俊 先生(札幌医科大学医学部 麻酔科学講座)
人工膝関節置換術において術直後からの超早期リハビリを可能にするための工夫
金山    竜沢 先生(船橋整形外科病院)

9月16日(土)8:00~9:00 第VI会場
医療安全を踏まえた高齢者慢性痛薬物治療の提案
鈴木    孝浩 先生(日本大学医学部 麻酔科学系 麻酔科学分野)