第66回東日本整形災害外科学会

演題募集

演題募集期間

演題募集を締切りました。

応募資格

発表者ならび共同演者は原則として東日本整形災害外科学会の学会員に限ります。
まだ会員になられていない方は、入会手続きを行ってください。
入会についてのお問い合わせは、下記学会事務局までお願いします。

* 理学療法士、作業療法士、看護師、薬剤師の方は学会員でなくとも発表者・共同演者となれます。

【入会に関するお問合わせ】

東日本整形災害外科学会 事務局
〒173-8610東京都板橋区大谷口上町30-1
日本大学医学部整形外科学系 整形外科学分野
TEL:03-5995-9118(事務局直通)
FAX:03-5995-9119  E-mail:hnseisai@muse.ocn.ne.jp

若手演題アワードにつきまして

※筆頭演者が35歳以下かつ未専門医(初期研修医含む)の場合には、演題登録時にチェックをお願いします。

※上記該当筆頭演者の演題全てが選考対象となり、ノミネートされた演題につきましては当該のセッションにてご発表いただきます。

※閉会式にて表彰式を行います。

ケースレポートアワードにつきまして

筆頭著者が後期研修2年目および卒後4年までの場合には、演題登録時にチェックをお願いします。

募集演題

主題、および一般演題を募集いたします。

主題カテゴリー

主題 高齢者スポーツ障害 現状と課題
主題 サージカルトレーニングの現状と課題
主題 高齢者悪性軟部腫瘍治療における問題点と工夫
主題 骨粗鬆症リエゾンサービスの実践
主題 ロコモの普及とロコトレの実践
主題 人工関節周囲骨折の予防と治療
主題 骨粗鬆症性椎体骨折の外科治療
主題 高齢者脊柱変形の手術治療
主題 高齢者骨折の二次予防
主題 変形性膝関節症の手術適応(TKA、UKA、HTO)
主題 高齢者運動器疾患の病診連携
主題 高齢者肩関節疾患の外科治療
主題 高齢者骨折治療(脊椎以外)の問題点と工夫

一般演題カテゴリー

以下のカテゴリーより2つお選びください。

1.脊椎・脊髄 10.看護 19.最小侵襲手術 28.移植
2.上肢 11.リハビリテーション 20.先天性疾患 29.スポーツ
3.肩 12.リスクマネージメント 21.退行性疾患 30.人工関節
4.肘 13.疼痛 22.代謝性疾患・骨系統疾患 31.バイオメカニクス
5.手 14.基礎 23.炎症性疾患・感染症 32.生体材料・人工靭帯
6.下肢 15.検査・診断 24.末梢神経疾患 33.栄養
7.骨盤・股関節 16.画像診断 25.骨・軟部腫瘍 34.薬剤
8.膝 17.保存的治療 26.リウマチ 35.その他
9.足 18.観血的治療 27.外傷  

演題申込方法

  1. 申込方法

    下記説明事項をご確認の上、演題登録画面にお進みください。

    ◇登録番号とパスワード◇
    最初に演題を登録する際に、任意のパスワードを設定していただきます。
    このパスワードと、登録する際に自動的に発行される登録番号がなければ、演題の確認・修正・削除はできません。この登録番号とパスワードは忘れないようにお願いいたします。パスワードと登録番号は、必ず書き留めるか、その画面をプリントアウトして各自で保管してください。

  2. ご注意

    ①適切なブラウザをご使用ください
    UMINオンライン演題登録システムでは、Internet Explorer、Safari、Firefox、Google Chrome以外のブラウザでは演題登録できません。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
    注:Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。

    ②早めの申込みについて
    締め切り当日はアクセスが集中し、登録に支障をきたす恐れが考えられますので、余裕を持って登録をしてください。

    ③内容の確認について
    登録ボタンを押す前に、必ず内容に間違いがないか確認してください。

  3. 抄録原稿の入力規定

    ①一般演題カテゴリーを選択してください。

    ②共同演者は、最大12名(発表者を含む)としてください。

    ③所属は、最大12施設としてください。

    ④抄録本文は、全角800文字以内とします。
    内容は基本的に【目的】、【方法】、【結果】、【結論】の順に必ず項目を立てて記述する形式を採用してください。

利益相反(発表にあたって)

学術集会演題発表時における利益相反(COI)の開示について

東日本整形災害外科学会は、平成23年2月に公表されました「医学研究のCOIマネージメントに関するガイドライン」(日本医学会)に則して、発表者の皆さまに利益相反状態の開示を行っていただくことと致しました。ご理解のうえ、よろしくお願いいたします。
なお、利益相反の有無にかかわらず、全ての発表者に開示していただく必要がありますので、よろしくお願いいたします。

開示する対象者

筆頭発表者は、配偶者、一親等の親族、生計を共にする者も含めて、今回の演題発表に際して、臨床研究に関連する企業や営利を目的とした団体との経済的な関係についてCOI状態の有無を開示してください。

開示の方法

筆頭発表者は該当するCOI状態について、発表スライドの1枚目に過去1年における発表内容と関連のある企業との利益相反(COI)状態を項目別に基準額以上の場合に開示してください。
ポスター発表の場合は、ポスターの一番下に開示してください。
開示書式は、「COI開示スライド例(ppt)」を参考にしてください。

開示すべき項目と基準額

以下のいずれかに該当する場合は開示してください。

  1. 企業・法人組織や営利を目的とした団体の役員、顧問職については、1つの企業・組織や団体からの報酬額が年間100万円以上の場合。
  2. 株式の保有については、1つの企業についての1年間の株式による利益(配当、売却益の総和)が100万円以上の場合、あるいは当該全株式の5%以上を所有する場合。
  3. 企業・組織や営利を目的とした団体からの特許権使用料については、1つの権利使用料が年間100万円以上の場合。
  4. 企業や営利を目的とした団体から、会議の出席に対し、研究者を拘束した時間・労力に対して支払われた日当(講演料など)については、1つの企業・団体からの年間の講演料が合計50万円以上の場合。
  5. 企業・組織や営利を目的とした団体がパンフレットなどの執筆に対して支払った原稿料については、1つの企業・組織や団体からの年間の原稿料が合計50万円以上の場合。
    企業・組織や営利を目的とした団体が提供する研究費については、1つの企業・団体から臨床研究(受託研究費、共同研究費など)に対して支払われた総額が年間200万円以上の場合。
  6. 企業・組織や営利を目的とした団体が提供する奨学(奨励)寄附金については、1つの企業・組織や団体から、申告者個人または申告者が所属する部局(講座・分野)あるいは研究室の代表者に支払われた総額が年間200万円以上の場合。
  7. 企業・組織や営利を目的とした団体が提供する寄附講座に申告者らが所属している場合。
    その他、研究とは直接無関係な旅行、贈答品などの提供については、1つの企業・組織や営利を目的とした団体から受けた総額が年間5万円以上の場合。
    ただし、6・7については、筆頭発表者個人か、筆頭発表者が所属する部署(講座、分野)あるいは研究室などへ研究成果の発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業や営利を目的とした団体などからの研究経費、奨学寄附金などの提供があった場合。

なお、本学会で発表する研究に対して、営利を目的としない団体又は、企業・営利を目的とした団体から受けた金銭、物品、研究協力等の援助がある場合は、発表時に内容を明示してください。

演題の受領通知

  1. 演題受領確認

    演題受領確認は、演題登録時に入力されたE-mailアドレスに受領通知が届きます。郵送文書での改めてのご案内は致しませんので、予めご了承ください。

  2. 受領通知が届かない場合

    登録完了時、画面に登録番号が表示されない場合や、登録完了より1日経過しても受領メールがお手元に届かない場合は、登録が完了していない可能性がございます。受領通知メールが届かない場合、必ず演題申込締切日までに運営事務局までメールにて登録の有無をご確認ください。

演題採否・発表日時通知

演題の採否・発表日時通知は、6月下旬頃にE-mailにてご連絡致します。また、本ホームページ上にも結果を掲載致します。なお、演題採否等の決定は、会長にご一任ください。

個人情報の取扱いについて

本会への演題登録システムは大学医療情報ネットワーク(UMIN)を利用しております。演題登録にて収集いたしました「氏名」・「連絡先」・「E-mailアドレス」は運営事務局よりのお問合せや発表通知に利用致します。また、「氏名」・「所属」・「演題名」・「抄録本文」は、ホームページ及びプログラム・抄録集に掲載することを目的として利用致します。本目的以外に使用することはございません。登録された一切の情報は外部に漏れないように、責任を持って運営事務局にて管理致します。

問い合わせ先

第66回東日本整形災害外科学会 演題登録事務局
株式会社 JTBコミュニケーションデザイン プロデュース2局 内
〒530-0001大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル4F
TEL: 06-6348-1391 FAX: 06-6456-4105  E-mail:ejaot66@jtbcom.co.jp
営業時間:平日10:00~17:30

演題募集期間

演題募集を締切りました。