学術集会事務局
第37回日本看護科学学会学術集会事務局
東北大学医学部保健学科看護学専攻
看護学コース
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町2-1
TEL: 022-717-7915
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部
プロデュース2局

〒105-8335 東京都港区芝3-23-1
 セレスティン芝三井ビルディング13階
TEL: 03-5657-0610
FAX: 050-3730-3977(グリーンFAX)
E-mail: jans37@jtbcom.co.jp
公益社団法人日本看護科学学会

示説(デジタルポスター)について

第37回日本看護科学学会学術集会では、新しい試みの一つとして大型モニターを用いたデジタルポスターセッションを行います。以下の説明をご一読いただき、新しい形のセッションを皆さまと共有していきたいと思います。

デジタルポスターとは?

出力した紙媒体貼付方式ではなく、大型モニターを使用し、口演発表と同様にPowerPointで作成したデータを投影しながら行う発表形式です。ポスター演題として募集、採用されるため、「デジタルポスター」と呼ばれます。この「デジタルポスター」は、現在多くの学術学会において採用されておりますが定義は様々であり、ただ単にパソコンで閲覧するだけの形式も存在しますが、本学術集会では座長を設ける口演発表形式として実施いたします。

デジタルポスター発表形式の特徴(メリット)

  • ・フルハイビジョンモニタを使用するため、紙面より美しい画質で内容を表示できます。
    *当日は、「70インチフルハイビジョンモニタ」を導入します。
  • ・従来の紙媒体のポスター発表と同じ「臨場感」を保つことが可能です。
  • ・発表データは全て事前登録となるため、当日会場にポスターを持参する必要がなくなります。
  • ・発表を見逃しても、会期中は閲覧PCまたは電子抄録内でポスターを確認することができます。

発表時のイメージ

口演発表と同じように、ご自身のテンポに合わせて1枚ずつスライドを動かしながら発表していただきます。
発表時のイメージ
*タイトルスライドは必要ありません。
*スライド1枚目に、COIに関する報告を提示してください。

質疑応答時
質疑応答の際には、ご作成いただく全15枚のスライドをすべてモニターに表示することができます。
また、2枚までであれば、質疑応答に必要なスライドを選択(任意)し、並べて表示することもできます。

スライド表示 イメージ
発表時のイメージ

デジタルポスター作成時の注意事項

詳細につきましては、9月以降に掲載いたします。

デジタルポスターに関する問い合わせ

第37回日本看護科学学会学術集会 運営事務局 演題担当
株式会社JTBコミュニケーションデザイン ミーティング&コンベンション事業部 プロデュース2局内
TEL: 03-5657-0789 FAX: 03-3452-8552
E-mail: jans37-p@jtbcom.co.jp

ページトップへ戻る