指定演題講演者用投稿システムはこちら
学術集会事務局
第37回日本看護科学学会学術集会事務局
東北大学医学部保健学科看護学専攻
看護学コース
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町2-1
TEL: 022-717-7915
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部
プロデュース2局

〒105-8335 東京都港区芝3-23-1
 セレスティン芝三井ビルディング13階
TEL: 03-5657-0610
FAX: 050-3730-3977(グリーンFAX)
E-mail:
jans37@jtbcom.co.jp(集会全般)
 
jans37-p@jtbcom.co.jp(演題)
 
jans37-reg@jtbcom.co.jp(参加登録)
公益社団法人日本看護科学学会

講演プログラム

12月16日(土) 大会1日目

会長講演12月16日(土)9:40~10:20 第1会場(会議棟 大ホール)

「看護におけるダイバーシティデザイン - 社会が求めるケアイノベーションをめざして -」
演者
吉沢 豊予子
(東北大学大学院医学系研究科 教授)
座長
新道 幸惠
(京都橘大学看護学部 教授)

特別講演

特別講演Ⅰ12月16日(土)10:30~11:50 第1会場(会議棟 大ホール)

「Diversity: Taking the Next Step」
演者
Dr. Azita Emami
(University of Washington School of Nursing Dean)
座長
吉沢 豊予子
(東北大学大学院医学系研究科 教授)

特別講演Ⅱ12月16日(土)13:10~14:10 第1会場(会議棟 大ホール)

「関係性と価値に基づく医療」
演者
尾藤 誠司
(独立行政法人国立病院機構東京医療センター
 臨床研究センター 室長)
座長
吉田 俊子
(宮城大学看護学群 学群長)

教育セミナー

教育セミナー112月16日(土)14:30~15:20 第2会場(会議棟 橘)

「競争的外部資金の獲得:科研費審査改革の意味」
演者
松田 ひとみ
(筑波大学大学院人間総合科学研究科 教授)
座長
西沢 義子
(弘前大学大学院保健学研究科 教授)

教育セミナー212月16日(土)15:30~16:20 第2会場(会議棟 橘)

「看護領域におけるビッグデータ:Clinical Informaticsの視点から」
演者
中山 雅晴
(東北大学大学院医学系研究科 教授)
座長
太田 勝正
(名古屋大学大学院医学系研究科 教授)

シンポジウム112月16日(土)14:20~16:10 第1会場(会議棟 大ホール)

「高度実践看護師の活躍と今後の展望:看護を担う人材の高度化と多様化」
高度実践看護師としての専門看護師(CNS)としての発展と課題
演者
宇佐美 しおり
(熊本大学大学院生命科学研究部 教授)
臨床現場における専門看護師の活躍と今後の課題
演者
別府 千恵
(北里大学病院 副院長・看護部長)
地域医療のゲートキーパーを目指す診療看護師(NP)の活動と成果
演者
小野 美喜
(大分県立看護科学大学看護学部 教授)
米国におけるClinical Nurse Leaderの活躍から学ぶ
演者
任  和子
(京都大学大学院医学研究科 教授)
座長
田村 恵子
(京都大学大学院医学研究科 教授)
 
朝倉 京子
(東北大学大学院医学系研究科 教授)

JANS企画 行政発メッセージ12月16日(土)14:30~16:00 第13会場(会議棟 桜)

「看護教育モデル・コア・カリキュラム」
演者
斉藤 しのぶ
(文部科学省高等教育局医学教育課 看護教育専門官)
「厚生労働省およびAMED研究の動向」
演者
小林 仁美
(日本医療研究開発機構戦略推進部難病研究課 課長代理)
演者
平野 真紀
(厚生労働省大臣官房厚生科学課 主査)
座長
鎌倉 やよい
(公益社団法人日本看護科学学会 理事長)

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー112月16日(土)12:30~13:30 第2会場(会議棟 橘)

「褥瘡対策チームで生かせる実践能力 ~ 創の診かたと電気刺激療法(推奨度B)~」
演者
杉元 雅晴
(神戸学院大学総合リハビリテーション学部 教授)
座長
菅野 恵美
(東北大学大学院医学系研究科 講師)
共催:伊藤超短波株式会社

ランチョンセミナー212月16日(土)12:30~13:30 第3会場(会議棟 萩)

「臨床推論を身につけるシナリオシミュレーション - 自ら「気づき」「考え」「行動する」 - 」
臨床現場へつながるシナリオ教育の提案 ― 1年間の講習会開催を通して ―
演者
山内 豊明
(名古屋大学大学院医学系研究科 教授)
病院実習前におけるシナリオシミュレーション ― シナリオ作成から実践まで ―
演者
野島 敬祐
(京都橘大学看護学部 講師)
座長
亀岡 淳一
(東北医科薬科大学 医学部 教授)
共催:株式会社京都科学

ランチョンセミナー312月16日(土)12:30~13:30 第13会場(会議棟 桜)

「情報化医療社会における病棟業務・運営の高度化への期待と展望
 ~千葉大学病院の情報化構想「賢い秘書と司書の整備を!」より~」
演者
島井 健一郎
(千葉大学医学部附属病院企画情報部 副部長)
座長
池川 充洋
(株式会社ケアコム 代表取締役社長)
共催:株式会社ケアコム

12月17日(日) 大会2日目

特別教育講演12月17日(日)11:00~12:00 第1会場(会議棟 大ホール)

「ケアシステムを変える予防医療・精密医療」
演者
呉  繁夫
(東北大学東北メディカル・メガバンク機構 副機構長)
座長
佐伯 由香
(愛媛大学大学院医学系研究科 教授)

教育セミナー

教育セミナー312月17日(日)9:30~10:20 第2会場(会議棟 橘)

「真にエビデンスレベルの高いRCTを行うには」
演者
西垣 昌和
(京都大学大学院医学研究科 准教授)
座長
秋山 智弥
(岩手医科大学看護学部 特任教授)

教育セミナー412月17日(日)13:30~14:20 第2会場(会議棟 橘)

「当事者研究とは何か」
演者
熊谷 晋一郎
(東京大学先端科学技術センター 准教授)
座長
吉井 初美
(東北大学大学院医学系研究科 教授)

シンポジウム212月17日(日)14:00~15:50 第1会場(会議棟 大ホール)

「ケアイノベーションをおこす」
医療現場におけるイノベーションのやり方
演者
池野 文昭
(スタンフォード大学医学部 主任研究員)
異分野融合型研究により看護のアセスメント技術はどのように変わるか?
演者
真田 弘美
(東京大学大学院医学系研究科 教授)
21世紀の看護にデザイン思考が必要な理由とは?
演者
佐宗 邦威
(株式会社biotope 代表取締役社長)
座長
武田 利明
(岩手県立大学看護学部 教授)
 
須釜 淳子
(金沢大学新学術創生研究機構 健康増進科学センター 教授)

パネルディスカッション12月17日(日)9:30~10:50 第1会場(会議棟 大ホール)

「領域を超えた若手研究者の討論会:未来を見据えた研究を進めるための創造・想像的提案に向けて」
若手看護研究者への期待 - 若手アカデミーの経験から -
パネリスト
中村 征樹
(大阪大学全学教育推進機構企画開発部 准教授)
多死社会を見据えた看護の役割とチカラ
パネリスト
濱吉 美穂
(佛教大学保健医療技術学部 准教授)
タイトル未定
パネリスト
山崎 亮
(東北芸術工科大学芸術学部 教授、Studio-L代表取締役)
座長
西村 ユミ
(首都大学東京健康福祉学部 教授)

一般演題

口演(日本語・English Session) 示説(デジタルポスター)(日本語・English Session)

交流集会

日本語・English Session

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー412月17日(日)12:00~13:00  第2会場(会議棟 橘)

「多変量解析って、そういうことだったのか」
演者
中山 和弘
(聖路加国際大学看護学部 教授)
座長
堀口 一明
(株式会社医学書院 常務取締役)
共催:株式会社医学書院

ランチョンセミナー512月17日(日)12:00~13:00 第3会場(会議棟 萩)

「看護に生かす漢方知識 ~ペインクリニック、緩和ケア、在宅診療を中心に~」
演者
野萱 純子
(社会医療法人財団大樹会 回生病院 女性漢方外来部長)
座長
田中 真琴
(東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 教授)
共催:株式会社ツムラ

市民フォーラム

ナーシング・サイエンス・カフェ

JANS委員会企画

英文誌コンサルテーション12月16日(土)11:00~12:00 (会議棟 大ホール エントランス)

担当
江藤 宏美
(JANS英文誌編集委員長)

若手ネットワークサロン12月16日(土)13:00~16:30 (会議棟 大ホール エントランス)12月17日(日)11:00~16:00 (会議棟 大ホール エントランス)

担当
坂井 志織
(JANS若手研究推進委員)

日本看護系学会協議会公開シンポジウム

日本看護系学会協議会公開シンポジウム12月17日(日)16:30~18:00 第3会場(会議棟 萩)

「地方創生時代の看護学の変革と課題」

ページトップへ戻る