ご挨拶

公益社団法人日本精神神経科診療所協会
平成28年度定時総会・第22回(通算43回学術研究会
大会長   堤 俊仁
(公益社団法人大阪精神科診療所協会 会長・つつみクリニック 院長)

 この度、公益社団法人日本精神神経科診療所協会 平成28 年度定時総会・第22 回(通算43 回)学術研究会を平成28 年6 月11 日(土)、12 日(日)、大阪市中央公会堂において開催することとなりました。
 平成25年4月から精神疾患が、がん、脳卒中、糖尿病、急性心筋梗塞とともに5疾病として、都道府県が策定する地域医療計画に組み込まれました。その背景には精神疾患の患者数が平成23年度の調査で320万人に達し、特に通院患者数の急増があげられます。精神疾患による通院患者の多くは精神科診療所に通院しており、精神科診療所の果たすべき役割はますます大きくなっております。地域医療計画の中での精神疾患の位置づけは、自殺対策としてのメンタルストレス対策、統合失調症を中心とした長期入院者の地域生活への移行支援、精神科救急医療、精神障がい者の就労支援、地域生活支援、認知症医療への対応、アルコールや薬物(不法薬物のみならず処方薬も含めた)あるいはギャンブル等の嗜癖、発達障がい者への対応等様々なものを包含しており、それらのどの課題にも精神科診療所のかかわりが強く求められる現状であると認識しております。そのような時にあたって、日精診では、「これからの精神科診療所のあり方ビジョン」を作成中であり、平成28年6月の第22回学術総会でビジョンを公表して、これからの精神科医療について多くの皆様と議論できる場にしたいと考えております。
 大会のテーマは「しんどいけど、おもろいで!~ぼちぼちいこか、外来精神医療~」といたしました。このテーマには、精神科診療所は真摯に精神科の通院患者さんたちと向き合いながら、だけどどこかふっと力を抜いて患者さんたちに余計な威圧や強要をしないといった意味合いを込めたつもりです。
 「多機能型」も「専門分野追求型」も「零細小規模でも頑張る型」も「内科・精神科半分半分型」もあらゆるタイプの精神科診療所の存在証明が発信できるような大会を目指しております。
 会場の大阪市中央公会堂は、大阪市の中心、中之島にあり新大阪駅から地下鉄で4駅目です。梅田や心斎橋とも地下鉄で行き来できるところです。中央公会堂の建物は大正8年(1919年)、辰野金吾の設計で完成。平成11年、創建当時への復元改修に加え、古い建築物に高い耐震性能を付け加えて見事に再生され、平成14年に国の重要文化財に指定されております。この公会堂の建設費は岩本栄之助という明治から大正時代を駆け抜けた大阪北浜の商売人の個人寄付によって賄われました。日露戦争後の相場で巨富を手にして、大阪市に100万円という多額に寄付をした栄之助は第1次世界大戦後の相場で破産。大阪市は寄付金の一部を返そうと提案したそうですが、栄之助は「一度寄付したものを返せというのは大阪商人の恥」としてこれを拒否。1916年10月、自宅でピストル自殺の道を選び、公会堂の工事現場が見える松岡外科病院の病室で5日間、生死をさまよった後 39歳でその人生を終えました。
 公会堂の正面玄関の前に大阪市東洋陶器美術館があります。国宝2点、重要文化財13点を含む古代から中世にかけての朝鮮陶磁、中国陶磁の名品が収蔵されております。その収蔵品の多くは総合商社安宅産業の社主であった安宅英一が総合商社の情報力を背景に集めた安宅コレクションと言われたものです。美術品コレクターとしては並外れた鑑識眼と美意識を持っていた安宅英一はしかし会社経営者としては失格だったようで、昭和52年に安宅産業は倒産。社員とその家族数万人が路頭に迷う事態となりました。
 岩本栄之助や安宅英一のようなどこか「けったいな人」に心惹かれるのは私だけでしょうか。吉本新喜劇や阪神タイガースだけではない大阪人の持つ別の一面に触れていただける機会になればとも考えております。どうか多くの会員のご参加をお願いいたします。

 

事務局
公益社団法人大阪精神科診療所協会
〒543-0018 大阪市天王寺区空清町8-33
大阪府医師協同組合東館3F
Tel. 06-6763-5912 Fax. 06-6763-5913
Email:diseisin@x.age.ne.jp
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン コンベンション2局
(旧社名 株式会社JTBコミュニケーションズ コンベンション事業局)
〒530-0001 大阪市北区梅田3-3-10梅田ダイビル4階
Tel. 06-6348-1391 Fax. 06-6456-4105
Email:japc22@jtbcom.co.jp
  • HOME
  • ご挨拶
  • 開催概要
  • 会場のご案内
  • プログラム
  • 参加者へのご案内
  • 単位のご案内
  • 座長・演者へのご案内
  • 一般演題採択
  • 事前参加登録
  • 託児のご案内
  • 宿泊のご案内
  • リンク