1日目日程表(予定)    2日目日程表(予定)

大会長講演

大会長講演

3月18日(土) 10:00~10:40

第1会場(朱鷺メッセ 2階 スノーホール)

座長 川尻 尚子 (東京歯科大学市川総合病院 薬剤部)
演者 齊藤 真一郎 (前 国立がん研究センター東病院 薬剤部)

特別講演

特別講演1

3月18日(土) 13:20~14:20

第1会場(朱鷺メッセ 2階 スノーホール)

座長 遠藤 一司 (日本病院薬剤師会)

「緩和医療のブレイクスルー~外来がん治療認定薬剤師への期待~」

演者 加賀谷 肇 (明治薬科大学 臨床薬剤学研究室)

特別講演2

3月18日(土) 16:40~17:40

第1会場(朱鷺メッセ 2階 スノーホール)

座長 野村 久祥 (国立がん研究センター東病院 薬剤部)
  鈴木 真也 (国立がん研究センター東病院 薬剤部)

「Board Certified Oncology Pharmacists: The Asian Context(仮)」

演者 Alexandre Chan (Department of Pharmacy, National University of Singapore)

特別講演3

3月19日(日) 11:10~12:10

第1会場(朱鷺メッセ 2階 スノーホール)

座長 吉野 真樹 (新潟県立がんセンター新潟病院 薬剤部)

「がんに併存あるいはがん治療に合併する循環器疾患 がん部位別に考えるOnco-Cardiology」

演者 大倉 裕二 (新潟県立がんセンター新潟病院 循環器内科)

市民公開講座

3月19日(日) 14:30~17:00

第1会場(朱鷺メッセ 2階 スノーホール)

がんと生きる時代~薬剤師が紡ぐがん医療~

司会 中井 美穂 (NPO法人キャンサーネットジャパン)

「正しいがん医療情報のみつけ方」

演者 勝俣 範之 (日本医科大学 武蔵小杉病院 腫瘍内科)

「医療者とのコミュニケーションのとりかた」

  川名 典子 (杏林大学医学部付属病院 看護部)

「薬剤師と上手に付き合うには」

  吉野 真樹 (新潟県立がんセンター新潟病院 薬剤部)

「薬剤師ががん患者になって気づいたこと」

  久田 邦博 (慢性骨髄性白血病ザバイバー)

「がん患者家族の立場になって気づいたこと」

  川上 澄江 (ノンフィクションライター・翻訳者)

シンポジウム

シンポジウム 1

3月18日(土) 14:30~16:30

第1会場(朱鷺メッセ 2階 スノーホール)

曝露対策における米国と日本の現状~USP800とは何か?抗がん薬曝露対策をみんなで考える

オーガナイザー・座長 中野 泰寛 (がん研究会有明病院 薬剤部)
  玉木 慎也 (国立病院機構 北海道がんセンター 薬剤部)

「USP800 and self-assessment tool made by Joint Commission Resource
-Joint Commission Resource (国際的な医療施設評価認証機関の教育組織)が開発したHD曝露対策自己評価ツール-」

演者 Christopher R Fortier (Massachusetts General Hospital)

「医療スタッフとの連携による曝露対策」

  杉田 一男 (がん研究会有明病院 薬剤部)

「注射抗がん薬の曝露対策と内服抗がん薬の曝露対策」

  石丸 博雅 (聖路加国際病院 薬剤部)

「調製から投与までのCSTD使用による曝露対策の有用性」

  濱 宏仁 (神戸市立医療センター西市民病院 薬剤部)
共催 日本ベクトン・ディッキンソン株式会社

シンポジウム 2

3月18日(土) 10:00~12:00

第2会場(朱鷺メッセ 4階 マリンホール)

あなたが目指すvisionは!!
-がん薬物療法をサポートする薬剤師の道のり-

オーガナイザー・座長 藤田 行代志 (群馬県立がんセンター 薬剤部)
  組橋 由記 (徳島赤十字病院 薬剤部)

「研修施設のない福島でがん専門薬剤師を目指す」

演者 合津 貴志 (慈山会医学研究所付属 坪井病院 薬剤部)

「新規がん標的分子C7orf24の研究を通して伝えたいこと〜薬剤師が学位を取得する意義〜」

  松村 健吾 (京都薬科大学大学院 病態薬科学系 臨床腫瘍学分野)

「私が4回転職した理由とVision〜がんサポートも含めて〜」

  川添 哲嗣 (医療法人つくし会 南国病院)

「日々がん患者さんに向き合う薬剤師として」

  川尻 尚子 (東京歯科大学市川総合病院 薬剤部)

「「一生、がん医療に関わっていこう」 大学病院からがん専門病院へ」

  藤田 行代志 (群馬県立がんセンター 薬剤部)

シンポジウム 3

3月18日(土) 14:30~16:30

第2会場(朱鷺メッセ 4階 マリンホール)

がんとともに生きる -患者を支えるために、薬剤師ができること-

オーガナイザー・座長 日置 三紀 (三重大学医学部附属病院 薬剤部)
  片倉 法明 (つくし薬局 光ヶ丘店)

「がんサバイバーに必要なサポートと薬剤師の可能性 —病院薬剤師として、遷延する副作用にどう対応するか—」

演者 日置 三紀 (三重大学医学部附属病院 薬剤部)

「保険薬局から、地域のがん患者を支える取り組み」

  下川 友香理 (そうごう薬局 天神中央店)

「医療者が行うアピアランスケア、薬剤師ができるアピアランス支援」

  矢内 貴子 (国立がん研究センター中央病院 薬剤部)

「AYA世代のがん患者が抱える問題点 ~サバイバー薬剤師からのメッセージ~」

  吉見 千明 (岐阜大学医学部附属病院 薬剤部)

「がんサバイバーシップケア」

  広瀬 真奈美 (一般社団法人キャンサーフィットネス)

シンポジウム 4

3月18日(土) 10:00~12:00

第3会場(朱鷺メッセ 3階 中会議室301)

チームでマネジメントする免疫チェックポイント阻害薬

オーガナイザー・座長 吉野 真樹 (新潟県立がんセンター新潟病院 薬剤部)

「免疫チェックポイント阻害剤を使いこなすために薬剤師が知るべきこと〜ココだけ抑えておけば大丈夫〜」

演者 三浦 理 (新潟県立がんセンター新潟病院 内科)

「適正使用にむけたチームiSINCの活動ー看護師の立場からー」

  磯貝 佐知子 (新潟県立がんセンター新潟病院 外来化学療法室)

「免疫療法と対峙するために~薬剤師の立場から~」

  吉野 真樹 (新潟県立がんセンター新潟病院 薬剤部)

シンポジウム 5

3月18日(土) 10:00~12:00

第5会場(朱鷺メッセ 2階 中会議室201A)

明日からチャレンジ!臨床現場の疑問を研究に!

オーガナイザー・座長 坪井 正博 (国立がん研究センター東病院 呼吸器外科)
  立松 三千子 (名城大学大学院薬学研究科/愛知県がんセンター中央病院)

「なぜ臨床研究は必要か」

演者 坪井 正博 (国立がん研究センター東病院 呼吸器外科)

「臨床研究のための統計学的視点」

  小山田 隼佑 (NPO法人 JORTC 統計部門)

「病院薬剤師の臨床研究」

  佐藤 淳也 (岩手医科大学附属病院薬剤部)

「保険薬局薬剤師の臨床研究」

  佐藤 由美 (めいてつ調剤薬局 本店)

シンポジウム 6

3月18日(土) 14:30~16:30

第5会場(朱鷺メッセ 2階 中会議室201A)

「がん治療」に対峙する薬剤師
-中小、へき地、地方からのメッセージ-

オーガナイザー・座長 小枝 伸行 (八尾市立病院 事務局)
  岸本 真 (霧島市立医師会医療センター 薬剤部)

「中小病院で薬剤師が担うがん治療支援」

演者 川崎 美紀

(昭和大学薬剤課)

「中小病院薬剤師のがん患者への関わりと苦悩」

  宮川 哲也 (上越地域医療センター病院 薬剤科)

「業務を兼任している病院で、がん治療をいかに安全にマネジメントしていくか」

  上ノ段 友里 (中津市立中津市民病院 薬剤科)

「中小病院の薬剤師でも、がん治療はできる! ~がん化学療法における当院薬剤師の取り組み~」

  酒向 幸 (医療法人香徳会 関中央病院 薬剤科)

「「がん診療」に必要な病院機能と薬剤師」

  川﨑 悦子 (公益財団法人日本医療機能評価機構 評価事業推進部)

シンポジウム 7

3月19日(日) 9:00~11:00

第1会場(朱鷺メッセ 2階 スノーホール)

スペシャルポピュレーションへのがん薬物療法

オーガナイザー・座長 牧 陽介 (国立病院機構 九州医療センター 薬剤部)
  玉木 慎也 (国立病院機構 北海道がんセンター 薬剤部)

「高齢者への化学療法」

演者 林 稔展 (国立病院機構 九州医療センター 薬剤部)

「肥満患者への化学療法」

  若林 雅人 (長野赤十字病院 薬剤部)

「高血圧患者への化学療法」

  北澤 文章 (地域医療機能推進機構京都鞍馬口医療センター 薬剤科)

「糖尿病合併がん患者に対する薬剤師の役割」

  土手 賢史 (京都桂病院 医務部薬剤科)

シンポジウム 8

3月19日(日) 11:10~12:10

第2会場(朱鷺メッセ 4階 マリンホール)

薬薬連携で実践しよう!分子標的治療薬副作用マネジメント

オーガナイザー・座長 日置 三紀 (三重大学医学部附属病院 薬剤部)
  吉野 真樹 (新潟県立がんセンター新潟病院 薬剤部)

「施設を超えた連携の新しい形~がん関連処方箋でビビらないために~病院薬剤師の立場から」

演者 鬼窪 利英 (慈泉会 相澤病院 薬剤管理情報センター)

「施設を超えた連携の新しい形~がん関連処方箋でビビらないために~薬局薬剤師の立場から」

  村田 稔弥 (一般社団法人 長野県薬剤師会 会営薬局)

シンポジウム 9

3月19日(日) 13:30~15:30

第2会場(朱鷺メッセ 4階 マリンホール)

在宅医療に寄り添う薬剤師へ
~薬剤交付後の継続した薬剤師の関わりを考える~

オーガナイザー・座長 片倉 法明 (つくし薬局 光ヶ丘店)
  早川 博明 (ファーマみらい全快堂薬局 川岸町店)

「在宅医療、地域におけるかかりつけ薬剤師・薬局の役割」

演者 勝山 佳菜子 (厚生労働省医薬・生活衛生局 総務課)

「在宅がん緩和ケアで薬剤師に期待すること」

  塚田 裕子 (在宅ケアクリニック川岸町)

「在宅医療における、がん患者と薬剤師のかかわり」

  餅原 弘樹 (スギ薬局柏豊四季店)
共催 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

シンポジウム 10

3月19日(日) 13:30~15:30

第3会場(朱鷺メッセ 3階 中会議室301)

一歩進んだ臨床薬剤師業務を実践するために
~薬剤師の武器=臨床薬理学をがん薬物療法に活用しよう!~

オーガナイザー・座長 藤田 行代志 (群馬県立がんセンター 薬剤部)
  辻 大樹 (静岡県立大学 薬学部 臨床薬効解析学分野)

「がん化学療法における薬物相互作用を考える」

演者 大野 能之 (東京大学医学部附属病院 薬剤部)

「薬学部での臨床薬理研究 ~臨床薬剤師・学生・教員のチームワーク~」

  林 秀樹 (岐阜薬科大学 実践社会薬学研究室)

「臓器機能障害時の薬物投与設計の考え方」

  宮本 康敬 (浜松医療センター 薬剤科)

「肝機能障害患者への介入事例」

  矢野 琢也 (医療法人 住友別子病院 薬剤部)

シンポジウム 11

3月19日(日) 14:30~16:30

第5会場(朱鷺メッセ 2階 中会議室201A)

育てていこう!かかりつけ薬剤師が活躍する社会

オーガナイザー・座長 本田 泰斗 (株式会社フレンド フレンド調剤自治医大東店)
  大里 洋一 (国立病院機構 東京医療センター)

「外来がん治療におけるかかりつけ薬剤師の役割~薬局の視点から~」

演者 柄澤 忍 (クオール株式会社)

「電子カルテ機能を利用した病診薬連携の取り組み
-金鯱メディネットを利用した高度薬学管理機能を対象としたかかりつけ薬と連携-」

  井上 裕貴 (国立病院機構 名古屋医療センター 薬剤部)

「外来がん化学療法における薬薬連携~保険薬局の立場から~」

  本田 泰斗 (株式会社フレンド フレンド調剤自治医大東店)

「薬局と病院の連携について」

  中澤 寛仁 (自治医科大学附属病院 薬剤部)

「医療を取り巻く現状とかかりつけ薬剤師・薬局の役割」

  板垣 麻衣 (厚生労働省保険局医療課)

JASPO地域連携委員会シンポジウム

JASPO地域連携委員会シンポジウム

3月19日(日) 9:00~11:00

第2会場(朱鷺メッセ 4階 マリンホール)

患者に寄りそう医・薬・薬連携の未来予想図

オーガナイザー・座長 松井 礼子 (国立がん研究センター東病院 薬剤部)
  大塚 昌孝 (有限会社 つくし薬局)

「患者の立場から」

演者 久田 邦博 (名城大学薬学部/三重大学医学部非常勤講師)

「地域のがん患者に対する薬剤師の多職種連携」

  今井 博久 (国立保健医療科学院疫学統計研究分野)

「かかりつけ薬剤師の発足による、今後の病院薬剤師と保険薬局薬剤師の役割分担」

  和田 敦 (神戸低侵襲がん医療センター 薬剤部/治験・臨床研究支援センター)

「かかりつけ薬剤師の現状と未来」

  長久保 久仁子 (ミキ薬局日暮里店)

「地域密着型薬局における医・薬・薬連携」

  野口 敦 (中目黒4丁目薬局)

JASPO教育研修委員会シンポジウム

JASPO教育研修委員会シンポジウム

3月19日(日) 9:00~11:00

第5会場(朱鷺メッセ 2階 中会議室201A)

がん医療に携わる薬剤師の次なるステップ
~がん・生殖医療ネットワークにおける薬剤師職能発揮の可能性について考える~

オーガナイザー・座長 米村 雅人 (国立がん研究センター 東病院 臨床研究支援部門 研究企画推進部)
  鈴木 直 (聖マリアンナ医科大学 産婦人科学)

「小児・思春期・若年がん患者に対する妊孕性温存の現状 ~ヘルスケアプロバイダーとしての薬剤師の関わりは?」

演者 鈴木 直 (聖マリアンナ医科大学 産婦人科学)

「抗がん薬の催奇形性リスクに関する話題」

  中島 研  (国立成育医療研究センター 薬剤部)

「地域における情報提供等の取り組み ~薬剤師による実践事例の紹介~」

  網野 一真 (諏訪赤十字病院 薬剤部)
共催 日本がん・生殖医療学会

ハンズオンセミナー

ハンズオンセミナー

3月19日(日) 9:00~11:00

第3会場(朱鷺メッセ 3階 中会議室301)

体験学習型ワークショップ『~触ってわかるCSTD~』

オーガナイザー 日置 三紀 (三重大学医学部附属病院 薬剤部)
  中野 泰寛 (がん研究会有明病院 薬剤部)
共催 テルモ株式会社、株式会社ジェイ・エム・エス、株式会社トーショー、日本ベクトン・ディッキンソン株式会社、株式会社パルメディカル

ワークショップ

ワークショップ 1

3月18日(土) 14:30~16:30

第6会場(朱鷺メッセ 2階 中会議室201B)

Young Oncology Pharmacists Academy
がん薬物療法をサポートする-切れ目ない連携-

オーガナイザー 清水 久範 (昭和大学病院 薬剤部)
  組橋 由記 (徳島赤十字病院 薬剤部)
チューター 東 加奈子 (東京医科大学病院 薬剤部)
  宮田 広樹 (日本医科大学武蔵小杉病院 薬剤部)
  大橋 養賢 (国立病院機構東京医療センター 薬剤部)
  藤宮 龍祥 (昭和大学 薬学部病院薬剤学講座)
  川上 和宣 (がん研究会有明病院 医療安全管理部薬剤部)

ワークショップ 2

3月19日(日) 9:00~11:00

第6会場(朱鷺メッセ 2階 中会議室201B)

がん治療を支援する保険薬局のあるべき姿~2025年問題に向けJASPOでの協働を考える~

オーガナイザー 清水 久範 (昭和大学病院 薬剤部)
  村田 勇人 (クオール薬局 港北店)
チューター 宮田 広樹 (日本医科大学武蔵小杉病院 薬剤部)
  小川 千晶 (国立病院機構東京医療センター 薬剤部)

ワークショップ 3

3月19日(日) 9:00~13:00

ワークショップ・ミニレクチャー会場(万代島ビル 6階 会議室)

がん医療に携わる薬剤師のための精神心理的ケア

オーガナイザー 清水 研 (国立がん研究センター中央病院 精神腫瘍科)
  工藤 浩史 (国立病院機構 東京医療センター 薬剤部)
講師 川村 和美 (シップヘルスケアファーマシー東日本株式会社)
  清水 研 (国立がん研究センター中央病院 精神腫瘍科)
ファシリテーター 塩川 満 (総合病院聖隷浜松病院 薬剤部)
  中島 信久 (東北大学大学院医学研究科・医学部 緩和医療学分野)
  二宮 ひとみ (国立がん研究センター中央病院)
  高橋 麻利子 (東京女子医科大学病院 薬剤部)
共催 一般社団法人日本緩和医療薬学会/一般社団法人日本サイコオンコロジー学会

教育セミナー

教育セミナー 1

3月18日(土) 10:00~12:00

第4会場(朱鷺メッセ 3階 中会議室302)

がん薬物療法の医薬経済評価 ~今こそ、はじめの一歩を踏み出そう~

オーガナイザー・座長 伊與田 友和 (慈山会医学研究所付属 坪井病院 薬剤部)
  清水 久範 (昭和大学病院 薬剤部)

「社会情勢と費用対効果(導入)」

演者 清水 久範 (昭和大学病院 薬剤部)

「病院経営と医療経済学の基本(現状を知る)」

  古賀 崇雄 (日本化薬株式会社医薬事業本部営業本部業務部 渉外グループ)

「共通言語(初級編)」

  伊東 那々子 (昭和大学病院 薬剤部)

「大腸がんの経済評価の事例」

  永瀬 怜司 (済生会横浜市東部病院 薬剤部)

「実例2 費用の調査について」

  清水 久範 (昭和大学病院 薬剤部)

教育セミナー 2

3月19日(日) 14:30~16:30

第6会場(朱鷺メッセ 2階 中会議室201B)

がん治療で使う薬物動態の基礎知識

オーガナイザー 望月 伸夫 (国立がん研究センター東病院 薬剤部)

「血中非結合形薬物濃度を決定しているクリアランスの影響因子」

演者 緒方 宏泰 (明治薬科大学 名誉教授)

「臨床薬物動態パラメータ値の収集と各パラメータの影響因子の特定」

  宮本 康敬 (浜松医療センター薬剤科)

<関連サイト>
https://sites.google.com/site/pknomemo/

Basic セミナー

Basic セミナー 1

3月18日(土) 13:20~14:20

第3会場(朱鷺メッセ3階 中会議室301)

乳癌の治療 -ここは押さえておきたい乳癌薬物療法-

オーガナイザー 伊與田 友和 (慈山会医学研究所付属坪井病院 薬剤部)
オーガナイザー・座長 牧 陽介 (国立病院機構九州医療センター 薬剤部)

「乳癌化学療法とサポーティブケア」

演者 佐伯 俊昭 (埼玉医科大学国際医療センター 乳腺腫瘍科)

「乳癌チーム医療における薬剤師の役割~質の高いチーム医療に向けた取り組みも添えて~」

演者 山本 紗織 (社会医療法人敬愛会 中頭病院 薬剤部)
共催 富士製薬工業株式会社

Basic セミナー 2

3月18日(土) 14:25~15:25

第3会場(朱鷺メッセ3階 中会議室301)

腎臓がんの薬物療法について

オーガナイザー 牧 陽介 (国立病院機構九州医療センター 薬剤部)
オーガナイザー・座長 伊與田 友和 (慈山会医学研究所付属坪井病院 薬剤部)

「腎細胞癌経口抗がん剤における副作用対策と薬剤師に期待すること」

演者 立神 勝則 (九州大学大学院医学研究院 泌尿器科学分野)

「経口抗がん剤治療における薬剤師の実務でのコミュニケーション」

  志田 敏宏 (山形大学医学部附属病院 薬剤部)
共催 ファイザー株式会社

Basic セミナー 3

3月18日(土) 15:30~16:30

第3会場(朱鷺メッセ3階 中会議室301)

骨髄腫って何?~チーム医療と薬剤師の役割

座長 川﨑 敏克 (国立がん研究センター東病院 薬剤部 )
演者 松本 守生 (渋川医療センター 血液内科)
共催 ヤンセンファーマ株式会社

Basic セミナー 4

3月18日(土) 16:35~17:35

第3会場(朱鷺メッセ3階 中会議室301)

がん性疼痛における薬物療法の潮流

座長 鈴木 勉 (星薬科大学 薬学部 薬物依存研究室)
演者 山口 重樹 (獨協医科大学 麻酔科学講座)
共催 帝國製薬株式会社/テルモ株式会社

ミニレクチャー

ミニレクチャー 1

3月18日(土) 11:30~12:00

ワークショップ・ミニレクチャー会場(万代島ビル6階 会議室)

JASPO 1

「チャレンジ社会人大学院生」

  土屋 雅美 (宮城県立がんセンター 薬剤部)
  縄田 修一 (昭和大学横浜市北部病院 薬局・病院薬剤学講座)

ミニレクチャー 2

3月18日(土) 13:20~13:50

ワークショップ・ミニレクチャー会場(万代島ビル6階 会議室)

大鵬薬品工業株式会社

「TS-1の薬剤特徴と眼の副作用について 形状:カプセル T20, T25/OD 錠 T20, T25/ 顆粒T20, T25」

  佐久本龍治 (大鵬薬品工業株式会社 千葉支店 学術課)

ミニレクチャー 3

3月18日(土) 13:50~14:20

ワークショップ・ミニレクチャー会場(万代島ビル6階 会議室)

大鵬薬品工業株式会社

「国内外の制吐薬ガイドラインとアロキシの最新情報 形状:パロノセトロン注射液5mL/ 点滴静注バッグ50mL」

  久保田恵梨 (大鵬薬品工業株式会社 MA 部MA 二課)

ミニレクチャー 4

3月18日(土) 13:50~14:20

ワークショップ・ミニレクチャー会場(万代島ビル6階 会議室)

JASPO 2

「医薬品リスク管理計画(Risk Management Plan; RMP)について」

  北見 紀明 (医薬品医療機器総合機構 安全第二部)

ミニレクチャー 5

3月18日(土) 15:00~15:30

ワークショップ・ミニレクチャー会場(万代島ビル6階 会議室)

JASPO 3

「平成28年度がん薬物療法認定薬剤師,がん専門薬剤師海外派遣事業報告」

  篠原  旭 (国立がん研究センター東病院 薬剤部)
  此松 晶子 (日本医科大学武蔵小杉病院 薬剤部)
  池見 泰明 (京都大学医学部附属病院 薬剤部)
  野田 哲史 (滋賀医科大学医学部附属病院 薬剤部)

ミニレクチャー 6

3月18日(土) 15:40~16:20

ワークショップ・ミニレクチャー会場(万代島ビル6階 会議室)

JASPO 4

「日本臨床腫瘍薬学会雑誌へ是非、論文投稿を~ゼロから学ぶ論文の書き方~」

  河添  仁 (愛媛大学医学部附属病院 薬剤部/ 日本臨床腫瘍薬学会 会誌編集委員会)

ミニレクチャー 7

3月18日(土) 16:20~16:50

ワークショップ・ミニレクチャー会場(万代島ビル6階 会議室)

JASPO 5

「日本臨床腫瘍薬学会雑誌投稿上の注意」

  橋本 浩伸 (国立がん研究センター中央病院 薬剤部/ 日本臨床腫瘍薬学会 会誌編集委員会)

ミニレクチャー 8

3月18日(土) 17:00~17:30

ワークショップ・ミニレクチャー会場(万代島ビル6階 会議室)

JASPO 6

「JASPO 認定制度」

  山本 弘史 (長崎大学病院 臨床研究センター長)

ミニレクチャー 9

3月18日(土) 17:30~18:00

ワークショップ・ミニレクチャー会場(万代島ビル6階 会議室)

JASPO 7

「新潟市の多職種連携について薬剤師の立場より ~山の下ねっとの活動~」

  田中 友康 (花かいどう薬局)