ページ
トップ

学術集会イメージ画像

会長挨拶

「イベントゼロを目指した高血圧個別診療へ」

顔写真

第5回臨床高血圧フォーラム
会長 苅尾 七臣
(自治医科大学 内科学講座循環器内科学部門 主任教授)

 この度、第5回日本高血圧学会 臨床高血圧フォーラムを、2016年5月14日(土)~15日(日)にステーションコンファレンス東京に於いて開催することとなりました。
 本フォーラムは、全国の各大学医学部及び付属病院の勤務医はじめとし、一般開業医まで多くの先生方が参加し、高血圧診療に関する臨床的研究の最新成績の発表や教育講演、または貴重な症例報告を行う会合でございます。
 2013-2014年にかけては、これまでのエビデンスを集積して国内外の高血圧治療ガイドラインが発表されました。高血圧診療はガイドラインを参考に、個々の多様な患者において、イベント発症と臓器障害を最小限に抑制する個別診療が重要です。日本高血圧学会治療ガイドラインJSH2014の発表から2年以上が経過し、大方の内容が行き渡った状況下において、2016年第5回の臨床高血圧フォーラムのテーマは「イベントゼロを目指した高血圧個別診療へ」とさせていただきました。

 本会では、患者診療に直接つながる臨床高血圧領域の重要トピックに焦点を当て、各領域の専門家の先生方より、臨床研究の最新成績の発表や解説、見解を発表していただきます。さらに、第一線の研究者からは高血圧診療に必要な最新基礎知識を整理し、今後の臨床への展望を発表していただきます。また、実地臨床医の先生からは、実際にご自身がこだわる診療スタイルとノウハウを発表していただきます。
 本フォーラムを通じて、脳・心・腎臓・血管、全ての臓器疾患につながる高血圧の診療に関して、明日から役立つ最新情報が総括され、本領域の今後の展望がより明確になればと願っています。