各種単位認定について

(1)日本医療薬学会認定薬剤師、がん専門薬剤師、薬物療法専門薬剤師の受講単位について

日本医療薬学会認定薬剤師、がん専門薬剤師および薬物療法専門薬剤師の各認定制度では、本年会への参加
を認定や更新申請時の要件の一部として、受講単位を付与しています。各認定および更新申請の際には、本
年会の年会ネームカードのコピーが必要になりますので、大切に保管してください。

(2)日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度の受講シールの交付について

本年会は、日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度の認定対象となります(3 単位/日)。
『認定シール受付』で当日分の受講シールをお渡し致します。

場所 国立京都国際会館 1F メインホール前ロビー
日時 9月17日(土)
9月18日(日)
9月19日(月・祝)
8:00 ~ 18:30
8:00 ~ 18:30
8:00 ~ 15:30

(3)日病薬病院薬学認定薬剤師制度の研修単位シールの交付について

本年会は、日病薬病院薬学認定薬剤師制度の認定対象となります(17 日および18 日:4 単位/ 日、
19 日:3 単位/ 日)。『認定シール受付』で当日分の研修単位シールをお渡し致します。

場所 国立京都国際会館 1F メインホール前ロビー
日時 9月17日(土)
9月18日(日)
9月19日(月・祝)
8:00 ~ 18:30
8:00 ~ 18:30
8:00 ~ 15:30

(2)「日本薬剤師研修センター」認定の受講シール(3 単位)と、(3)「日病薬病院薬学認定薬剤師」の研
修単位シールは、同日の重複発行はできません。

(4)日本病院薬剤師会の各専門領域の認定薬剤師の認定申請を目指す方へ

本年会の下記のシンポジウムは、日本病院薬剤師会が認定する「各専門領域の講習会」として承認されてい
ます。単位認定を希望される方は、シンポジウムにご参加の上、終了時に会場にて受講証を受領してください。
なお、申請時には日病薬病院薬学認定薬剤師制度の研修単位シールもあわせて必要になります。

対象となるシンポジウム

【がん領域】

シンポジウム36
「抗がん剤による末梢神経障害:その対処法と最近の研究動向」

日時:9月18日(日) 9:00 ~ 11:30
会場:第13会場(グランドプリンスホテル京都 B1F ローズルーム)

シンポジウム38
「がん薬物療法における薬学的介入の実際と症例サマリのまとめ方」

日時:9月19日(月・祝) 13:20 ~ 15:20
会場:第1会場(国立京都国際会館 1F メインホール)

【精神科領域】

シンポジウム 43
「認知症治療のこれからを考える~薬剤師が今できること、そして今後すべきこと~」

日時:9月19日(月・祝) 13:20 ~ 15:20
会場:第9会場(国立京都国際会館 1F さくら)

【感染制御領域】

シンポジウム16
「耐性菌対策に立ち向かう薬剤師に必要な知識とツールを考える!
- Japan Antimicrobial Consumption Surveillance (JACS) をどう活かすか?-」

日時:9月17日(土) 13:20 ~ 15:20
会場:第12会場(グランドプリンスホテル京都 B2F ゴールドルーム)

シンポジウム45
「抗真菌薬の適正使用に薬剤師は如何に関わるべきか」

日時:9月19日(月・祝) 13:20 ~ 15:20
会場:第11会場(グランドプリンスホテル京都 B2F プリンスホール)

【妊婦・授乳婦領域】

シンポジウム41
「母乳育児と薬物療法を考える―薬剤師はどう関わるのかー」

日時:9月19日(月・祝) 13:20 ~ 15:20
会場:第7 会場(国立京都国際会館 1F Room D)

【HIV 感染症領域】

シンポジウム47
「慢性疾患としてのHIV 感染症 ~チームで行う長期服薬マネジメント~」

日時:9月19日(月・祝) 13:20 ~ 15:20
会場:第12会場(グランドプリンスホテル京都 B2F ゴールドルーム)

(5) 日本糖尿病療養指導士の単位取得について

本年会は、日本糖尿病療養指導士の認定資格の更新時に必要な単位として認定されます。
申請時には、年会ネームカードが必要となりますので、大切に保管してください。

(6)その他の単位認定

一般社団法人日本ゲノム薬理学会     単位数:2.5

シンポジウム3
「薬剤師業務にゲノム情報を活用するための多職種連携 ~新たな薬剤師業務の構築と展開~」

日時:9月17日(土) 13:20 ~ 15:50
会場:第2会場(国立京都国際会館 2F Room A)

小児薬物療法認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)  単位数:1

シンポジウム7
「小児領域のチーム医療で薬剤師がすべきこと、その存在意義」

日時:9月17日(土) 9:00 ~ 11:30
会場:第7会場(国立京都国際会館 1F Room D)
※単位申請には年会ネームカードのコピーが必要です。
  詳細は、日本薬剤師研修センターまでお問い合わせください。

日本医薬品安全性学会(医薬品安全性指導者(DSD)・医薬品安全性専門薬剤師(DSSP))  単位数:2

シンポジウム9
「医薬品安全性学のススメ ~医薬品有害反応の臨床解析を起点として~」

日時:9月17日(土)9:00 ~ 11:30
会場:第9会場(国立京都国際会館 1F さくら)
※上記セッション聴講の他、演題発表で発表者は+ 2 単位、共者者は+ 1 単位
※単位申請には年会ネームカードのコピーが必要です。
  詳細は、日本医薬品安全性学会までお問い合わせください。

年会事務局

京都大学医学部附属病院薬剤部
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54

運営事務局

株式会社JTBコミュニケーションデザイン コンベンション2局
(旧社名 株式会社JTBコミュニケーションズ コンベンション事業局)
〒530-0001 大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル4F
Tel. 06-6348-1391 Fax. 06-6456-4105 E-mail: jsphcs26@jtbcom.co.jp