ランチョンセミナー

9月17日(土) | 9月18日(日) | 9月19日(月・祝)

9月17日(土)  12:00~13:00

ランチョンセミナー1

第1会場(国立京都国際会館 1F メインホール)

免疫チェックポイント阻害剤に対する安全性対策の構築

座長 奥田 真弘 (三重大学医学部附属病院 薬剤部)
演者 永井 宏樹 (京都大学医学部附属病院 腫瘍薬物治療学講座)
  清水 克次 (大阪府立成人病センター 薬局)
共催 小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

ランチョンセミナー2

第2会場(国立京都国際会館 2F Room A)

外来がん疼痛治療における病診薬連携 -ライフスタイルに合わせたがん疼痛治療の提案-

座長 寺田 智祐 (滋賀医科大学医学部附属病院  薬剤部)
演者 鹿田 康紀 (済生会福岡総合病院 外科)
  池田 宗彦 (済生会福岡総合病院 薬剤部)
共催 大鵬薬品工業株式会社

ランチョンセミナー3

第3会場(国立京都国際会館 2F Room B-1)

SGLT2阻害薬は糖質制限と同じ?

座長 黄前 尚樹 (洛和会丸太町病院 薬剤部)
演者 福井 道明 (京都府立医科大学大学院医学研究科 内分泌・代謝内科学)
共催 日本べーリンガーインゲルハイム株式会社/日本イーライリリー株式会社

ランチョンセミナー4

第4会場(国立京都国際会館 2F Room B-2)

高齢者薬物療法とPolypharmacy対策 ~薬剤師の役割とは何か~ 

座長 吉岡 睦展 (宝塚市立病院 薬剤部)
演者 竹屋 泰 (大阪大学大学院医学系研究科 老年・総合内科学)
共催 沢井製薬株式会社

ランチョンセミナー5

第7会場(国立京都国際会館 1F Room D)

高齢者・腎臓病患者に対する下剤の適正使用 ~高Mg血症の事例・注意喚起など~ 

座長 木村 健 (兵庫医科大学病院 薬剤部)
演者 平田 純生 (熊本大学薬学部附属育薬フロンティアセンター 臨床薬理学分野)
共催 吉田製薬株式会社

ランチョンセミナー6

第8会場(国立京都国際会館 1F Room E)

薬剤師力を発揮するための5つの戦略 -がん医療を中心に-

座長 川尻 尚子 (東京歯科大学市川総合病院 薬剤部)
演者 吉村 知哲 (大垣市民病院 薬剤部)
共催 日本化薬株式会社

ランチョンセミナー7

第9会場(国立京都国際会館 1F さくら)

医療制度改革と病院薬剤師評価の方向性 ~血漿分画製剤の適正使用と評価を含めて~

座長 眞野  成康 (東北大学病院  薬剤部)
演者 谷澤 正明 (一般社団法人 日本血液製剤機構 事業戦略部)
共催 一般社団法人日本血液製剤機構

ランチョンセミナー8

第10会場(国立京都国際会館 1F スワン)

米国薬局方からみた日本の抗がん薬曝露対策

座長 粟屋 敏雄 (市立旭川病院 薬剤科)
演者 濱 宏仁 (神戸市立医療センター西市民病院 薬剤部)
共催 株式会社ジェイ・エム・エス

ランチョンセミナー9

第11会場(グランドプリンスホテル京都 B2F プリンスホール)

無菌製剤とハザーダス・ドラッグの取り扱い基準: 米国薬局方(USP)〈 797〉と〈800〉について学ぶ
~米国薬局方(USP)作成メンバーの立場で語る~

座長 川上 純一 (浜松医科大学医学部付属病院 薬剤部)
演者 Ryan A. Forrey  
  (Director, Department of Pharmaceutical Services Emory University Hospital Midtown Atlanta, Georgia)
エモリ―大学ミッドタウン病院(ジョージア州 アトランタ)薬剤部長/オハイオ州立大学(OSU)大学薬学部 臨床助教授
共催 日本ベクトン・ディッキンソン株式会社

ランチョンセミナー10

第12会場(グランドプリンスホテル京都 B2F ゴールドルーム)

チーム医療をコーディネートする薬剤師の総合力 

座長 中川原 譲二 (国立循環器病研究センター循環器病統合イメージングセンター)
演者 山本 克己 (一般財団法人大阪府警察協会 大阪警察病院  薬剤部)
共催 東和薬品株式会社

ランチョンセミナー11

第13会場(グランドプリンスホテル京都 B1F ローズルーム)

SGLT2阻害薬はDPP-4阻害薬よりハイリスクなのか?

座長 吉田 俊秀 (医療法人親友会島原病院肥満・糖尿病センター)
演者 栄田 敏之 (京都薬科大学薬物動態学分野)
共催 田辺三菱製薬株式会社/第一三共株式会社

9月18日(日)  12:00~13:00

ランチョンセミナー12

第1会場(国立京都国際会館 1F メインホール)

①がん専門薬剤師研修施設について
  −他施設でのがん専門薬剤師研修を経験して−
②がん専門薬剤師研修施設について
  −他施設からがん専門薬剤師研修生を受け入れる立場として−

座長 谷川原 祐介 (慶應義塾大学医学部 臨床薬剤学)
演者 大辻 貴司 (滋賀県立成人病センター 薬剤部)
  濱 敏弘 ((公財)がん研有明病院 薬剤部)
共催 中外製薬株式会社

ランチョンセミナー13

第2会場(国立京都国際会館 2F Room A)

Mechanisms and Management of drug-drug interactions with Direct Acting Antivirals in Hepatitis C
treatment
C 型慢性肝炎治療における薬物相互作用の機序とその対応

座長 増田 智先 (九州大学病院 薬剤部)
演者 David Back (University of Liverpool,Professor,Molecular and Clinical Pharmacology)
共催 アッヴィ合同会社

ランチョンセミナー14

第3会場(国立京都国際会館 2F Room B-1)

薬剤師のソコヂカラ −服薬性向上のための次世代製剤− 

座長 甲斐 絢子 (医療法人社団蘇生会 蘇生会総合病院 薬剤部)
演者 倉田 なおみ (昭和大学薬学部 社会健康薬学講座 地域医療薬学部門)
共催 持田製薬株式会社

ランチョンセミナー15

第4会場(国立京都国際会館 2F Room B-2)

薬局プレアボイドと薬薬連携

座長 三輪 芳弘 (大阪大学医学部附属病院 薬剤部)
演者 澤田 康文 (東京大学大学院 薬学系研究科 育薬学講座)
共催 日医工株式会社

ランチョンセミナー16

第7会場(国立京都国際会館 1F Room D)

院内イントラネットを活用した薬物療法支援 -各種計算・換算ツールの作成と運用-

座長 寺門 浩之 (国立研究開発法人 国立がん研究センター 中央病院 薬剤部)
演者 篠 道弘 (静岡県立静岡がんセンター  薬剤部)
共催 富士製薬工業株式会社

ランチョンセミナー17

第8会場(国立京都国際会館 1F Room E)

地域包括ケアシステムにおける薬局・薬剤師の役割
−外科医が薬局に帰って見えてきたもの−

座長 鍋島 俊隆 (藤田保健衛生大学)
演者 狭間 研至 (ファルメディコ株式会社、一般社団法人 日本在宅薬学会、医療法人嘉健会 思温病院)
共催 第一三共エスファ株式会社

ランチョンセミナー18

第9会場(国立京都国際会館 1F さくら)

薬剤師関連の政策動向とジェネリック医薬品の使用促進

座長 大森 栄 (信州大学医学部附属病院 薬剤部)
演者 川上 純一 (浜松医科大学医学部附属病院 薬剤部)
共催 大原薬品工業株式会社

ランチョンセミナー19

第10会場(国立京都国際会館 1F スワン)

チーム医療で成功させる大腸癌化学療法 ~薬剤師が医師とともにできること~ 

座長 四方 敬介 (京都府立医科大学附属病院 薬剤部)
演者 石橋 敬一郎 (埼玉医科大学総合医療センター 消化管・一般外科)
  佐野 元彦 (埼玉医科大学総合医療センター 薬剤部)
共催 株式会社ヤクルト本社

ランチョンセミナー20

第11会場(グランドプリンスホテル京都 B2F プリンスホール)

くすりの費用対効果評価とは? ~海外の情勢と国内の今後~

座長 村岡  淳二 (京都市立病院 薬剤科)
演者 五十嵐 中 (東京大学大学院薬学系研究科 医療政策学)
共催 ファイザー株式会社

ランチョンセミナー21

第12会場(グランドプリンスホテル京都 B2F ゴールドルーム)

多職種で行う漢方治療 ~医師の処方意図、解りますか?~ 

座長 三上 正 (京都第二赤十字病院 薬剤部)
演者 間宮 敬子 (信州大学医学部附属病院  信州がんセンター緩和部門 緩和ケアセンター)
共催 株式会社ツムラ

ランチョンセミナー22

第13会場(グランドプリンスホテル京都 B1F ローズルーム)

ロコモティブシンドロームと変形性関節症

座長 平井 みどり (神戸大学医学部附属病院 薬剤部)
演者 星野 雄一 (とちぎリハビリテーションセンター)
共催 大正富山医薬品株式会社

9月19日(月・祝)  12:00~13:00

ランチョンセミナー23

第1会場(国立京都国際会館 1F メインホール)

胃がん、大腸がんにおける術後補助化学療法とそのマネジメントについて

座長 遠藤 一司 (日本病院薬剤師会)
演者 山口 研成 ((公財)がん研有明病院 消化器化学療法科)
共催 中外製薬株式会社

ランチョンセミナー24

第3会場(国立京都国際会館 2F Room B-1)

おさえておきたい生活習慣病治療のポイント〜アドヒアランス向上のための工夫〜

座長 三浦 誠 (医療法人社団洛和会 洛和会音羽病院 薬剤部)
演者 桝田 出 (武田病院グループ 予防医学・EBMセンター)
共催 武田薬品工業株式会社

ランチョンセミナー25

第5会場(国立京都国際会館 1F Room C-1)

薬物療法の適正化と薬剤師の役割 ~指導から行動へ~

座長 矢野 育子 (神戸大学医学部附属病院 薬剤部)
演者 中村 敏明 (大阪薬科大学 臨床薬学教育研究センター)
共催 ノバルティスファーマ株式会社

ランチョンセミナー26

第6会場(国立京都国際会館 1F Room C-2)

これからのADPKD診療 

座長 小林 勝昭 (独立行政法人国立病院機構京都医療センター 薬剤部)
演者 瀬田 公一 (独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 腎臓内科/地域医療連携室)
共催 大塚製薬株式会社

ランチョンセミナー27

第7会場(国立京都国際会館 1F Room D)

新規抗てんかん薬においても、TDMは必要です! ―臨床医から薬剤師さんへのメッセージ―

座長 山田 清文 (名古屋大学 薬剤部)
演者 岩﨑 俊之 (北里大学医学部 小児科学)
共催 エーザイ株式会社

ランチョンセミナー28

第8会場(国立京都国際会館 1F Room E)

肺癌治療のcost and value

座長 橋田 亨 (神戸市立医療センター中央市民病院 薬剤部)
演者 國頭 英夫 (日本赤十字医療センター 化学療法科)
共催 日本ケミファ株式会社
年会事務局

京都大学医学部附属病院薬剤部
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54

運営事務局

株式会社JTBコミュニケーションデザイン コンベンション2局
(旧社名 株式会社JTBコミュニケーションズ コンベンション事業局)
〒530-0001 大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル4F
Tel. 06-6348-1391 Fax. 06-6456-4105 E-mail: jsphcs26@jtbcom.co.jp