宿泊のご案内
宿泊申込受付を締め切りました。
事務局
京都大学大学院医学研究科 形成外科学
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 TEL: 075-751-3613 FAX: 075-751-4340
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部
〒530-0001 大阪市北区梅田3-3-10
梅田ダイビル4階
TEL: 06-6348-1391 FAX: 06-6456-4105
E-mail: jswhjsw2017@jtbcom.co.jp

協賛募集

謹啓 時下益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。
さて、この度、2017年11月27日(月)と28日(火)の2日間にわたり第47回日本創傷治癒学会を京都にて開催させていただくことになりました。

 私が形成外科医になって最初に学んだ治療の基本は「キズを綺麗に治すこと」でした。「キズを綺麗に治すこと」は「キズを早く治すこと」と密接に繋がります。「キズを早く綺麗に治すこと」は形成外科だけでなく、あらゆる外科系診療科の基本です。続いて学んだことはキズの治療におけるチームワークの重要さでした。私は卒後2年目に浜松の病院に勤務いたしました。初めて一人で重症熱傷の患者さんを受け持ちましたが、体表面積の50%以上の広範囲重症熱傷の複数の患者さんの命を救うことができました。これは、病院内で一番若輩の私の処置時に先輩外科医と看護師が総がかりで分業してくださり、短時間でほぼ完璧な創処置が毎日できたおかげでなし得たことでした。このような体験から今回の学会の副テーマを「多職種の力を1つに~キズを早く綺麗に治す~」とさせていただきました。
 ただし、医師・看護師のチーム医療だけですべてのキズが治るわけではありません。難治性のキズを治すためには細胞生物学、分子生物学、高分子化学、医用工学、その他種々の基礎サイエンスの力を結集した新しい診断機器、医薬品、医療器材の開発が必要です。再生医学の応用ももちろん必要です。私は30年以上前に、医工連携の研究で人工真皮の研究を始めました。さらにそれを発展させ産学連携プロジェクトにし、実用化に成功しました。私が開発に携わった人工真皮は今なお創傷治療の第一線で使われています。長く使用されていることはうれしいですが、発展が止まっていると言えなくもありません。自戒の意味も込めて上位タイトルを英語で「A new, borderless approach to wound healing」とさせていただきました。過去の本学会で積み重ねられた貴重な議論をさらに発展させて、日本のみならず世界中のキズの患者を1人でも多く救うための手掛かりを得られる学術集会にできることを願っています。
 キズを早く綺麗に治しても、肥厚性瘢痕やケロイド、さらには瘢痕拘縮が生じる場合があります。キズとキズアトは表裏の関係にありますが、一連のプロセスであることを思い返すことがさらなる治療法の改善に結びつくものと信じています。今回の第47回日本創傷治癒学会の会期中に第12回瘢痕・ケロイド治療研究会を併せて開催し、合同シンポジウムやパネルディスカッションの場を設けたいと考えています。こちらの研究会でも新しい芽生えが生まれることを楽しみにしています。

 尚、学会運営は参加費をもって賄うべきではありますが、近年の物価高に加えて更に学会発表、教育には多大の費用がかかるのが現状です。質素倹約を旨として運営を行い、参加費を集めましてもまだ多額の不足が予想されます。つきましては、学会開催の趣旨を充分にご理解頂き、何卒貴社のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げる次第です。
 諸費用ご多端の折、誠に恐縮ではございますが、諸事情をご賢察の上、何卒ご高配の程、重ねてお願い申し上げます。

謹言
2017年3月吉日
 第47回日本創傷治癒学会
【同時開催】第12回瘢痕・ケロイド治療研究会
会長  鈴木 茂彦 
(京都大学大学院医学研究科 形成外科学 教授)

協賛項目

共催セミナー(ランチョンセミナー/イブニングセミナー)、プログラム・抄録集広告、機器展示・書籍展示

申込方法・お問い合わせ

開催趣意書・募集要項や申込書を送付させていただきますので、以下の運営事務局までお問い合わせください。
申込・お問い合わせ先
第47回日本創傷治癒学会
同時開催 第12回瘢痕・ケロイド治療研究会 運営事務局

株式会社JTBコミュニケーションデザイン ミーティング&コンベンション事業部内
〒530-0001 大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル4階
TEL: 06-6348-1391  FAX: 06-6456-4105
E-mail: jswhjsw2017@jtbcom.co.jp

ページトップへ戻る