プログラム

会長シンポジウム

「免疫療法:限界への挑戦」
座長
高橋 聡
(東京大学医科学研究所)
 
森尾 友宏
(東京医科歯科大学大学院)
S-1
Adoptive Immunotherapy with rapidly-generated multivirus-specific T cells against Adv, EBV, CMV, HHV6 and BK after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplant
演者
Ann Leen
(Center for Cell and Gene Therapy, Baylor College of Medicine)
S-2
制御性T細胞を標的とする新規免疫抑制療法の臨床開発:
治療抵抗性慢性GVHDに対する低用量IL-2療法Ⅰ/Ⅱa相試験
Targeting Treg homeostasis for the development of the novel immune modulating therapy: Phase 1/2a trial of Low-dose IL-2 therapy for refractory chronic GVHD
 
松岡 賢市
(岡山大学大学院 医歯薬総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学)
S-3
Cell Therapy of Hematological Malignancies
 
Dario Campana
(National University of Singapore)
S-4
CD116陽性骨髄系腫瘍を標的とした非ウイルス改変CAR-T療法の開発
CAR T cell therapy for CD116-positive myeloid neoplasm
 
中沢 洋三
(信州大学 医学部 小児医学教室)

ランチョンセミナー

がん免疫療法とゲノム免疫学
Cancer Immunotherapy and Immunogenomics
座長
谷  憲三朗
(東京大学医科学研究所)
演者
中村 祐輔
(がん研究所プレシジョン医療研究センター, シカゴ大学名誉教授)
共催:中外製薬株式会社

イブニングセミナー

急性白血病に対する抗体療法の現状
Current status of antibody therapy for acute leukemia
座長
小澤 敬也
(自治医科大学 免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座)
演者
安藤 潔
(東海大学 医学部 血液・腫瘍内科学)
共催:ファイザー株式会社

プレナリーセッション

座長
杉山 治夫
(大阪大学大学院 医学系研究科)
 
中尾 眞二
(金沢大学 血液内科)
Ple-1
活性型インテグリン β7を標的とした多発性骨髄腫に対する新規CAR T細胞療法の開発
The activated integrin beta7 is a novel multiple myeloma-specific target for CAR T cell therapy
○ 長谷川 加奈1、保仙 直毅1、池田 峻弥2、尾路 祐介2、岡  芳弘1、熊ノ郷 淳3、杉山 治夫4
1)大阪大学大学院 医学系研究科 癌幹細胞制御学
2)大阪大学大学院 医学系研究科 機能診断科学
3)大阪大学大学院 医学系研究科 呼吸器免疫内科
4)大阪大学大学院 医学系研究科 癌免疫学
Ple-2
NKp44の抗原認識を用いたCAR-T療法の開発
Development of CAR-T therapy using NKp44 ectodomain for antigen recognition
○ 笠原 靖史、久保 暢大、申  将守、岩渕 晴子、今村 勝、今井 千速
新潟大学 医学部 小児科学教室

その他のセッション

一般演題(口演・示説)
情報交換会 他

優秀演題賞・若手奨励賞・優秀ポスター賞

各賞の受賞者は以下の先生方に決定いたしました。

優秀演題賞(プレナリー)

Ple-1
活性型インテグリン β7を標的とした多発性骨髄腫に対する新規CAR T細胞療法の開発
The activated integrin beta7 is a novel multiple myeloma-specific target for CAR T cell therapy
 
長谷川 加奈
(大阪大学大学院 医学系研究科 癌幹細胞制御学)
Ple-2
NKp44の抗原認識を用いたCAR-T療法の開発
Development of CAR-T therapy using NKp44 ectodomain for antigen recognition
 
笠原 靖史
(新潟大学 医学部 小児科学教室)

若手奨励賞

O-2
活性化受容体DNAM-1は炎症時の制御性T細胞の機能を抑制する
DNAM-1 limits the stability of regulatory T cells under the inflammatory state
 
佐藤 和貴
(筑波大学 生存ダイナミクス研究センター(TARA) 免疫学研究室)
O-4
B*54:01 欠失血球陽性再生不良性貧血は高率に男性に発症する
Escape hematopoiesis by HLA-B5401-lacking hematopoietic stem progenitor cells in male patients with aplastic anemia
 
細川 晃平
(金沢大学附属病院 血液内科)

優秀ポスター賞

P-1
ヒト形質細胞性樹状細胞の分化におけるストローマ細胞の役割
Development of human placymacytic dedritic cell require stromal cell
 
永春 圭規
(三重大学大学院 医学系研究科 血液・腫瘍内科)
P-5
腫瘍免疫応答における可溶型CD155の役割
The role of soluble CD155 in tumor immune response
 
奥村 元紀
(筑波大学 医学医療系 免疫制御医学研究室)
事務局
東京大学医科学研究所
先端医療研究センター分子療法分野内
〒108-8639 東京都港区白金台 4-6-1
TEL: 03-5449-5542 FAX: 03-5449-5429
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部
〒105-8335 東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビルディング13階
TEL: 03-5657-0775
FAX: 050-3730-3977(グリーンFAX)
E-mail: sihds10@jtbcom.co.jp

ページトップへ戻る