主 催
公益財団法人 日本眼科学会
主管校
東京医科大学
臨床医学系眼科学分野
事務局
第124回日本眼科学会総会 運営事務局 株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部内
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町2-1-25
JTBビル7階
TEL: 06-4964-8869
FAX: 06-4964-8804
E-mail: 124jos@jtbcom.co.jp

プログラム

※タイトルには一部仮題を含みます。

特別講演

特別講演 14月18日(土)10:00~11:00

座長
寺﨑 浩子
(名古屋大)
緑内障の治療戦略 臨床と薬理学
演者
吉冨 健志
(福岡国際医療福祉大)

特別講演 24月17日(金)13:10~14:10

座長
山下 英俊
(山形大)
眼科遺伝学 -分子遺伝学と難治性眼疾患治療への展開-
演者
村上 晶
(順天大)

招待講演

招待講演 14月18日(土)11:10~12:10

座長
後藤 浩
(東京医大)
Ocular Oncology: A Footprint into the Future
演者
Carol L. Shields
(Wills Eye Hospital)

招待講演 24月17日(金)10:45~11:45

座長
岡田アナベル あやめ
(杏林大)
Imaging Tools in the Management of Vogt Koyanagi Harada Disease
演者
Soon Phaik Chee
(Singapore National Eye Ctr)

評議員会指名講演4月18日(土)13:55~16:25

眼疾患とバイオマーカー
座長
池田 恒彦
(大阪医大)
炎症性眼疾患における新規バイオマーカーの創出
-古典的検査からオミックス解析まで-
演者
臼井 嘉彦
(東京医大)
バイオマーカーの視覚化による疾患病態理解と治療法開発への挑戦
 
久冨 智朗
(福岡大・筑紫)
房水バイオマーカーによる緑内障眼圧上昇機序の解明と新規治療法の開発
 
本庄 恵
(東京大)

シンポジウム

シンポジウム 14月16日(木)9:00~10:30

網膜画像診断の未来とその功績
オーガナイザー
飯田 知弘
(女子医大)
 
柳  靖雄
(旭川医大)
True color wide viewing system検眼鏡とUltra-high resolution SD-OCTによる眼底観察
演者
松井 良諭
(三重大)
眼底イメージングからはじめる糖尿病網膜症研究
 
村上 智昭
(京都大)
OCTAで動脈と静脈に注目する
 
石羽澤 明弘
(旭川医大)
超広角OCTから見えてくるもの
 
丸子 一朗
(女子医大)
脈絡膜画像解析から見えてくるもの
 
園田 祥三
(鹿児島大)

シンポジウム 24月16日(木)10:40~12:10

網膜疾患におけるAIと臨床医のクロストーク
オーガナイザー
坂本 泰二
(鹿児島大)
 
辻川 明孝
(京都大)
眼底読影・診断・診療アシスト(読影、治療方針の提案など)
演者
髙橋 秀徳
(自治医大)
眼科画像検査へのAIの活用
 
園田 祥三
(鹿児島大)
黄斑疾患病状モニタリングと予後予測
 
安川 力
(名古屋市大)
ICT機器とAI機能を用いた新しいビジョンケアの可能性
 
三宅 琢
(東京医大)
医用人工知能による新たな臨床的知見の創出
 
三宅 正裕
(京都大)
AIによる手術画像適正化
 
門之園 一明
(横浜市大・視覚再生外科)

シンポジウム 34月16日(木)13:45~15:15

眼に関する幹細胞と治療への応用
オーガナイザー
髙橋 政代
(理化学研究所)
 
瓶井 資弘
(愛知医大)
ヒトiPS細胞由来の網膜神経節細胞を用いた視神経疾患の病態解明と治療の研究
演者
東  範行
(国立成育医療研究センター)
iPS細胞由来網膜シートを用いた網膜色素変性の治療開発と臨床研究計画
 
万代 道子
(理化学研究所)
網膜血管内皮幹細胞の探索と幹細胞を用いた治療の可能性
 
﨑元 晋
(大阪大)
体性幹細胞を用いた角膜内皮再生医療の開発
 
小泉 範子
(同志社大)

シンポジウム 44月16日(木)15:25~16:55

感覚器研究の未来-感覚機能から全身機能へ
オーガナイザー
西田 幸二
(大阪大)
 
飯田 知弘
(女子医大)
導入:感覚研究の未来
演者
西田 幸二
(大阪大)
特別発言
 
冨岡 勉
(衆議院議員)
自閉症関連遺伝子の網膜と視覚における機能
 
古川 貴久
(大阪大・蛋白研)
嗅覚の分子機構と脳・全身機能との連関
 
東原 和成
(東京大・応用生命化学)
次世代の医療に資する内耳の異分野融合研究
 
日比野 浩
(新潟大・分子生理学)
視覚と認知機能、全身への影響
 
緒方 奈保子
(奈良県医大)

シンポジウム 54月16日(木)9:00~10:30

角膜移植の温故知新
オーガナイザー
島﨑 潤
(東京歯大・市川)
 
堀  裕一
(東邦大・大森)
我が国の全層角膜移植の歴史と未来の角膜移植
演者
木下 茂
(京都府医大)
表層・深層層状角膜移植
 
榛村 重人
(慶應大)
角膜上皮移植の温故知新
 
島﨑 潤
(東京歯大・市川)
角膜内皮移植
 
小林 顕
(金沢大)

シンポジウム 64月16日(木)10:40~12:10

斜視-新しい病態評価と検査法
オーガナイザー
森本 壮
(大阪大)
 
木村 亜紀子
(兵庫医大)
前眼部OCTを用いた外眼筋形状解析
演者
濵﨑 一郎
(岡山大)
QOLからみた小児間欠性外斜視の評価
 
彦谷 明子
(浜松医大)
頭位異常に対する眼鏡型ウェアラブルデバイスを用いた定量解析
 
大北 陽一
(兵庫医大)
両眼波面センサーを用いた輻輳、調節、瞳孔反応の動的変化の解析
 
森本 壮
(大阪大)
MRIによる斜視の脳内ネットワーク評価
 
吉田 正樹
(東急病院)

シンポジウム 74月16日(木)13:45~15:15

QOVを考えた術前術後検査
オーガナイザー
石田 恭子
(東邦大・大橋)
 
永田 万由美
(獨協医大)
QOVを考慮した角膜移植のための術前術後検査
演者
妹尾 正
(獨協医大)
屈折矯正白内障手術における検査とQOV
 
佐々木 洋
(金沢医大)
Ophthalmic examinations for glaucoma surgery-related QOV
 
中村 誠
(神戸大)
網膜硝子体疾患治療におけるQOVの変化
 
大島 裕司
(済生会福岡総合病院)

シンポジウム 84月16日(木)15:25~16:55

細胞レベルで考える緑内障病態
オーガナイザー
稲谷 大
(福井大)
 
井上 俊洋
(熊本大)
炎症細胞から考える緑内障治療
演者
小島 祥
(熊本大)
ヒトiPS細胞由来立体網膜組織を用いた緑内障関連神経障害の検討
 
小林 航
(東北大)
線維柱帯細胞による房水流出抵抗の制御
 
本庄 恵
(東京大)
濾過手術モデル眼を用いた結膜組織および線維芽細胞の検討
 
小嶌 祥太
(大阪医大)

シンポジウム 94月16日(木)10:40~12:10

臨床に即した眼病理の基本と病理学の未来
オーガナイザー
平形 明人
(杏林大)
 
小幡 博人
(埼玉医大・医療センター)
外眼部病変の病理
演者
吉川 洋
(九州大)
眼付属器リンパ増殖性疾患の臨床病理
 
大島 浩一
(岡山医療センター)
臨床に即した眼底疾患の病理
 
髙橋 寛二
(関西医大)
AIが切り開く未来の病理学
 
黒田 雅彦
(東京医大・分子病理)

シンポジウム 104月16日(木)9:00~10:30

基礎研究セミナー 他分野の基礎研究から学ぶ最先端研究
オーガナイザー
中澤 徹
(東北大)
 
池田 康博
(宮崎大)
ロボットと人工知能で拓くライフサイエンスの未来
演者
夏目 徹
(産業技術総合研究所)
高齢者が元気になるモビリティ社会を目指した産学官連携
 
青木 宏文
(名古屋大学未来社会創造機構)
創薬研究のトレンドとオープンイノベーションの重要性
 
武田 全弘
(アステラス製薬)

シンポジウム 114月16日(木)13:45~15:15

眼炎症疾患の病態解明へのアプローチ
オーガナイザー
髙瀬 博
(医科歯科大)
 
慶野 博
(杏林大)
ぶどう膜炎病態解明の歴史とこれからの展望
演者
北市 伸義
(北海道医療大)
Diabetic retinopathy in IFN-γ–KO Akita mouse via Th17-cell immune responses
 
竹内 大
(防衛医大)
眼内炎症における酸化リン脂質の細胞障害性とその代謝
 
平岡 美紀
(札幌医大)
iPS細胞を用いた眼炎症性疾患の病態解明と治療への応用
 
杉田 直
(理化学研究所)

シンポジウム 124月17日(金)14:20~15:50

収差を再考する
オーガナイザー
大鹿 哲郎
(筑波大)
 
前田 直之
(湖崎眼科)
収差の概念と測定法 : aberration and aberrometry
演者
前田 直之
(湖崎眼科)
眼内レンズと収差
 
野田 徹
(東京医療センター)
屈折矯正手術と収差
 
稗田 牧
(京都府医大)
角膜疾患・角膜移植の収差
 
山口 剛史
(東京歯大・市川)
近視進行抑制と収差
 
平岡 孝浩
(筑波大)

シンポジウム 134月17日(金)16:00~17:30

眼内レンズを科学する
オーガナイザー
西  起史
(西眼科病院)
 
松島 博之
(獨協医大)
素材とデザインの特性
演者
西  起史
(西眼科病院)
Biocompatibility of an intraocular lens
 
雑賀 司珠也
(和歌山県医大)
眼内レンズの製造方法と長期安定性
 
河合 憲司
(東海大・大磯)
眼内レンズ度数計算式の進歩
 
二宮 欣彦
(行岡病院)
付加価値眼内レンズの進歩
 
ビッセン宮島 弘子
(東京歯大・水道橋)
眼内レンズ混濁
 
松島 博之
(獨協医大)

シンポジウム 144月17日(金)9:05~10:35

構造と機能から解明する眼疾患
オーガナイザー
近藤 峰生
(三重大)
 
大久保 真司
(おおくぼ眼科クリニック/金沢大)
網膜疾患の構造と機能 -静的視野検査を用いた網膜色素変性の視野進行の評価
演者
上野 真治
(名古屋大)
緑内障の構造と機能
 
東出 朋巳
(金沢大)
New insight into structure-function relationships in optic nerve disorders.
 
中村 誠
(神戸大)
脳視覚野の構造と機能からみた遺伝性視神経症および網膜ジストロフィー
 
増田 洋一郎
(東京慈恵医大)

シンポジウム 154月17日(金)14:20~15:50

眼部悪性腫瘍の疫学と治療成績のアップデート
オーガナイザー
高比良 雅之
(金沢大)
 
加瀬 諭
(北海道大)
眼瞼脂腺癌の疫学と治療成績
演者
高比良 雅之
(金沢大)
眼付属器悪性リンパ腫
 
辻  英貴
(がん研有明病院)
眼内リンパ腫の疫学と治療成績
 
加瀬 諭
(北海道大)
ぶどう膜悪性黒色腫の疫学と治療成績; J-COTS初年度登録情報から
 
古田 実
(福島県医大)
網膜芽細胞腫の疫学と治療成績のアップデート
 
鈴木 茂伸
(国立がん研究センター)

シンポジウム 164月17日(金)16:00~17:30

視覚障がい者スポーツ
オーガナイザー
加藤 聡
(東京大)
 
久米川 浩一
(神奈川リハビリテーション病院)
パラリンピック競技について
演者
林  知茂
(おおたけ眼科/東京医大)
パラリンピック競技以外のスポーツについて
 
横田 聡
(神戸市立神戸アイセンター病院)
障がい者スポーツとの関わり方
 
鈴木 重成
(獨協医大)
眼科医として知っておきたい医学的診断書(MDF)
 
清水 朋美
(国立リハビリテーション病院)

シンポジウム 174月18日(土)8:50~9:50

AI 時代をどう生きるか
オーガナイザー
大鹿 哲郎
(筑波大)
 
髙橋 秀徳
(自治医大)
計算機が自然化する社会の中でどう生きるか
演者
落合 陽一
(筑波大)
日本における眼科AI・ビッグデータの現状
 
柏木 賢治
(山梨大)

シンポジウム 184月18日(土)16:35~18:05

温故知新 歴史から学ぶ眼科の未来
オーガナイザー
後藤 浩
(東京医大)
日本における眼科の歴史
演者
谷原 秀信
(熊本大)
白内障手術の歴史
 
江口 秀一郎
(江口眼科病院)
緑内障手術の歴史
 
白土 城照
(四谷しらと眼科)
眼科医療機器の歴史と変遷
 
園田 真也
(園田病院)

シンポジウム 194月18日(土)16:35~18:05

2020年診療報酬改定の総括
オーガナイザー
堀  裕一
(東邦大・大森/日本眼科学会)
 
野中 隆久
(あかしな野中眼科/日本眼科医会)
令和2年度診療報酬改定について
演者
森光 敬子
(厚生労働省保険局医療課)
2020年診療報酬改定について
 
松本 吉郎
(日本医師会常任理事【医療保険担当】)
老視矯正(多焦点)眼内レンズを用いた水晶体再建術
 
大鹿 哲郎
(筑波大)
2020年度診療報酬改定と眼科診療
 
堀  裕一
(東邦大・大森)

シンポジウム 204月19日(日)9:00~10:30

医療の最先端
オーガナイザー
相原 一
(東京大)
 
坪田 一男
(慶應大)
体表バリアの恒常性を守る仕組みと疾患
演者
久保 亮治
(慶應大・皮膚科)
幹細胞医学を応用した最先端の医療:感音難聴への挑戦
 
藤岡 正人
(慶應大・耳鼻科)
嗅覚のヒト脳機能イメージング:自閉症者の嗅覚特性評価の試み
 
岡本 雅子
(東京大・農学部)
微細手術用ロボットの開発
 
中冨 浩文
(東京大・脳神経外科)

シンポジウム 214月19日(日)10:40~12:10

2020年に考える日本医療のグランドデザインと眼科
オーガナイザー
平塚 義宗
(順天大)
 
長屋 祥子
(長屋眼科)
日本の医療の未来
演者
今村 聡
(日本医師会)
これからの日本の眼科医療を考える
 
山本 修一
(千葉大)
これからの日本における眼科診療のリアルワールド
 
柏木 賢治
(山梨大)
(2020 年に考える)眼科医療の社会的価値と期待される果実
 
細谷 辰之
(日医総研)

The International Crosstalk Symposium by Young Ophthalmologists4月18日(土)16:35~18:05

座長
中村 誠
(神戸大)
 
松本 長太
(近畿大)
Comparison of retinal vascular geometry in obese and non-obese children
演者
Evelyn Li Min Tai
(Universiti Sains Malaysia)
OCT-Angiography Compared With OCT Macular Measurements for Detection of Glaucoma
 
Kelvin Wan
(The Chinese Univ of Hong Kong)
Seasonal hyperacute panuveitis (SHAPU), a mysterious blinding disease of Nepal
 
Ranju Kharel (Sitaula)
(Tribhuvan Univ, Nepal)
Fundus photography, OCT, and FFA to diagnose Polypoidal Choroidal Vasculopathy
 
Voraporn Chaikitmongkol
(Chiang Mai University, Thailand)
The Impact of GJA8 SNPs on Susceptibility to Age-Related Cataract
 
Xiaoning Yu
(Zhejiang Univ, China)
Pharmacogenetic analysis of anti-VEGF therapy for AMD
 
秋山 雅人
(九州大)
Large-Scale Crowdsourced Research Using iPhone Application DryEyeRhythm
 
猪俣 武範
(順天大)
Neural retina-specific Aldh1a1 controls dorsal choroidal vascular development
 
後藤 聡
(大阪大)
Novel classification of systemic hypertensive change on OCTA of Choriocapillaris
 
高山 圭
(防衛医大)
Reduction of lipid accumulation rescues Bietti crystalline dystrophy phenotypes
 
畑  匡侑
(モントリオール大)

International Symposium

International Symposium 14月17日(金)9:05~10:05

The latest advancement in treating retinal diseases
ディレクター
本田 茂
(大阪市大)
オーガナイザー
五味 文
(兵庫医大)
 
本田 茂
(大阪市大)
Development of new neuroprotective treatments for retinal diseases
演者
池田 華子
(京都大)
Advances in the diagnosis and management of polypoidal choroidal vasculopathy
 
Colin S. Tan
(Tan Tock Seng Hospital, Singapore)
Selective Retina Therapy for various retinal diseases.
 
山本 学
(大阪市大)
Episcleral Brachytherapy for Anti-VEGF Resistant Neovascular AMD
 
Gregg T. Kokame
(University of Hawaii School of Medicine)

International Symposium 24月17日(金)10:15~11:45

Advances in diagnosis and therapies in anterior segment and nasolacrimal duct diseases
ディレクター
相馬 剛至
(大阪大)
オーガナイザー
鈴木 亨
(鈴木眼科クリニック)
 
小林 顕
(金沢大)
Holistic Approaches for tearing problems by lacrimal specialist
演者
Nattawut Wanumkarng
(Bumrungrad International Hospital, Thailand)
Optimizing Clinical Outcomes in TELDR
 
Reynaldo Manansala Javate
(University of Santo Tomas Hospital, Philippines)
Mobile health and Dry Eye Disease for Personalized Medicine
 
猪俣 武範
(順天大)
Rebuilding and regenerating corneal layers: Advances and hurdles
 
Dipika Patel
(University of Auckland, New Zealand)
Descemet Membrane Endothelial Keratoplasty in complicated conditions
 
Efdal Yoeruek
(University of Tuebingen, Germany)

International Symposium 34月17日(金)14:20~15:20

Hot topics in ocular infectious/inflammatory diseases in Asia
ディレクター
蕪城 俊克
(自治医大・さいたま医療センター)
オーガナイザー
岡田アナベル あやめ
(杏林大)
 
南場 研一
(北海道大)
Application of biopic eye and artifical Intelligence in the real-world service in retina and uveitis in Taiwan
演者
Yih-Shiou Hwang
(Chang Gung Univ, Taiwan)
Guidelines for diagnosis of vitreoretinal lymphoma
 
Soon Phaik Chee
(Singapore Nat Eye Ctr)
Epidemiology of Uveitis in Japan: A Retrospective Multi-Center Survey
 
長谷川 英一
(九州大)
Current status of microbiome analysis in ophthalmology
 
江口 洋
(近畿大)

International Symposium 44月17日(金)16:00~17:30

Challenging diagnosis of intraocular tumors:
Current advantage of multimodal imaging
ディレクター
加瀬 諭
(北海道大)
オーガナイザー
古田 実
(福島県医大)
 
Carol L. Shields
(Wills Eye Hospital)
Multimodal imaging of choroid nevus, melanoma, metastasis, retinoblastoma, and simulators
演者
Carol L. Shields
(Wills Eye Hospital)
Mystery cases from Philadelphia
 
Jerry A. Shields
(Wills Eye Hospital)
Challenging diagnosis: Tumors in children
 
Duangnate Rojanaporn
(Ramathibodi Hosp, Mahidol Univ)
Mystery case in a 6-year-old boy
 
加瀬 諭
(北海道大)
Mystery case 2
 
古田 実
(福島県医大)
両側眼内腫瘍の9歳女児
 
鈴木 茂伸
(国立がん研究センター)

教育セミナー

教育セミナー 14月16日(木)9:00~10:30

眼瞼痙攣の診断・治療・病態生理
オーガナイザー
石川 均
(北里大)
 
奥  英弘
(大阪医大)
眼瞼痙攣の診断
演者
木村 亜紀子
(兵庫医大)
わかりにくい眼瞼痙攣症例
 
山上 明子
(井上眼科病院)
眼瞼痙攣の治療法
 
後関 利明
(北里大)
機能画像からみた眼瞼痙攣の病態生理
 
鈴木 幸久
(三島総合病院)

教育セミナー 24月16日(木)13:45~15:15

網膜に起因する症状と視覚生理
オーガナイザー
篠田 啓
(埼玉医大)
 
上野 真治
(名古屋大)
網膜疾患と視力低下
演者
堀口 正之
(藤田医大)
夜盲をきたす疾患とそのマネージメント
 
藤波 芳
(東京医療センター)
羞明をきたす疾患とその病態
 
上野 真治
(名古屋大)
光視症をきたす疾患とその病態
 
齋藤 航
(回明堂眼科・歯科)
変視,不等像視と視覚生理
 
岡本 史樹
(筑波大)

教育セミナー 34月16日(木)15:25~16:55

改めて学ぶ視機能検査法 ~多角的に評価するために~
オーガナイザー
不二門 尚
(大阪大)
 
神谷 和孝
(北里大)
屈折と視力検査
演者
川守田 拓志
(北里大)
収差と散乱
 
高  静花
(大阪大)
コントラスト感度
 
平岡 孝浩
(筑波大)
実用視力
 
根岸 一乃
(慶應大)
グレアと全距離視力検査
 
二宮 さゆり
(伊丹中央眼科)

教育セミナー 44月16日(木)15:25~16:55

眼科手術に役立つ解剖学
オーガナイザー
三田村 佳典
(徳島大)
 
高橋 靖弘
(愛知医大)
臨床に役立つ角結膜の解剖
演者
小幡 博人
(埼玉医大・医療センター)
白内障手術に役立つ水晶体とその周辺組織の解剖学
 
永本 敏之
(永本アイクリニック)
緑内障手術に必要な隅角・毛様体の解剖
 
谷戸 正樹
(島根大)
手術に役立つ網膜・脈絡膜の解剖
 
馬場 隆之
(千葉大)
上下眼瞼の解剖
 
高橋 靖弘
(愛知医大)

教育セミナー 54月17日(金)9:05~10:35

眼感染症、眼炎症診療の過去、現在、未来
オーガナイザー
井上 幸次
(鳥取大)
 
川島 秀俊
(自治医大)
細菌性眼感染症の診断と治療
演者
鈴木 崇
(東邦大・大森)
アデノウイルス結膜炎診断の歴史
 
内尾 英一
(福岡大)
PCRを用いた眼炎症性疾患の診断とその変遷
 
髙瀬 博
(医科歯科大)
動物モデルを用いたぶどう膜炎の病態理解と新規治療戦略へのアプローチ
 
慶野 博
(杏林大)

教育セミナー 64月17日(金)9:05~10:35

難症例白内障手術対策アップデート
オーガナイザー
西村 栄一
(昭和大・藤が丘)
 
鈴木 久晴
(善行すずき眼科)
角膜混濁眼に対する白内障手術
演者
後藤 憲仁
(戸田ごとう眼科/獨協医大)
角膜内皮細胞減少例に対する白内障手術
 
飯田 嘉彦
(北里大)
白内障手術における小瞳孔の術中対処法
 
鈴木 久晴
(善行すずき眼科)
チン小帯脆弱・断裂例の手術戦略
 
西村 栄一
(昭和大・藤が丘)

教育セミナー 74月17日(金)14:20~15:50

眼科医必携!子どもの目の管理と対処法
オーガナイザー
柏井 真理子
(柏井眼科医院)
 
仁科 幸子
(国立成育医療研究センター)
乳幼児健診~小児科との連携
演者
仁科 幸子
(国立成育医療研究センター)
3歳児健診~弱視斜視の精査
 
佐藤 美保
(浜松医大)
障害児の眼科診療・頻度の高い疾患への対処
 
富田 香
(平和眼科)
学童近視の進行予防治療
 
大野 京子
(医科歯科大)

教育セミナー 84月17日(金)16:00~17:30

糖尿病黄斑症に対する治療戦略
オーガナイザー
小椋 祐一郎
(名古屋市大)
 
志村 雅彦
(東京医大・八王子)
糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF療法
演者
村上 智昭
(京都大)
糖尿病黄斑浮腫に対するステロイド治療
 
平野 隆雄
(信州大)
糖尿病黄斑症に対する網膜光凝固の位置付け
 
山本 学
(大阪市大)
病態を意識した計画的な併用療法
 
高村 佳弘
(福井大)

教育セミナー 94月18日(土)16:35~18:05

専門医志向者トレーニングコース
オーガナイザー
岡田アナベル あやめ
(杏林大)
 
秋山 英雄
(群馬大)
斜視における所見の取り方と診断
演者
根岸 貴志
(順天大)
角結膜疾患における所見の取り方
 
外園 千恵
(京都府医大)
網膜疾患における所見の取り方と診断
 
池田 恒彦
(大阪医大)
ぶどう膜炎における所見の取り方と診断
 
竹内 大
(防衛医大)

教育セミナー 104月18日(土)16:35~18:05

OCTでここまでわかる緑内障
オーガナイザー
久保田 敏昭
(大分大)
 
三木 篤也
(大阪大)
OCTを用いた緑内障疫学研究
演者
藤原 康太
(九州大)
視神経乳頭のOCT所見
 
澤田 有
(秋田大)
緑内障診療におけるOCTAの活用
 
赤木 忠道
(京都大)
緑内障診療における前眼部OCTの活用
 
栗本 康夫
(神戸アイセンター)
OCTでみる緑内障術後
 
井上 俊洋
(熊本大)

サブスペシャリティサンデー

サブスペシャリティサンデー 14月19日(日)9:00~10:00

視神経疾患と間違えやすい眼病変
ディレクター
石川 均
(北里大)
 
中野 匡
(東京慈恵医大)
モデレーター
毛塚 剛司
(毛塚眼科医院/東京医大)
 
市邉 義章
(神奈川歯科大)
視神経疾患と間違えやすい眼病変:ぶどう膜炎編―前眼部炎症の有無にとらわれるなー
演者
毛塚 剛司
(毛塚眼科医院/東京医大)
視神経疾患に似た眼底疾患
 
市邉 義章
(神奈川歯科大)
緑内障と視神経疾患
 
坂本 麻里
(神戸大)
頭蓋内疾患編
 
中澤 祐則
(鹿児島大)

サブスペシャリティサンデー 24月19日(日)10:10~11:10

最新の緑内障診断
ディレクター
石川 均
(北里大)
 
中野 匡
(東京慈恵医大)
モデレーター
大久保 真司
(おおくぼ眼科クリニック/金沢大)
 
中野 匡
(東京慈恵医大)
眼圧測定
演者
木内 良明
(広島大)
前眼部
 
中元 兼二
(日本医大)
OCT・OCTA
 
赤木 忠道
(京都大)
視野(機能と構造変化の整合性)
 
小川 俊平
(東京慈恵医大)

サブスペシャリティサンデー 34月19日(日)11:20~12:20

各種緑内障治療の適応
ディレクター
石川 均
(北里大)
 
中野 匡
(東京慈恵医大)
モデレーター
谷戸 正樹
(島根大)
 
井上 俊洋
(熊本大)
緑内障治療における薬物治療
演者
髙橋 枝里
(熊本大)
低侵襲緑内障手術
 
芝 大介
(慶應大)
線維柱帯切除術と緑内障ロングチューブ手術
 
本田 理峰
(順天大)
毛様体凝固術の特性と適応
 
髙井 保幸
(島根大)

サブスペシャリティサンデー 44月19日(日)9:00~10:00

手術による眼表面の環境整備
ディレクター
山田 昌和
(杏林大)
 
臼井 智彦
(国際医療福祉大)
モデレーター
近間 泰一郎
(広島大)
 
山田 昌和
(杏林大)
翼状片
演者
子島 良平
(宮田眼科病院)
結膜弛緩症(メニスカスの再建,消炎)
 
難波 広幸
(山形大)
涙道手術
 
鎌尾 知行
(愛媛大)
オキュラーサーフェスを考慮した眼瞼手術
 
末岡 健太郎
(広島大)

サブスペシャリティサンデー 54月19日(日)10:10~11:10

角膜疾患 典型例と非典型例
ディレクター
山田 昌和
(杏林大)
 
臼井 智彦
(国際医療福祉大)
モデレーター
山上 聡
(日本大・板橋)
 
臼井 智彦
(国際医療福祉大)
ドライアイ
演者
高  静花
(大阪大)
感染性角膜炎における典型例と非典型例
 
鈴木 崇
(東邦大・大森)
非感染性角膜炎
 
小幡 博人
(埼玉医大・医療センター)

サブスペシャリティサンデー 64月19日(日)11:20~12:20

多焦点眼内レンズを再考する
ディレクター
山田 昌和
(杏林大)
 
臼井 智彦
(国際医療福祉大)
モデレーター
原  祐子
(愛媛大)
 
井上 康
(井上眼科)
国内で承認されている多焦点眼内レンズ
演者
藤田 善史
(藤田眼科)
海外で使用されている多焦点眼内レンズ
 
荒井 宏幸
(みなとみらいアイクリニック)
保険診療で使用できる低加入度数分節眼内レンズ
 
稲村 幹夫
(稲村眼科クリニック)
多焦点レンズの光と影(問題点)
 
三好 輝行
(三好眼科)
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の今後
 
大鹿 哲郎
(筑波大)

サブスペシャリティサンデー 74月19日(日)9:00~10:00

Medical Retina領域の最近の進歩
ディレクター
門之園 一明
(横浜市大・視覚再生外科)
 
石田 晋
(北海道大)
モデレーター
篠田 啓
(埼玉医大)
 
山城 健児
(大津赤十字病院)
網膜血管の形状解析
演者
野田 航介
(北海道大)
パキコロイド疾患の本質について考える
 
三宅 正裕
(京都大)
抗VEGF療法の最新アップデート
 
柳  靖雄
(旭川医大)
遺伝性網膜疾患と遺伝子治療
 
藤波 芳
(東京医療センター)

サブスペシャリティサンデー 84月19日(日)10:10~11:10

内科的治療に支援される硝子体手術
ディレクター
門之園 一明
(横浜市大・視覚再生外科)
 
石田 晋
(北海道大)
モデレーター
本田 茂
(大阪市大)
 
吉田 茂生
(久留米大)
内科的治療に支援される硝子体手術 ~糖尿病黄斑浮腫~
演者
國方 彦志
(東北大)
黄斑下血腫
 
森實 祐基
(岡山大)
ぶどう膜炎
 
臼井 嘉彦
(東京医大)
術後眼内炎の予防と治療
 
中静 裕之
(日本大)

サブスペシャリティサンデー 94月19日(日)11:20~12:20

眼炎症疾患の最近の進歩
ディレクター
門之園 一明
(横浜市大・視覚再生外科)
 
石田 晋
(北海道大)
モデレーター
岡田アナベル あやめ
(杏林大)
 
南場 研一
(北海道大)
画像診断の進歩
演者
岩田 大樹
(北海道大)
眼炎症疾患の臨床検査診断の進歩について(PCR検査、病理学的診断など)
 
武田 篤信
(九州医療センター)
局所治療の進歩
 
丸山 和一
(大阪大)
全身治療の進歩
 
蕪城 俊克
(自治医大・さいたま医療センター)

サブスペシャリティサンデー 104月19日(日)9:00~10:00

ここまでできる眼腫瘍診療のポイント
ディレクター
東  範行
(国立成育医療研究センター)
 
古田 実
(福島県医大)
モデレーター
小幡 博人
(埼玉医大・医療センター)
 
加瀬 諭
(北海道大)
眼瞼腫瘍性疾患
演者
渡辺 彰英
(京都府医大)
見逃してはならない眼内腫瘍性疾患 -特にメラノーマについて-
 
田邉 美香
(九州大)
眼窩腫瘍診療のポイント~症状から診断に到るまで~
 
大湊 絢
(新潟大)
小児腫瘍性疾患
 
鈴木 茂伸
(国立がん研究センター)

サブスペシャリティサンデー 114月19日(日)10:10~11:10

もう一度、患者をみて診断しよう
ディレクター
東  範行
(国立成育医療研究センター)
 
古田 実
(福島県医大)
モデレーター
木村 亜紀子
(兵庫医大)
 
仁科 幸子
(国立成育医療研究センター)
小児の眼位をみる-視力や立体視獲得のために
演者
根岸 貴志
(順天大)
発達障害児の視機能を理解する
 
松下 賢治
(大阪大)
気のせいではない“上下回旋斜視”、加齢性斜視の存在
 
岡本 真奈
(兵庫医大)
ガン死社会における視路疾患
 
中村 誠
(神戸大)

サブスペシャリティサンデー 124月19日(日)11:20~12:20

よく遭遇する小児眼疾患の管理
ディレクター
東  範行
(国立成育医療研究センター)
 
古田 実
(福島県医大)
モデレーター
木内 良明
(広島大)
 
黒坂 大次郎
(岩手医大)
小児の眼瞼疾患
演者
野田 実香
(慶應大)
結膜充血、眼脂(感染、炎症)、角結膜疾患
 
外園 千恵
(京都府医大)
心因性視覚障害
 
村木 早苗
(むらき眼科)
屈折異常の検査と治療
 
長谷部 聡
(川崎医大)

スキルトランスファー

スキルトランスファー 14月16日(木)10:40~12:10

眼科基礎研究スキルトランスファー 
~対象疾患に応じた基本戦術とスキルを身につけよう~
オーガナイザー
中村 誠
(神戸大)
 
池田 康博
(宮崎大)
眼腫瘍疾患の基礎研究:眼病理学の面白さ
演者
加瀬 諭
(北海道大)
角膜疾患基礎研究の進め方:臨床応用を目指した角膜内皮細胞をターゲットとした基礎研究
 
奥村 直毅
(同志社大)
網膜基礎研究の進め方:遺伝子改変マウスを用いた病態解析
 
臼井 嘉彦
(東京医大)
ゲノム解析:遺伝性疾患からcommon diseaseまで
 
秋山 雅人
(九州大)

スキルトランスファー 24月19日(日)9:00~10:30

すぐにできる検影法-レチノスコピ-基本習得コ-ス-
オーガナイザー
不二門 尚
(大阪大)
 
内海 隆
(内海眼科医院)
演者
不二門 尚
(大阪大)
 
菅澤 淳
(大阪医大)
 
杉山 能子
(金沢大)
 
築留 英之
(三重大)
 
野村 耕治
(兵庫県立こども病院)
 
稗田 牧
(京都府医大)
 
村木 早苗
(むらき眼科)
 
森本 壮
(大阪大)

市民公開講座4月19日(日)13:30~15:30

目の病気で失明しないために
司会
福下 公子
(公益社団法人 東京都眼科医会)
加齢黄斑変性と診断されたら
演者
大路 正人
(滋賀医大)
緑内障と診断されたら
 
中澤 徹
(東北大)

ページトップへ戻る