第59回日本視能矯正学会 Annual Meeting of the Japan Orthoptic Congress

会 期 2018年1110日(土)・11日(日)
会 場 パシフィコ横浜

プログラム

 特別講演11月10日(土)10:40~11:40 第1会場

座長:
内海  通(総合新川橋病院)
大沼  学(総合新川橋病院)

「眼科医療従事者が看破する全身の病気」

演者:
後藤  浩(東京医大)

 教育講演11月11日(日)10:30~11:20 第1会場

座長:
南雲  幹(日本視能訓練士協会会長)

「色覚検査と対応の実際」

演者:
中村かおる(女子医大)

 シンポジウム I11月10日(土)15:20~16:20 第1会場

OCTアンギオグラフィーで変わる眼底疾患診療

オーガナイザー:
石龍 鉄樹(福島県立医大)

「眼底疾患診療におけるOCTA活用法」

演者:
菅野 幸紀(福島県立医大)

「検者の立場で考えるOCTを用いた血流評価」

演者:
藤原 篤之(岡山大学病院)

「実臨床におけるOCTA撮影の工夫」

演者:
鹿間 智子(女子医大)

 シンポジウム II11月11日(日)14:30~15:30 第1会場

両眼視機能における近見反応の役割

オーガナイザー:
新井田孝裕(国際医療福祉大・視機能療法)
大沼  学(総合新川橋病院)

「近見反応障害からみた斜視発生メカニズムの考察」

演者:
原  直人(国際医療福祉大・視機能療法)

「Cliff Schorの調節と輻湊の制御モデルと眼科診療」

演者:
長谷部 聡(川崎医大・総合医療センター)

「近見反応測定装置「両眼波面センサー」を用いた斜視の機能評価」

演者:
神田 寛行(大阪大・大学院 感覚機能形成学)

 ランチョンセミナー I11月10日(土)12:00~13:00 第1会場

最新の多焦点眼内レンズ -検査から臨床まで-

座長:
大沼  学(総合新川橋病院)

「プレミアム眼内レンズを成功に導く検査のコツ 」

演者:
玉置 明野(JCHO中京病院)

「多焦点眼内レンズの種類と実際」

演者:
安藤 祐子(総合新川橋病院)
共催:
エイエムオー・ジャパン株式会社

 ランチョンセミナー II11月11日(日)12:00~13:00 第1会場

視能訓練士のためのコンタクトレンズ講座

座長:
所   敬(医科歯科大)

「コンタクトレンズの基礎知識とスマホ社会にもとめられる快適処方 」

演者:
久保田泰隆(くぼた眼科)

「快適処方に導く患者指導とコミュニケーションの秘訣」

演者:
鈴木  崇(いしづち眼科)
共催:
日本アルコン株式会社

 ランチョンセミナー III11月11日(日)12:00~13:00 第2会場

アイモって実際どうなの? 眼検診にも使えるってホント?

座長:
猪狩栄利子(総合新川橋病院)

「眼疾患スクリーニングを目的としたimo® の新しいプログラム~早期発見の重要性~ 」

演者:
奥出 祥代(慈恵医大)

「ヘッドマウント型視野計imo® の使用経験」

演者:
松井 孝子(秋田大)
共催:
株式会社クリュートメディカルシステムズ

 モーニングセミナー11月11日(日)7:45 ~ 8:45 第1会場

めざましセミナー! 進化するコンタクトレンズ処方 ~シード 1dayPure うるおいプラスFlex の可能性~

座長:
大沼  学(総合新川橋病院)

「はじめて処方する低加入度数コンタクトレンズ」

演者:
松澤亜紀子(川崎市立多摩病院眼科/聖マリ医大)

「低加入度数遠近両用ソフトコンタクトレンズの臨床と応用」

演者:
塩谷  浩(しおや眼科)
共催:
株式会社シード

 第9回生涯教育セミナー11月10日(土)17:20~18:20 第1会場

座長:
瀬戸 寛子(九州大)

「視覚障害による身体障害者福祉法の施行規則の改定について」

演者:
加藤  聡(東京大)

 第2回認定視能訓練士セミナー11月11日(日)7:45~8:45 第2会場

座長:
松井 孝子(秋田大)

「緑内障診療アップデート ー OCTAからMIGSまで ー」

演者:
新田 耕治(福井県済生会病院)

「第9回 生涯教育セミナー」 および 「第2回 認定視能訓練士セミナー」のご参加につきまして、
詳細はこちらをご確認ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

リンクバナー