主 催
東京女子医科大学 眼科学教室 〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部内
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル7階
FAX: 06-4964-8804
E-mail: 60moumaku@jtbcom.co.jp
※新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、運営事務局はテレワークを実施しております。
原則E-mailでお問合せいただきますようご協力をお願いいたします。

ご挨拶

飯田知弘
第60回日本網膜硝子体学会総会
会長 飯田 知弘
(東京女子医科大学 眼科学教室)

 この度、2021年12月3日(金)~5日(日)の3日間、第60回日本網膜硝子体学会総会を東京国際フォーラムで開催させていただくことになりました。会員の皆様、役員の皆様をはじめ関係各位の方々に厚く御礼を申し上げます。
 今回の総会は、1963年に開催された網膜剥離研究会から数えて60回目にあたります。この間に、わが国の網膜硝子体研究者が世界の眼科研究と医療に多大な貢献をされてきたことは皆様ご存じの通りです。第60回の記念企画として、網膜硝子体研究/診療の発展に多大な功績を残され、今もさまざまなお立場でご活躍されている先生方に、これまでのお仕事やその背景、次世代に伝えたい事などをお話ししていただく『レジェンドからのメッセージ』を企画いたしました。
 シンポジウムは最先端の話題を討議する絶好の場です。シンポジウム1『黄斑疾患の病態に迫る』では、現在の学会をリードしている先生方に黄斑疾患の病態について熱く語っていただきます。シンポジウム2『Revolutionary Retinal Research』は、網膜硝子体研究/診療に変革をもたらす最先端の研究を若手研究者の先生方にご講演いただきます。教育講演も『網膜硝子体疾患の診断』と『網膜硝子体疾患の手術治療』の2つを準備しています。
 これまでの歴史・伝統を継承し、その上に今後の網膜硝子体研究の発展に寄与する学会を目指しています。2020年は新型コロナ感染症拡大により現地開催がかなわなかった学会が多くありました。今年12月には、活発な討論と交流の場として皆様にとって有意義な総会になるように鋭意準備を進めて参ります。
 多数の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

ページトップへ戻る