ポスターを見る 市民公開講座

プログラム

日程表

プログラム

特別演題プログラム

会頭講演漢方を活かした新たな医療体系の構築
8月14日(土)11:20~12:10WEB会場①

座長
伊藤 隆
(証クリニック)
演者
三潴 忠道
(福島県立医科大学会津医療センター漢方医学講座)

招待講演新型コロナウイルス(COVID-19)の現状と課題
8月15日(日)11:10~12:10WEB会場①

座長
中村 東一郎
(中村医院)
演者
押谷 仁
(東北大学大学院医学系研究科 病理病態学講座 微生物学分野)

特別講演

特別講演 1東日本大震災時における災害対応経験とその後の取り組み
8月14日(土)10:10~11:10WEB会場①

座長
中永 士師明
(秋田大学大学院医学系研究科医学專攻 救急・集中治療医学講座)
演者
石井 正
(東北大学病院 総合地域医療教育支援部)

特別講演 2医療ビッグデータを用いた漢方臨床研究
8月14日(土)15:10~16:10WEB会場①

座長
三潴 忠道
(福島県立医科大学会津医療センター漢方医学講座)
演者
康永 秀生
(東京大学大学院医学系研究科臨床疫学・経済学)

教育講演

教育講演 1家庭薬メーカーの経営革新
8月14日(土)9:00~10:00WEB会場①

座長
島  仁
(小川内科医院)
演者
藤井 隆太
(株式会社龍角散 代表取締役社長)

教育講演 2『傷寒論』を訓(よ)み続けて五十年ー睦宗先生との出会いから
8月14日(土)14:05~15:05WEB会場②

座長
山田 和男
(東北医科薬科大学病院 精神科)
演者
松岡 榮志
(東京学芸大学教育学部)

日本東洋医学会学術賞受賞講演
抗がん剤による末梢神経障害に対する漢方治療:人参養栄湯の可能性
8月14日(土)14:20~15:05WEB会場①

座長
伊藤 隆
(一般社団法人 日本東洋医学会 会長)
演者
元雄 良治
(医療法人社団愛康会小松ソフィア病院 腫瘍内科)

特別企画

特別企画 1「次世代に継ぐ卒前卒後漢方医学教育」

「次世代に継ぐ卒前卒後漢方医学教育」1
医歯薬看におけるモデル・コア・カリキュラムと漢方教育の立ち位置
8月13日(金)16:00~18:00WEB会場③
座長
喜多 敏明
(辻仲病院柏の葉 漢方未病治療センター)
 
杉山 清
(星薬科大学)
医学教育における漢方教育の展望
演者
蓮沼 直子
(広島大学医学部附属医学教育センター)
歯学部教育における漢方医学の位置づけ
 
柿木 保明
(九州歯科大学名誉教授)
『薬学教育モデル・コアカリキュラム』における漢方教育
 
川添 和義
(昭和大学薬学部天然医薬治療学部門)
看護学教育における漢方教育
-フィジカル・アセスメントに、チーム医療に活かす!
 
塩田 敦子
(香川大学医学部医学科健康科学)
「次世代に継ぐ卒前卒後漢方医学教育」2
漢方共通模擬講義
オンデマンド配信(8月6日(金)~8月20日(金))
座長
佐藤 寿一
(名古屋大学大学院医学系研究科 総合診療医学)
 
伊藤 剛
(北里大学東洋医学総合研究所)
 
石上 友章
(横浜市立大学)
漢方医学教育の基盤カリキュラムおよびシラバスの統一化に向けて
-日本漢方医学教育協議会設立の趣旨と経緯-
演者
松田 隆秀
(聖マリアンナ医科大学 総合診療内科)
漢方医学の歴史
 
矢数 芳英
(東京医科大学病院 麻酔科)
漢方医学の基礎理論
 
新井 信
(東海大学医学部専門診療学系漢方医学)
漢方医学の診察
 
並木 隆雄
(千葉大学医学部附属病院和漢診療科)
代表的な漢方薬の構成と効果、代表的な生薬の効果、副作用
 
髙山 真
(東北大学病院 総合地域医療教育支援部・漢方内科)
漢方の有用性と有効であった臨床例
 
加藤 育民
(旭川医科大学 産婦人科)
鍼灸治療概説
 
小川 恵子
(広島大学病院 総合内科・総合診療科 漢方診療センター)
「次世代に継ぐ卒前卒後漢方医学教育」3
漢方アクティブラーニング
8月14日(土)14:45~17:40WEB会場④【事前申込者限定】
チーム基盤型学習(Team Based Learning:TBL)で学ぶ漢方
チューター
佐藤 浩子
(群馬大学大学院医学系研究科総合医療学)
アクティブラーニングを用いた漢方医学教育 ~クリッカーを使用して~
 
間宮 敬子
(信州大学医学部附属病院)
「次世代に継ぐ卒前卒後漢方医学教育」4
漢方共通テスト解説
8月15日(日)10:10~11:10WEB会場④
座長
網谷 真理恵
(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科地域医療学分野)
演者
飯塚 徳男
(山口総合健診センター)
 
間宮 敬子
(信州大学医学部附属病院)
漢方共通テスト(限定受験・定員制)
テスト受験期間:8月10日(火)〜8月13日(金)
※受験希望の方は、参加登録時にお申込ください。
「次世代に継ぐ卒前卒後漢方医学教育」5
漢方実習
オンデマンド配信(8月13日(金)~8月20日(金))
座長
髙山 真
(東北大学病院・漢方内科)
四診 ~北里大学医学部の東洋医学実習の紹介~
演者
小田口 浩
(北里大学医学部)
昭和大学医学部における湯液煎じ実習
 
砂川 正隆
(昭和大学医学部生理学講座生体制御学部門)
生薬・湯液煎じ実習-生薬を愉しむ-
 
秋葉 秀一郎
(福島県立医科大学会津医療センター)
北里大学東洋医学総合研究所方式による鍼灸実習
 
伊藤 剛
(学校法人北里研究所 北里大学東洋医学総合研究所)
わかりやすい鍼灸実習
 
鈴木 雅雄
(福島県立大学会津医療センター漢方医学講座)
「次世代に継ぐ卒前卒後漢方医学教育」6
漢方OSCE
オンデマンド配信(8月13日(金)~8月20日(金))
模擬患者を用いたシミュレーション試験:漢方OSCEの体験
チューター
網谷 真理恵
(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科地域医療学分野)

特別企画 2 「国産生薬原料シンポジウム」
8月14日(土)15:10~18:10WEB会場③

生薬栽培の過去と未来、医療現場が地域の農業を支える
座長
池上  文雄
(千葉大学 環境健康フィールド科学センター)
 
渡辺 均
(千葉大学 環境健康フィールド科学センター)
生薬国産化に向けた薬用作物産地支援協議会の取組み
演者
小柳 裕和
(薬用作物産地支援協議会事務局)
東北地方における薬用植物栽培の歴史と現状
 
有田 龍太郎
(東北大学病院 漢方内科)
附子の品質と生産の確保に向けたトリカブトの品種育成と栽培への取り組み
 
石﨑 昌洋
(三和生薬株式会社 薬用植物・医薬品開発研究所)
国産トウキの1年栽培品と慣行栽培品
 
佐橋 佳郎
(北里大学東洋医学総合研究所)
地域生薬資源(人参・芍薬)の栽培振興とその利用
~会津医療センターにおける取り組み~
 
三潴 忠道
(福島県立医科大学会津医療センター漢方医学講座)
これからの国産生薬栽培に求められること
~トウキの一年栽培、オタネニンジンの早期育苗技術の開発を通して~
 
渡辺 均
(千葉大学 環境健康フィールド科学センター)

シンポジウム

シンポジウム 1
8月13日(金)16:00~18:00WEB会場①

副作用とその対策~西洋医・漢方医それぞれの立場から~
座長
鈴木 朋子
(埼玉医科大学 総合診療内科)
 
矢数 芳英
(東京医科大学病院 麻酔科)
全国調査からみた腸間膜静脈硬化症
演者
清水 誠治
(大阪鉄道病院 消化器内科)
山梔子投与に伴った腸間膜静脈硬化症の現状と課題
 
渡辺 哲郎
(富山県立中央病院 内科和漢・リウマチ科)
薬剤性肺障害について
 
萩原 弘一
(自治医科大学 内科学講座 呼吸器内科学部門)
漢方薬による薬剤性肺障害の実際
 
鈴木 朋子
(埼玉医科大学 総合診療内科)
甘草による偽アルドステロン症の発症メカニズムの新たな展開
 
牧野 利明
(名古屋市立大学大学院薬学研究科生薬学分野)
漢方医からみた偽アルドステロン症の実状について
 
萬谷 直樹
(ベイサイドクリニック)

シンポジウム 2
8月14日(土)9:00~10:30WEB会場②

経方医学とは何だったのか!?―その受容と活用―
座長
加島 雅之
(熊本赤十字病院)
 
篁  武郎
(北村山公立病院 麻酔科)
京都漢方学術シンポジウムに参加した医師からの江部経方医学について
演者
渡邊 善一郎
(福笑会 富士ニコニコクリニック)
千葉古方から経方医学へ、古典から患者さんを治療する
 
小川 恵子
(広島大学病院 総合内科・総合診療科 漢方診療センター)
経方的腹診における胸方向への圧迫で何がわかるか
 
三浦 民夫
(三浦医院)

シンポジウム 3
8月14日(土)15:10~16:40WEB会場②

お口を通して考えるフレイルと東洋医学
座長
柿木 保明
(九州歯科大学 老年障害者歯科学分野)
 
別部 智司
(神奈川歯科大学 麻酔科)
漢方で対応したオーラルフレイルの症例
演者
小澤 夏生
(小澤歯科醫院)
未病としてのオーラルフレイル・口腔機能低下症と漢方
 
山口 孝二郎
(昭和大学医学部生理学講座生体制御学部門)
内科医から見た高齢者地域包括医療における医科歯科連携と漢方の重要性
 
加藤 士郎
(野木病院内科)

シンポジウム 4
8月14日(土)16:15~18:15WEB会場①

総合診療での漢方の活用と連携
座長
吉永 亮
(飯塚病院東洋医学センター 漢方診療科)
 
樫尾 明彦
(給田ファミリークリニック)
在宅診療における漢方活用の意義について
演者
樫尾 明彦
(給田ファミリークリニック)
飯塚病院における総合診療科と漢方診療科との連携
-総合診療科から漢方診療科へ紹介された症例の特徴-
 
吉永 亮
(飯塚病院東洋医学センター 漢方診療科)
総合病院(入院)での活用
 
山本 修平
(静岡県立静岡がんセンター感染症内科)
大学病院での漢方診療の実態
 
五野 由佳理
(北里大学医学部 総合診療医学)

シンポジウム 5
8月14日(土)16:45~18:15WEB会場②

地域医療における医療連携と鍼灸の実践について
座長
中沢 良平
(一寸法師ハリ治療院)
 
若山 育郎
(関西医療大学保健医療学部)
大学病院における医療連携と鍼灸
演者
蛯子 慶三
(東京女子医科大学附属東洋医学研究所)
医療連携で重要なこと -市中病院における鍼灸の実践から-
 
武田 真輝
(市立砺波総合病院 東洋医学科)
プライマリケアにおける医療連携と鍼灸
 
小西 未来
(池岡鍼灸院)
地域医療における医療と鍼灸院との連携
 
益井 基
(益井東洋治療院)

シンポジウム 6
8月15日(日)9:00~11:00WEB会場②

急性期・重症患者に対する東洋医学
座長
中永 士師明
(秋田大学大学院医学系研究科医学專攻 救急・集中治療医学講座)
 
坪  敏仁
(青森慈恵会病院 漢方内科・麻酔科)
夜間当直に役立つ漢方治療
演者
山岡 傳一郎
(愛媛県立中央病院)
救急ならではの漢方薬使用のエビデンスとその経験
 
入江 康仁
(秋田大学医学部付属病院)
緊急入院初期に役立つ漢方~実践例に基づく8つの私見~
 
丹村 敏則
(JA 愛知厚生連知多厚生病院内科)
心不全に対する漢方治療
 
徳永 健一郎
(熊本赤十字病院 リウマチ科)
重症例の治療を通して、入院での漢方の活用について
 
南澤 潔
(亀田総合病院 東洋医学診療科)

シンポジウム 7
8月15日(日)13:25~15:05WEB会場①

『慢性頭痛の診療ガイドライン』における東洋医学治療の役割と今後の展望
座長
山口 智
(埼玉医科大学 東洋医学科)
 
山田 和男
(東北医科薬科大学病院 精神科)
慢性頭痛の診療ガイドラインの概要と東洋医学関連治療への期待と展望
演者
竹島 多賀夫
(社会医療法人寿会富永病院 脳神経内科・頭痛センター)
慢性頭痛の診療ガイドラインに挙げられている漢方薬
 
五野 由佳理
(北里大学医学部 総合診療医学)
慢性頭痛の診療ガイドラインに基づいた頭痛治療の実際
 
來村 昌紀
(らいむらクリニック)
慢性頭痛の診療ガイドラインで紹介されている鍼灸治療
 
菊池 友和
(埼玉医科大学 東洋医学科)

シンポジウム 8
8月15日(日)15:05~16:45WEB会場①

不眠治療における漢方薬の役割
座長
堀口 淳
(島根大学名誉教授)
 
山田 和男
(東北医科薬科大学病院 精神科)
平成30年度診療報酬改定後の漢方薬を用いた不眠症治療
演者
小曽根 基裕
(久留米大学医学部神経精神医学講座)
アルツハイマー型認知症モデルラットの睡眠障害に対する酸棗仁湯の改善効果
 
岩崎 克典
(福岡大学薬学部臨床疾患薬理学教室)
漢方の古典における不眠治療
 
杵渕 彰
(青山杵渕クリニック)
不眠の漢方治療に関する注意点(適応症、副作用、治療ガイドライン)
 
山田 和男
(東北医科薬科大学病院 精神科)

緊急シンポジウム
8月15日(日)15:05~16:45WEB会場③

新型コロナウイルス感染症に対する東洋医学の挑戦
座長
鈴木 朋子
(埼玉医科大学 総合診療内科)
 
鍋島 茂樹
(福岡大学病院 総合診療部)
基調講演 日本東洋医学会主導新型コロナウイルス感染症の臨床試験、背景と進捗について
演者
髙山 真
(日本東洋医学会運営委員会特別ワーキンググループ)
十味敗毒湯で臨床著効した、たった3例~新型コロナウイルス感染1億人のために~
 
野尻 眞
(医療法人白水会 白川病院)
COVID-19における漢方薬治療の可能性~みちのく秋田より~
 
入江 康仁
(秋田大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学講座)
covid19感染病棟に入院初日から西洋薬と漢方薬の併用例の検討~
一般病棟入院初期の漢方薬使用例との比較からの漢方の可能性と限界~
 
丹村 敏則
(JA 愛知厚生連知多厚生病院内科)
COVID-19感染症の後遺症(筋肉痛、発熱、不眠、倦怠感)に対する漢方治療の役割と可能性について
 
清水 正彦
(清水医院)
統計基礎ーなぜ多くの症例数が必要なのか:
COVID-19に対する漢方薬の予防に関するランダム化比較試験(IMJEDI-P1 Study)を題材に
 
仕子 優樹
(千葉大学医学部附属病院臨床試験部生物統計室)

公募シンポジウム

公募シンポジウム 1
8月13日(金)16:00~18:00WEB会場②

証に随う、とは?
座長
田原 英一
(飯塚病院東洋医学センター漢方診療科)
 
中島 正光
(広島国際大学 生薬漢方診療学)
10か月間不明熱に白虎加人参湯合大承気湯の著効例から方証の診断を考える
演者
許  志泉
(富士堂漢方医学研究所)
中脘の結聚が原因と考えられる諸症状に対して瀉脾湯が有効であった一例
 
山崎 武俊
(洛和会音羽リハビリテーション病院)
慢性蕁麻疹患者に、四君子湯を併用する意義
 
前山 美千代
(みらい病院 漢方内科)
胸脇部痛と乳汁分泌不全を呈する産後神経症に対して随証的に柴胡疎肝湯が奏効した1例の背景
 
清水 正彦
(清水医院)
滋潤と消炎が表裏一体に働く-シェーグレン症候群における益胃湯の著効例―
 
峯  尚志
(峯クリニック)

公募シンポジウム 2
8月15日(日)9:00~11:00WEB会場①

がんへの挑戦
座長
元雄 良治
(医療法人社団愛康会小松ソフィア病院 腫瘍内科)
 
清水 雅行
(医療法人社団宏洋会 清水内科外科医院)
転移を有する前立腺癌フレイル症例に対する補中益気湯の効果
-全身状態,排尿状態ならびに生活満足度を評価として-
演者
大岡 均至
(国立病院機構 神戸医療センター 泌尿器科)
生薬を用いた癌治療の可能性を探る~日本での中医オンコロジーの臨床応用と基礎研究
 
平崎 能郎
(千葉大学大学院医学研究院和漢診療学)
がんの特性を東洋医学的病態観から分析して構築した治療法の提言
 
仙頭 正四郎
(仙頭クリニック)
肺癌診療において東洋医学的アプローチは有効か?
 
宮本 信宏
(島根大学医学部 循環器・呼吸器外科)

パネルディスカッション
8月15日(日)15:05~16:35WEB会場②

頭頸部に現れる肝の不調とその対応
座長
小澤 夏生
(小澤歯科醫院)
 
田中 秀則
(御野場たなかレディースクリニック/秋田大学大学院)
耳鼻咽喉科領域の肝との関わり、そして治療
演者
金子 達
(金子耳鼻咽喉科クリニック)
その口腔症状、「肝」では?-歯科/口腔内科の視点から-
 
安田 卓史
(東京医科大学医学部 口腔外科学分野)
頭頸部に現れる肝の不調とその対応(心身医学の観点より)
 
徳田 裕志
(高田馬場診療所)
肝に作用する生薬・漢方薬の作用機序
 
砂川 正隆
(昭和大学医学部生理学講座生体制御学部門)

漢方入門講座

漢方入門講座 1
オンデマンド配信

皮膚科診療の拡大!病名漢方からアートへのいざない
演者
岩崎 雅
(医療法人社団桜井医院)

漢方入門講座 2
オンデマンド配信

鍼灸治療 「いろはのい」
演者
鈴木 雅雄
(福島県立医科大学会津医療センター漢方医学講座)

漢方入門講座 3
オンデマンド配信

お口の病気にも漢方が効く!! 口からからだをみよう
演者
山口 孝二郎
(昭和大学医学部生理学講座生体制御学部門)

漢方入門講座 4
オンデマンド配信

これからの循環器診療を支える漢方薬
演者
北村 順
(神戸海星病院 内科)

漢方入門講座 5
オンデマンド配信

胸やけや胃痛に効く漢方はありますか?
演者
安斎 圭一
(医療法人安斎外科胃腸科医院)

漢方入門講座 6
オンデマンド配信

女性ヘルスケアに知っておきたい漢方治療
演者
大澤 稔
(東北大学病院 産科婦人科・漢方内科)

漢方入門講座 7
オンデマンド配信

救急外来でも漢方薬は使えますか?
演者
中永 士師明
(秋田大学大学院医学系研究科医学専攻 救急・集中治療医学講座)

漢方入門講座 8
オンデマンド配信

こどもに漢方薬って使えるの?
演者
中島 俊彦
(なかしまこどもクリニック)

漢方入門講座 9
オンデマンド配信

更年期に漢方薬は有効ですか?
演者
小宮 ひろみ
(福島県立医科大学附属病院 性差医療センター)

漢方入門講座 10
オンデマンド配信

めまいに効く漢方薬ってありますか
演者
川村 強
(八戸市立市民病院 脳神経外科)

漢方入門講座 11
オンデマンド配信

頭痛の漢方治療「つらい頭痛を漢方で治療できますか?」
演者
來村 昌紀
(らいむらクリニック)

漢方入門講座 12
オンデマンド配信

不眠は漢方で治りますか?
演者
山田 和男
(東北医科薬科大学病院 精神科)

鍼灸入門講座

鍼灸入門講座 1
オンデマンド配信

YNSAの基礎から臨床まで
演者
神谷 哲治
(東北大学病院 漢方内科)

鍼灸入門講座 2
オンデマンド配信

電気温鍼
演者
蛯子 慶三
(東京女子医科大学附属東洋医学研究所)

伝統医学セミナー
8月13日(金)12:30~15:30WEB会場①

伝統的四診のコツとその活用
進行
三潴 忠道
(福島県立医科大学会津医療センター漢方医学講座)
 
中村 東一郎
(中村医院)
漢方の診察法-四診について:問診を中心に
演者
松田 邦夫
(松田医院)
舌診を活かす
 
三谷 和男
(医療法人 三谷ファミリークリニック)
腹診について
 
花輪 壽彦
(北里大学東洋医学総合研究所)
脈診について
 
池田 政一
(池田小泉治療院)

薬剤師セミナー
8月15日(日)13:35~15:05WEB会場②

在宅医療における漢方治療に関わる薬剤師の役割
座長
馬場 正樹
(明治薬科大学臨床漢方研究室・薬用植物園)
 
赤瀬 朋秀
(日本経済大学大学院 経営学研究科)
在宅医療において漢方に期待される役割と在宅医療において期待される薬剤師像などについて(アカデミアの視点から)
演者
廣瀬 誠
(明治薬科大学 社会薬学研究室)
認知症に対する漢方治療とその処方意図
 
北田 志郎
(大東文化大学スポーツ・健康科学部看護学科)
「生活」に視点をおいて漢方薬を処方する~訪問診療の症例~
 
上田 ゆき子
(悠翔会くらしケアクリニック練馬)
漢方薬を用いたポリファーマシーの解消および介護者負担軽減への取り組み
 
船見 正範
(株式会社パワーファーマシー 中央薬局)

市民公開講座
8月15日(日)14:30~16:30WEB会場⑤

東洋医学からみた健康法
座長
池野 由佳
(いけの医院)
漢方による風邪対策
演者
菊地 章子
(東北大学大学院医学系研究科 漢方・統合医療学共同研究講座)
太極拳の理論と実践 -統合医療の一環として-
 
沼田 健裕
(国立病院機構米沢病院内科)
本部委員会企画プログラム

学術教育委員会セッション
8月13日(金)14:00~16:00【事前申込者限定】

第2回「東洋医学」研究会・サークル交流プログラム
座長
喜多 敏明
(辻仲病院柏の葉 漢方未病治療センター)
福沢 嘉孝
(愛知医科大学病院 先制・統合医療包括センター)
活動報告
交流会
表彰式
第2回「東洋医学」研究会・サークル交流プログラム

EBM委員会
8月14日(土)9:00~11:00WEB会場④

シンポジウム「Data-driven Kampo Medicineの現状と可能性」
座長
小暮 敏明
(日本東洋医学会 委員会委員長、群馬中央病院)
元雄 良治
(日本東洋医学会理事(EBM委員会担当)、小松ソフィア病院)
EBM委員会20年の歩み:2015年以降の活動を中心に
演者
元雄 良治
(日本東洋医学会理事(EBM委員会担当)、小松ソフィア病院)
漢方のエビデンス:RCTとビッグデータ
小暮 敏明
(日本東洋医学会 EBM委員会委員長、群馬中央病院)
漢方薬の薬剤疫学研究に使えるデータベース:その概要と研究論文の動向
今井 志乃ぶ
(日本薬剤疫学会・薬剤疫学とデータベース Task Force 座長、
東京薬科大学薬学部医薬品安全管理学)
ビッグデータ論文を読む際の十か条
篠崎 智大
(東京理科大学工学部情報工学科)

編集委員会
8月14日(土)9:00~10:00WEB会場⑤

座長
植田 圭吾
(岡山大学 岡山県南東部(玉野)総合診療医学講座)
東洋医学雑誌へ投稿しよう
演者
貝沼 茂三郎
(日本東洋医学会編集担当理事)

医療安全委員会
8月14日(土)10:10~11:40WEB会場⑤

漢方薬の副作用とヒヤリ・ハット調査 ~医療安全委員会報告 2021
座長
田中 耕一郎
(東邦大学医療センター大森病院 東洋医学科)
漢方薬副作用の概説
演者
地野 充時
(千葉中央メディカルセンター 和漢診療科)
薬局における漢方製剤のヒヤリ・ハット事例
牧野 利明
(名古屋市立大学大学院薬学研究科生薬学分野)
医療機関における漢方製剤の医療事故情報及びヒヤリ・ハット事例
関根 麻理子
(北里大学東洋医学総合研究所 EBMセンター)
漢方専門施設における漢方リスクマネージメント
田原 英一
(飯塚病院 東洋医学センター 漢方診療科)
甘草含有漢方薬投与による偽アルドステロン症の発症要因
コメンテーター
嶋田 沙織
(筑波大学附属病院薬剤部)

国際委員会
8月14日(土)16:15~18:15WEB会場⑤

座長
矢久保 修嗣
(明治薬科大学臨床漢方研究室)
国際委員会報告
演者
小川 恵子
(広島大学病院 総合内科・総合診療科 漢方診療センター)
Chinese Economy and Society in "Food"
宮内 雄史
(NPO法人国際社会貢献センター)
中国の伝統医薬政策
柳川 俊之
(フリー)
日韓学術交流シンポジウム
座長
小川 恵子
(広島大学病院 総合内科・総合診療科 漢方診療センター)
Eui Ju Lee
(大韓韓医学会 副会長)
Historical and Advanced applicability of Gami-soyosan (加味逍遙散) in Korea
演者
Seungwon Kwon
(Department of Cardiology and Neurology,
College of Korean Medicine, Kyung Hee University)
Application of Gami-soyosan (加味逍遙散) to skin diseases
Kyuseok Kim
(Department of Ophthalmology, Otorhinolaryngology and Dermatology of Korean Medicine, College of Korean Medicine, Kyung Hee University)
Kami-shoyo-san is effective for around menopausal women, and more, the patients who have oral cavity troubles
田中 秀則
(御野場たなかレディースクリニック/秋田大学大学院)
Kamishoyosan ameliorates antioxidative profiles via an oxidative stress-re-lated hormesis pathway
平山 暁
(筑波技術大学東西医学統合医療センター)

提言書検討委員会
8月15日(日)14:05~16:05WEB会場④

シンポジウム
「フレイルに対する漢方治療のエビデンス構築 -評価スケールの確立に向けて-」
座長
木村 容子
(提言書検討委員会 担当理事)
石田 和之
(提言書検討委員会 委員長)
牛車腎気丸が有効なフレイルの病態
演者
萩原 圭祐
(大阪大学大学院医学系研究科 先進融合医学共同研究講座)
人参養栄湯が有効なフレイルの病態
乾  明夫
(鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 漢方薬理学講座)
漢方フレイルスコア(診断と評価方法)の提案
石田 和之
(提言書検討委員会 委員長)

用語及び病名分類委員会
オンデマンド配信

WHO/ICD-11に関して
座長
矢久保 修嗣
(明治薬科大学臨床漢方研究室)
並木 隆雄
(千葉大学大学院医学研究院 和漢診療学)
ICD-11伝統医学の章の国内適用―用語及び病名分類委員会活動報告
演者
星野 卓之
(北里大学東洋医学総合研究所)
ICD-11の鍼灸領域への活用と基盤整備
~WHO-FICに基づくリアルワールドデータ構築へ~
斉藤 宗則
(鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部鍼灸サイエンス学科)

JLOM報告会
オンデマンド配信

ISO/TC249に関して
座長
矢久保 修嗣
(明治薬科大学臨床漢方研究室)
並木 隆雄
(千葉大学大学院医学研究院 和漢診療学)
ISO/TC249の現状 -生薬・TCM製品の品質と安全性-
演者
新井 一郎
(日本薬科大学 薬学部漢方薬学分野)
鍼灸(WG3,4)標準化の現状
形井 秀一
(洞峰パーク鍼灸院-つくば国際鍼灸研究所-)
ISOTC249における伝統医学の用語と情報の現況
-WG5,JWG1を中心としたJLOM委員会3の活動報告-
奥見 裕邦
(医療法人医方会 奥見診療所・近畿大学医学部内科学心療内科部門)
診断機器(WG4)、まとめ:伝統医学の標準化の動向
並木 隆雄
(千葉大学大学院医学研究院 和漢診療学)

医療倫理・医療安全講習会
オンデマンド配信

演者
柴原 直利
(富山大学和漢医薬学総合研究所 和漢医薬教育研修センター)
※該当の講演を最初から最後まで視聴しなければ、専門医・認定医の更新点数及び受験単位は
付与されません。

指導医講習会
オンデマンド配信

演者
柴原 直利
(富山大学和漢医薬学総合研究所 和漢医薬教育研修センター)

専攻医のための説明会
オンデマンド配信

演者
柴原 直利
(富山大学和漢医薬学総合研究所 和漢医薬教育研修センター)
日本臨床漢方医会プログラム
8月14日(土)16:00~17:00オンデマンド期間限定配信
ストレス性疾患の漢方治療
演者
織部 和宏
(織部内科クリニック)
第23回日本臨床漢方医会講演会
ページトップへ戻る