第77回日本弱視斜視学会総会

講演規定

利益相反について

共催セミナーを含むすべての発表に関し、講演時の2 枚目のスライドにて、利益相反を公表してください。演者全員が利益相反公表基準に該当しない場合は、「利益相反公表基準に該当なし」と記載してください。該当ありの場合には、各演者名に続きカテゴリーと企業名〔ただし、カテゴリーP(特許権を有する、または申請中の場合)では企業名の記載は必要ありません〕を明示してください。
 記載例:弱視太郎:【F】○○製薬、【I】▲▲工業
     弱視花子:【P】
なお、平成27 年10 月21 日に「日本眼科学会利益相反に関する基準」が改正され、当該の発表内容に関するか否かにかかわらず、過去3年間の利益相反を公表の対象とすることとなりました。
利益相反に関する詳細については、日本眼科学会ホームページ内の倫理委員会のページ「日本眼科学会利益相反に関する基準(http://www.nichigan.or.jp/about/conflict.pdf)」にてご確認ください。

発表データのご提出について

本総会では、指定講演、一般口演の発表で、当日会場にて発表される場合は、事前の発表データの提出は不要です。
下記の方のみ、事前にデータをご提出ください。

  1. 指定講演、一般口演で、遠隔(オンライン)参加の発表者:発表データ(音声付動画)
  2. 学術展示発表者:オンデマンド配信用のパワーポイント(音声なし)
  3. 学術展示のショートトークに遠隔(オンライン)参加する発表者:発表データ(音声付動画)

発表データの受付は下記の期間で行います。
6月11日(金)12:00 〜 6月24日(木)23:59
登録方法につきましては、準備が出来次第「発表データ登録」ページにてご案内いたします。

ご発表に際してのお願い

  1. 一般口演、学術展示発表に関しては、指定した発表時間に現地出席もしくは、ZOOMによるオンライン出席を可能な限り行い、ディスカッションにご参加下さい。
  2. やむを得ない事情にて欠席される場合は、総会開催までに、運営事務局までメールにて欠席理由をご連絡ください。
  3. 直前や緊急の場合(交通事情、体調不良)は、運営本部(開催前に総会HPに記載します)あてにご連絡をお願いします。

発表方法

<特別講演、弓削賞受賞記念講演、総会長特別プログラム、ミニシンポジウム、講習会、一般口演>

【会場発表】

講演開始 60分前までに(午前最初のセッションは 30分前)、「PCセンター」にて、
動作確認およびデータの提出を行ってください。
 PC センター:新横浜プリンスホテル 5F ロビー
 受付日時:7月2日(金)8:00〜18:00
      7月3日(土)8:30〜15:00

【遠隔(オンライン)発表】
事前に発表用データをご提出いただきます。
事前にPowerPoint を利用して、発表音声を収録してください。登録時のデータ形式は、MP4 形式に変換してご登録ください。
当日の討論にはZOOMでご参加ください。

講演時間
<特別講演、弓削賞受賞記念講演、総会長特別プログラム、ミニシンポジウム、講習会>
別途ご連絡させていただきました内容をご参照ください。
<一般口演>
発表:7分(6分経過:予告ランプ、7分経過:終了ランプ)
討論:3分
発表・討論時間を含めて、1題 10分以内といたします。時間厳守でお願いいたします。
 ※当日、発表と質疑応答のライブ配信を行います。

<学術展示>

【会場発表】

ポスター(紙媒体)の掲示、講演会場でのショートトーク(発表3分/討論2分)
ショートトークの発表は、オンデマンド配信用のパワーポイントを利用しての発表になります。

【遠隔(オンライン)発表】
ポスター(紙媒体)掲示(会場着で送付)、ショートトーク用の発表データ(音声入り)を作成し、事前に登録をしてください。
当日の討論には、ZOOMでご参加ください。

【オンデマンド配信用】

事前に音声なしのパワーポイントを作成し提出

<座長の皆様へ>

【会場参加】
座長受付はございません。担当セッション開始15分前までに、会場内右手前方の次座長席に
ご着席ください。

【遠隔(オンライン)発表】
ZOOM に入室いただき、ZOOM 上より司会・進行をお願いいたします。
詳細は別途メールでご連絡いたしますのでご確認ください。