主催事務局
国立がん研究センター東病院
〒277-8577 千葉県柏市柏の葉6-5-1
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
事業共創部コンベンション第二事業局
〒105-8335 東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビルディング12F
E-mail: aro2022@jtbcom.co.jp

会長挨拶

大津 敦
ARO協議会第9回学術集会
会長 大津 敦
国立研究開発法人国立がん研究センター東病院長

 この度、2022年9月16日(金)〜17日(土)の2日間千葉県柏市にてARO協議会第9回学術集会を開催させていただくにあたり、一言ご挨拶申し上げます。

 一般社団法人ARO協議会はわが国オリジナルの医薬品・医療機器の実用化を目指し2012年に橋渡し研究支援拠点施設を中心に設立され、その後2015年より臨床研究中核病院等の参加により全国18機関のネットワークに拡大し、着実に発展してまいりました。各アカデミア機関での支援体制の充実化と本協議会の関係者の皆様のご尽力により、わが国のシーズ開発実用化基盤整備が進み多数の成果に結びつくようになってまいりました。しかし、一方で世界的な技術革新も各方面で急速に進んでおり、世界的な競争力を持った開発基盤整備が求められています。

 本学術集会では「世界的技術革新とAROの国際化」をメインテーマに、初期段階からグローバル開発を意識し海外との競争に打ち勝てる実用化研究の実施およびARO支援体制の構築を目指すためのスキルアップを図れる機会にしたいと考えております。わが国から世界的に通用するイノベーションの実用化、エビデンスの創出などを目指すために必要な産官学の連携、ベンチャー起業と支援体制、国際共同研究実施・支援体制など参加者の皆様が世界の最新の情報を共有できるよう努めてまいります。

 プログラムは海外演者も含めた多数の特別講演、会長企画シンポジウム、専門家連絡会を含む企画シンポジウム25セッション、日台ワークショップなどともに、教育セミナーも20講演程度を予定しております。大学以外の機関で初めての開催となり、従来とは異なった視点も入りますが、すでに理事や専門家連絡会、各拠点の先生方を中心にプログラム委員会を組織し、大変魅力的な企画提案をもとに委員の先生方と鋭意準備を進めております。

 いまだCOVID-19の世界的な流行が持続している状況下ではありますが、現時点では現地会場とオンラインでのハイブリッド開催と学術集会後のオンデマンド配信も計画しております。参加されたすべての皆様に最新の情報がアップデートされるよう、事務局一同工夫を重ねてまいります。多くの皆様方のご参加を心よりお待ちしております。

Page top