事務局
岐阜薬科大学薬効解析学 〒501-1196 岐阜市大学西1-25-4
TEL: 058-230-8100 FAX: 058-230-8105
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
事業共創部 コンベンション第二事業局内
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル7階
TEL: 06-4964-8869 FAX: 06-4964-8804
E-mail: brain2021@jtbcom.co.jp
プログラム・抄録号
※閲覧にはパスワードが必要です。
<参加登録済の場合>
正会員:参加費決済完了メールに掲載しています。
非会員:プログラム・抄録号を購入された方には、決済完了メールに掲載しています。
<参加登録をされていない場合>
正会員には、学会事務局から、メールにてパスワードをご案内します。

ご挨拶

原 英彰
第64回日本脳循環代謝学会学術集会
会長 原 英彰
(岐阜薬科大学 学長)

 2021年11月12日(金)-13日(土)の日程で、第64回日本脳循環代謝学会学術集会を長良川国際会議場(岐阜市)にて開催させていただきます。本学会は、発足以来、脳卒中、認知症、ALSなど脳を中心とした神経疾患全般の基礎研究と臨床研究を推進し、本邦における脳科学の発展に大きく貢献してきました。この様な学会を岐阜で開催できますことを大変嬉しく、光栄に存じます。

 今回の学会のテーマは‘源流と新たな潮流の融合’です。脳科学研究は、先達の偉業の上に、様々な研究者のアイデアや科学技術の発展が融合して、常に新しい発展を遂げてきました。更なる脳科学研究の発展に寄与するべく、本学術集会を通じて、これまでの英知を今一度確認し、加えて、最先端の研究を知ってもらい、日々の診療や研究に繋げて貰えれば望外の喜びです。基礎脳科学、薬理学、生理学、脳形態学、神経放射線医学、核医学など、様々な専門分野の方々が集い、幅広く交流することが本学会の特徴でもあります。また、新しい潮流を生み出すには若い方々の力が必要不可欠です。若く意欲ある研究者、臨床医の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 本学術集会は教育講演、会長企画シンポジウム、特別シンポジウム、一般演題と幅広いプログラム構成が魅力の学会です。この度、新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み、本会はハイブリッド開催(現地+Live配信)にすることといたしました。「学びを止めない」を実践する学会として脳科学研究の更なる発展に寄与したいと考えておりますので、多数の演題応募をお願いしますとともに、是非とも多くの方々に秋の紅葉が綺麗な岐阜の学会場に足をお運びいただきますようお願い申し上げます。

ページトップへ戻る