開催概要

第32回日本眼瞼義眼床手術学会
第32回日本眼瞼義眼床手術学会
会長 藤本 雅大
(ナカノ眼科本院・京都大学大学院医学研究科眼科学教室)
2021年度、第32回日本眼瞼義眼床手術学会は京都で開催させていただくこととなりました。伝統ある本学会の会長を拝命し、会員、理事、事務局ならび関係各位の皆様に厚く御礼申し上げます。若輩者ではございますが、実りある学会にできるよう、精一杯務めさせて頂きたいと思います。
眼瞼・義眼床に関する分野は、多くの伝えるべき知識、技術があるにも関わらず、若手医師へと裾野を広げることが難しい分野だと考えます。一因として、この分野において基礎研究、臨床研究を行うことが容易でないことを挙げることができます。特に大学病院は研究機関としての役割を担う医療機関であり、その点で大学内での活動性を上げることが難しいと言えます。一方で、診療を進めるにあたり、かなり高いレベルでの他科からの協力を得る必要があるため、がんセンターや大学病院レベルの病院でないと適切な医療の提供が難しいという矛盾を抱えています。「令和」という新しい時代に入ってこの分野を発展させていくにあたり、未来を切り拓く研究は技術の継承とともに欠かせない要素だと考えます。この想いをこめて、2021年度の学会のテーマは「新時代への開拓」とさせていただく予定です。各セッションはテーマに合わせて形成外科、眼科の先生方に講演いただきます。
開催予定日は2021年2月20日(土曜日)で、会場は京都大学医学部創立百周年記念施設 芝蘭会館となります。JR京都駅からバスで30分ほどとなり、京大正門前のバス亭で降車いただき徒歩2分となります。2月は早春の風情も感じられる時期で、また、年中観光客の多い京都において比較的ゆっくりと京都の風情を楽しめる時期でもあります。昼は学会での活発な討論に、夜は宴会を楽しんでいただければ幸いです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ページトップへ戻る