運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
事業共創部 コンベンション第二事業局内
〒105-8335 東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビルディング
FAX: 03-3452-8550
E-mail: jsctr2022@jtbcom.co.jp
※新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、
運営事務局は在宅勤務を実施しております。
当面の間、原則E-mailでお問合せいただきますようお願いいたします。

座長・演者へのご案内

座長の先生方へ

口頭発表の座長

  • ・ご担当セッションの開始15分前までに会場内右前方の「次座長席」にご着席ください。
    発表順、講演時間の変更は、座長席付近に待機しているタイムキーパーにお知らせください。
  • ・発表の制限時間の1分前に黄ランプ、制限時間には赤ランプで講演時間をお知らせいたします。
    発表時間、討論時間を厳守し、円滑な運営にご協力をお願いいたします。時間内で活発な討論が行なわれますよう、ご協力をお願いいたします。
口頭発表の先生方へ

発表データ受付・試写について

  • ・発表1時間前(早朝の場合は15分前)までに、PC受付にて発表データの確認を行ってください。
受付日時:
2月4日(金)8:15〜18:00
2月5日(土)8:15〜15:00
受付場所:
2F 第1会場前ロビー
  • ・2月5日(土)午前中にご発表予定の方は、なるべく2月4日(金)のうちに発表データの受付・試写をお済ませください。

発表時間

セッションにより異なります。事前にご案内した時間をご確認ください。

発表について

  • ・ご自身の発表15分前までに、会場内左手前方の「次演者席」にご着席ください。
  • ・演台上に計時回線が設置してあります。発表終了1分前に黄色、終了時に赤色の警告ランプが点灯します。時間厳守にご協力ください。
  • ・持込データ・持込PCどちらの場合でも「発表者ツール」は使用できません。
  • ・スクリーン一面映写です。
  • ・発表者は座長の進行指示にしたがってください。
  • ・演台上に液晶モニター、キーボード・マウスが準備されていますので、発表者ご自身で操作を行ってください。(パソコン本体持ち込みの場合も同様です)

利益相反に関する報告について

日本臨床試験学会 第13回学術集会総会では、発表する全ての筆頭演者において、COI開示を必須とすることになりました。

  • ・開示すべきCOIがない場合:
    冒頭スライドの下段に「筆頭演者のCOI開示:開示すべきCOI関係にある企業などはありません」と簡潔に記載してください。
  • ・開示すべきCOIがある場合:
    スライドの2枚目に、下記フォーマットに沿って記載してください。
    フォーマット例は学術集会総会のHPにも掲載しています。
COIフォーマット ダウンロード

発表データについて

  1. 1)発表用データの作成
    ・Windows10/PowerPoint 2019がインストールされたパソコンを用意しております。
    発表データは、Microsoft PowerPoint 2013、2016で作成したデータも対応可能ですが、その際はPC受付にてお申し付けください。/解像度:Full(1920x1080)で作成してください。
    ※Macintoshをご使用の方は、パソコンを持参してください
    ※Macintoshで作成されたPowerPointファイルをWindowsで変換または修正した場合は、文字化け、文字の位置ずれ、切れ、グラフの不正確な表示、オブジェクトのはみ出しなどが起こります。
    また、フォント情報が付加されているため正確な文字の表現が出来ません。十分ご注意、ご確認をお願いします。
  2. 2)フォントについて
    文字化けを防ぐため、フォントはWindows版Microsoft PowerPointに標準装備されたものをご使用ください。
    推奨フォント:MSゴシック,MSPゴシック,MS明朝,MSP明朝,Arial,Century,Times New Roman.
    ※Windowsに標準搭載されていないフォントを使用した場合、文字・段落のずれ、文字化け、表示されないなどのトラブルが発生する可能性があります。
    ※画面ぎりぎりまで使用すると再現環境の違いにより、文字や画像のはみ出し等の原因になることがあります。
  3. 3)動画・音声について
    動画アプリケーション:Windows Media Player動画を使用する場合、リンク切れにご注意ください。必ずリンク元のデータ(動画など)も保存してください。
    専用コーデックをご使用の場合は、ご自身のパソコンをご持参ください。
  4. 4)データの保存方法
    発表データはUSBメモリー、CD-RあるいはDVD(DVD-RもしくはDVD-RWのみ)に記録してください。それ以外は使用できません。また、メディアには発表されるデータ(最終)と動画データ以外は入れずにご用意ください。
    発表データをCD-RまたはDVDにコピーする場合には、ファイナライズ(セッションのクローズ・使用したセッションを閉じる)作業を必ず行ってください。この作業が行われなかった場合データを作成したパソコン以外でデータを開くことが出来なくなり、発表が不可能になります。
    データには必ずファイル名(発表者名)を付けてください。 例:SY1-4 東京太郎
  5. 5)注意事項
    コピーした発表データは学会運営事務局にて発表終了後に責任をもって消去いたします。
    ディスク作成後、作成したパソコン以外の適正環境のWindows PCにて画面の全てが不具合なく表現されることをあらかじめご確認ください。
    持込み素材は、下記に限定します。
    USBメモリー(注:最新のウイルス除去ソフトにてチェック済のもの)、CD-R(注:必ずファイナライズされたもの)一枚以内、DVD(注:必ずファイナライズされたもの。DVD-RもしくはDVD-RWに限る)一枚以内。プレゼンテーションに他のデータ(動画等)をリンクさせている場合は、必ず元のデータも保存していただき、上に示しましたパソコンにて、事前に動作確認をお願いします。他のデータをリンクさせている場合、バックアップとして本体をお持ちください。

パソコン本体をお持込みになる場合

  1. 1)持込み可能なPC
    ※ご用意しているモニター出力端子の形状はHDMIです。
    このモニター出力端子が装備されているものに限ります。
    一部のノートパソコンでは本体付属のコネクターが必要な場合がありますので、必ずご持参ください。
    ※Windowsの場合、Windows Media Playerの初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください。(動画ファイルはWMV形式を推奨します。)また、参照動画ファイルのリンク切れにご注意ください。
  2. 2)解像度について
    使用可能なディスプレイモード(解像度)はFullHD(1920x1080)です。このサイズより大きい場合スライドの周囲が切れるか、圧縮表示となります。ワイドモニターにも対応しておりません。
  3. 3)動画について
    動画は可能ですが、多用された大容量データの場合、パソコン本体の画面に表示されても外部出力に接続した画面に表示されない場合がございます。必ず事前にご確認ください。
  4. 4)音声について
    パソコンのイヤフォンジャックより出力させていただきます。
    イヤフォンジャックが使用可能なパソコンをお持ちください。
  5. 5)注意事項
    ご自身のパソコンを持ち込む場合も、バックアップ用データをメディア(CD-RまたはUSBメモリー)にてご持参ください。また、ACアダプターを必ずご持参ください。
    あらかじめパスワード設定を解除しておいてください。
    発表中にスクリーンセーバーや、省電力機能で電源が切れないように設定は解除しておいてください。
    動作確認後、パソコン本体は演者自身で各会場へお持ちください。
    発表後、パソコン本体は発表会場内のオペレーター席にてご返却いたします。

ページトップへ戻る