準備委員会
医療法人社団 篠原会 甲府脳神経外科病院内 〒400-0805
山梨県甲府市酒折1丁目16番18号
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル7F
TEL: 06-4964-8869 FAX: 06-4964-8804
E-mail: 23jansc@jtbcom.co.jp

プログラム(2020年7月2日現在)

会期の変更に伴い、プログラムも変更する場合がございます。

文化講演

文化講演 1

医学の言葉
演者
金田一 秀穂 先生
(言語学者・杏林大学外国学部教授
 ・山梨県立図書館館長)
プロフィール

文化講演 2

 
小牧 康信 先生
(Komaki Vineyard)

文化講演 3

リニア中央新幹線の今と未来
 
三井 孝夫 先生
(山梨県リニア交通局局長)

シンポジウム

シンポジウム 1

脳神経外科臨床の光と影(第一部):医療安全対策総論
医療安全の光と影~次の20年を見据えた展望
演者
荒神 裕之
(山梨大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部 特任教授・医師GRM)
医療メディエーション:対話による関係構築
和田 仁孝
(早稲田大学法学学術院 教授・法社会学者)
医療事故を経験した医療者への組織的サポートとは(仮)
井上 真智子
(浜松医科大学地域家庭医療学講座 特任教授・医師)

シンポジウム 2

脳神経外科臨床の光と影(第二部):多職種(現場)で考える医療安全
看護における医療安全の次の段階への課題
演者
小林 美雪
(健康科学大学看護学部成人看護学准教授)
臨床現場における医療安全~薬剤師が果たすべき役割と課題~(仮)
荻無理 千史
(社会医療法人財団慈泉会相澤病院医療安全推進室)
理学療法士の視点から~当院での取り組み~(仮)
坂本 健一
(白浜はまゆう病院 理学療法士)

シンポジウム 3

基礎医学から見直す理学療法・作業療法
関節内運動学からの提言
演者
片岡 寿雄
(医療法人知邑舎岩倉病院 リハビリテーションセンター 部長)
解剖学からの提言
一柳 雅仁
(名古屋大学大学院医学系研究科研究員・
 星城大学リハビリテーション学院 副学院長)
脳卒中の個別性に向き合う
吉尾 雅春
(千里リハビリテーション病院 副院長)
基礎医学から見直す理学療法・作業療法
宇都宮 初夫
(JM研究所所長)

シンポジウム 4

わが町の認知症対策
災害時の避難所における認知症対策
演者
加藤 伸司
(認知症介護研究・研修仙台センター センター長)
東京(大森)における認知症の早期発見・治療のためのネットワーク形成:
その原動力~医・歯・薬・介護によるTOP-Q連携~
工藤 千秋
(くどうちあき脳神経外科クリニック)
地方における認知症初期支援チームの取り組みと施設入所中の認知症患者(仮)
大島 扶美
(医療法人社団悠愛会)

シンポジウム 5

慢性硬膜下血腫
全身麻酔管理下での慢性硬膜下血腫手術の有用性
演者
入江 伸介
(社会医療法人孝仁会 釧路孝仁会記念病院)
慢性硬膜下血腫の再発因子の検討
桜井 卓
(社会医療法人 医仁会 中村記念病院)
術式を含めた再発因子の検討
山崎 直美
(甲府脳神経外科病院)

シンポジウム 6

急性期理学療法の反省と展望(仮)
急性期理学療法の反省と展望(仮)
演者
太田 晴之
(岡山大学病院)
急性期作業療法の反省と展望(仮)
宮本 直也
(大西脳神経外科病院 リハビリテーション科)
急性期言語聴覚療法の反省と展望(仮)
吉田 眞由美
(フリーランス言語聴覚士)

シンポジウム 7

脳卒中患者と自動車運転(規制から支援へ)
医療に求めること(仮)
演者
渡辺 仁
(山梨県警察本部運転免許課)
脳卒中患者に対する自動車運転支援
平石 武士
(日高リハビリテーション病院)
人間拡張が拓く自由な移動の喜び(仮)
樋口 実
(本田技術研究所先進技術研究所主任研究員)

シンポジウム 8

あきらめない
三角頭蓋奮闘記
演者
下地 武義
(医療法人 寿仁会 沖縄セントラル病院)
遷延性意識障害と診断されたtotal locked-in syndrome患者とのcommunication
奥田 篤行
(全国遷延性意識障害者・家族の会)
特発性正常圧水頭症の診断と治療
宮嶋 雅一
(順天堂東京江東高齢者医療センター)

シンポジウム 9

臨床現場における抑制解除に向けた取り組み
演者
長田 江津子
(甲府城南病院)
遠藤 さとみ
(山梨厚生病院)
漆原 啓太
(甲府脳神経外科病院)

特別企画

佐野圭司先生生誕100周年講演
演者
松井 孝嘉
(松井病院)

教育講演

教育講演 1

悪性腫瘍に対する新医療
演者
中田 光俊
(金沢大学脳神経外科 教授)

教育講演 2

高齢者のてんかんと認知機能
演者
菅野 秀宣
(順天堂大学医学部 脳神経外科 先任准教授)

教育講演 3

健康起因事故の医学と法律について
演者
馬塲 美年子
(慶應義塾大学医学部 総合医科学研究センター)

教育講演 4

脳卒中患者の退院支援と在宅看護
演者
武田 保江
(目白大学看護学部)

教育講演 5

癌リハビリテーション現状と課題
演者
姫野 吉徳
(大阪赤十字病院 リハビリテーション科)

教育講演 6

医療安全の視点から見たインフォームドコンセントの光と影(仮)
演者
長島 久
(富山大学附属病院 医療安全管理室)

教育講演 7

サイバーナイフの限界と挑戦
演者
髙橋 弘
(春日居サイバーナイフ・リハビリ病院)

教育講演 8

デジタル時代にアナログ手術イラスト描画は生き残れるか(仮)
演者
馬場 元毅
(東埼玉総合病院付属清池クリニック 脳神経外科)

教育講演 9

脊髄損傷に対する自家骨髄間葉系幹細胞治療の実際と将来展望
演者
山下 敏彦
(札幌医科大学医学部整形外科学講座 教授)

教育講演 10

認知症予防ナウ
演者
朝田 隆
(メモリークリニックお茶の水 院長)

教育講演 11

高度急性期医療の場での抑制しない看護へのチャレンジ
演者
小藤 幹恵
(公益社団法人 石川県看護協会 会長:前金沢大学附属病院副病院長・看護部長(現 公益社団法人 石川県看護協会 会長))

教育講演 12

脳卒中からはいる脳神経外科修練とは
演者
塩川 芳昭
(杏林大学脳神経外科・脳卒中センター)

教育講演 13

脳神経疾患と歯科~脳梗塞患者への対応~(仮)
演者
花形 哲夫
(花形歯科医院・山梨県歯科医師会)

ページトップへ戻る