第32回日本医療薬学会年会

会長挨拶

第32回日本医療薬学会年会
年会長 山本 康次郎

    (群馬大学大学院医学系研究科・医学部附属病院 教授・薬剤部長)

 この度、第32回日本医療薬学会年会を令和4年9月23日(金・祝)から25日(日)にかけて、Gメッセ群馬(群馬県高崎市)を主会場として開催する運びとなりました。
 Society 4.0 として位置付けられる現在の情報社会では、知識や情報の共有の不足、分野横断的な連携の不十分さなどが露呈しつつあります。これらの問題点を解消し、新しい価値を生み出すとともに、地域の課題や困難を克服する社会として、 Society 5.0 が提言されております。この society 5.0 においては、医療薬学に対してもさまざまな変化、改革が求められており、先進技術の活用により、これまでに解決できなかった臨床上の課題が解決されるとともに、これまでとは大きく異なる次世代の医療が創造されることが期待されます。また、現在、さまざまな時間的、技術的制約のなかでファーマシスト・サイエンティストとしての活動を行っていますが、それらの限界が取り払われるSociety 5.0において、我々が行うべきことは何か、社会における我々の役割は何かを示すことも求められています。
 そこで、本年会が、この Society 5.0 の医療薬学を作り上げていくためのキーポイントになればと考え、本年会のメインテーマを「知の融合で織りなすSociety5.0の医療薬学」としました。Society 5.0 は未来の社会像ではありますが、その基となる技術は着実に現実のものになっています。医療薬学の分野においても、先進技術を用いた様々な試みが行われています。本年会では、これまで各々が作り上げてきた医療薬学に関する知見をしっかりと組み上げていき、Society 5.0にふさわしい医療薬学という学問を織りなしていただきたいと考えております。
 第30回、第31回年会はCOVID-19 拡大の影響を受け、web開催となりましたが、本年会では2年越しの現地開催が実施できるものと期待しております。また、過去2回の年会で培われたweb開催の経験を活かし、現地開催とWEB開催を併用するハイブリッド形式での開催を予定しております。現地会場での参加が難しい方にとっても、臨場感あふれる学会をお楽しみいただけるよう準備しておりますので、ご期待ください。
 本年会が、多くの皆様の知を融合し、新たな医療薬学を織りなすための契機になることを祈念しております。
 多くの方のご参加を心よりお待ち申し上げます。