CLEFT OSAKA2022
事務局
大阪医科薬科大学 形成外科学教室
事務局長 塗 隆志
〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7
運営事務局
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
事業共創部 コンベンション第二事業局内
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル7階
TEL: 06-4964-8869 FAX: 06-4964-8804
E-mail: jsprs65@jtbcom.co.jp

プログラム

上田晃一
上田 晃一
第65回日本形成外科学会総会・学術集会 会長
森本尚樹
森本 尚樹
一般社団法人日本形成外科学会 理事長

海外招待講演

David Johnson
David Johnson
Plastic surgery, Oxford University Hospitals
Britain
Hak Chang
Hak Chang
Department of Plastic and Reconstructive Surgery
Research Institute of Plastic and Reconstructive Surgery (RIPRS),
Seoul National University College of Medicine
Korea
Michael T. Longaker
Michael T. Longaker
Surgery - Plastic and Reconstructive Surgery, Stanford University
USA

特別講演

宮坂昌之
宮坂 昌之
大阪大学免疫学フロンティア研究センター
野崎 貴裕
野崎 貴裕
慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科
三浦 夏樹
三浦 夏樹
高知県立坂本龍馬記念館

海外招待講演

海外招待講演 1

Wound Repair Regeneration
Michael T. Longaker
Surgery - Plastic and Reconstructive Surgery, Stanford University

海外招待講演 2

Improving surgical outcomes in craniosynostosis
David Johnson
Plastic surgery, Oxford University Hospitals

海外招待講演 3

Single surgeon's experience in single-stage free Latissimus dorsi muscle transfer for facial reanimation
Hak Chang
Department of Plastic and Reconstructive Surgery
Research Institute of Plastic and Reconstructive Surgery (RIPRS),
Seoul National University College of Medicine

特別講演

特別講演 1

新型コロナウイルスに対する防御反応とは
宮坂 昌之
大阪大学免疫学フロンティア研究センター

特別講演 2

形成外科とロボット技術の融合が実現する新たな医療
野崎 貴裕
慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科

特別講演 3

坂本龍馬の本質と魅力 ー知られざる業績や人柄にせまるー
三浦 夏樹
高知県立坂本龍馬記念館

教育講演

craniosynostosisの発症メカニズム(仮)
井関 祥子
東京医科歯科大学歯学部分子発生学

ビデオ教育講演

ビデオ教育講演 1『頭蓋顎顔面領域における骨切り手術』

頭蓋縫合早期癒合症の治療
小室 裕造
帝京大学形成外科
上下顎骨切り移動術を安全・確実に施行するための解剖学的理解と手術手技の要点
渡辺 頼勝
東京警察病院形成外科・美容外科

ビデオ教育講演 2『マイクロサージャリーを用いた遊離皮弁』

SCIP Flapなどの穿通枝皮弁を安全に行う方法について
成島 三長
三重大学形成外科
実践的マイクロサージャリー基本技術:脈管吻合と軟部組織剥離
山本 匠
国立国際医療研究センター病院形成外科

ビデオ教育講演 3『乳房再建術』

安全性と整容性に配慮したDIEP flapを用いた乳房再建 
~プランニングから手術のコツ、合併症回避等について~
佐武 利彦
富山大学学術研究部医学系形成再建外科・美容外科
DIEP flapを使い尽くす
ーエコー、ICGの活用から両側再建、予防切除同時再建までー
矢野 智之
がん研有明病院形成外科

ビデオ教育講演 4『眼瞼の形成』

上眼瞼診療~眼科から学んだこと~
村上 正洋
日本医科大学付属病院形成外科・眼科
経結膜的眼窩脂肪移動術による下眼瞼形成術
百澤 明
山梨大学医学部附属病院形成外科

ビデオ教育講演 5『耳介形成』

小耳症の最前線と今後の展望
四ッ柳 高敏
札幌医科大学形成外科
小耳症手術における私の工夫と変遷 ~より自然な耳介を目指して~
小山 明彦
福島県立医科大学形成外科

ビデオ教育講演 6『手指の再建に有用な皮弁』

体験する皮弁挙上 ー2つの皮弁を簡単にあげるコツー
鳥谷部 荘八
仙台医療センター形成外科手外科 東北ハンドサージャリーセンター
手術のポイント、術後の注意点など
小野 真平
日本医科大学形成外科

共通講習

共通講習 1『医療安全』

医療安全の新しい流れと形成外科医療
辰巳 陽一
近畿大学病院安全管理部・医療安全対策室

共通講習 2『医療倫理』

医療倫理を非医療側から考える
湯元 昇
国立研究開発法人国立循環器病研究センター

共通講習 3『感染対策』

新型コロナウイルス感染症の現状と対策
浮村 聡
大阪医科薬科大学内科学Ⅲ総合診療科/大阪医科薬科大学病院感染対策室

シンポジウム

詳細は後日掲載いたします。

日本形成外科学会 各種委員会プログラム

社会保険委員会企画教育セミナー『2022年保険改訂の要点』

座長
朝戸 裕貴
獨協医科大学形成外科
座長
関堂 充
筑波大学大学院人間総合科学研究科臨床医学系 形成外科
2022年度診療報酬改定の解説(総論)ー形成外科医が知っておくべきポイント
荻野 浩希
関東労災病院形成外科
2022年度診療報酬改定の解説ー形成外科分野における改訂
関堂 充
筑波大学大学院人間総合科学研究科臨床医学系 形成外科

キャリア支援委員会企画シンポジウム『Life Work balance 現在過去未来』

座長
三川 信之
千葉大学形成外科
座長
松井 瑞子
聖路加国際病院形成外科
キャリア支援委員会の現在と未来
田中 里佳
順天堂大学大学院医学研究科 再生医学/形成再建外科学
形成外科医のキャリアを考える ー女性形成外科医のキャリア形成を阻む問題点ー
覚道 奈津子
関西医科大学形成外科
女性という特性を自覚した上で、自分の理想とするキャリアを主体的に形成していく
伊藤 奈央
NTT東関東病院形成外科
子育ても仕事も諦めない!ハイボリュームがん病院形成外科医のトリセツ
宮下 宏紀
がん研有明病院形成外科
これからキャリア形成する立場(専門医取得前)からキャリアを考える(案)
盧  率智
広島大学形成外科・国際リンパ浮腫治療センター
形成外科レジデントとしての研鑽と、事業経営の両立へのチャレンジ
牧野 潤
埼玉医科大学総合医療センター

学術委員会企画セミナー『日形会初の英文誌:Journal of Plastic and Reconstructive Surgery 誕生記念祭(仮)』

座長
門田 英輝
九州大学形成外科
Journal of Plastic and Reconstructive Surgeryの発刊に寄せて
多久嶋 亮彦
杏林大学形成外科
Journalの評価システムー論文投稿のために
吉村 浩太郎
自治医科大学形成外科
英語論文を書くコツ、IFの高い雑誌にacceptされるコツ等
小川 令
日本医科大学形成外科

渉外広報委員会企画パネルディスカッション『形成外科の認知度を上げるための広報活動』

座長
清川 兼輔
久留米大学形成外科
座長
貴志 和生
慶應義塾大学形成外科
形成外科の認知度を上げるための広報活動
貴志 和生
慶應義塾大学形成外科
形成外科における広報活動の重要性
安田 浩
産業医科大学形成外科
学会ホームページをより良くするには 〜形成外科の認知度を上げるための広報活動〜
橋川 和信
名古屋大学大学院医学系研究科形成外科学
未定
北原 優樹
株式会社ディーアンドエム ダイレクトマーケティング局 アカウントセールスグループ

データベース委員会企画セミナー『データベースを用いた臨床研究ことはじめ~学会主導研究実践シミュレーション~』

座長
前川 二郎
横浜市立大学形成外科
座長
元村 尚嗣
大阪市立大学形成外科
リアルワールドデータの統計解析~多変量解析と傾向スコア~
新谷 歩
大阪市立大学医療統計学
レジストリデータを用いた実臨床の比較効果研究
隈丸 拓
東京大学医療品質評価学講座
レジストリデータを用いた臨床研究の罠(初級編)
藤井 奈穂
大阪市立大学形成外科学/医療統計学
日本形成外科学会主導研究具体案:後ろ向き研究と患者レジストリ研究
秋田 新介
千葉大学形成外科

専門医認定委員会『新専門医制度(形成外科領域専門医制度)について』

座長
岡崎 睦
東京大学形成外科
概略
一般社団法人 日本形成外科学会 事務局
専門医制度(形成外科領域専門医制度)について
岡崎 睦
東京大学形成外科

形成外科ガイドライン委員会企画教育セミナー『形成外科診療ガイドライン(GL):新たな患者向けバージョン作成を目指して』

座長
橋本 一郎
徳島大学形成外科
座長
鳥山 和宏
名古屋市立大学形成外科
医療者向け診療ガイドライン作成のあゆみとこれから
橋本 一郎
徳島大学形成外科
形成外科診療GL 新たな患者向けGL作成を目指して
鳥山 和宏
名古屋市立大学形成外科
日本乳癌学会編 乳癌診療ガイドライン/患者さんのための乳癌診療ガイドラインの役割とその変遷
佐治 重衡(特別講演)
福島県立医科大学腫瘍内科学

美容医療に関する委員会企画シンポジウム 1『形成外科医が取得したくなるJSAPS専門医を考える』

座長
小室 裕造
帝京大学形成外科
座長
原岡 剛一
神戸大学医学部附属病院美容外科
美容外科(JSAPS)専門医の在り方について
小室 裕造
帝京大学形成外科
2021年に生きる我々に必要なのは専門医資格なのか
上原 恵理
THE ONE.
日本美容外科学会(JSAPS)専門医について一開業医の私見
大場 教弘
プリモ麻布十番クリニック
その資格は誰のためにあるのか
室  孝明
ビスポーククリニック
皆得になる専門医が享受すべきサービスのグランドデザイン
山口 憲昭
リゾナスフェイスクリニック東京

美容医療に関する委員会企画シンポジウム 2『美容医療後遺症に対する保険適用問題
~美容外科の合併症・後遺症は、形成外科医が診るべきか?~』

座長
関堂 充
筑波大学大学院人間総合科学研究科臨床医学系 形成外科
座長
原岡 剛一
神戸大学医学部附属病院美容外科
美容医療の合併症に対する医療提供を考える:法的観点と医療的観点
細川 亙
大阪みなと中央病院
美容医療による後遺症治療についてー日本医大の経験からー
小川 令
日本医科大学形成外科
未定
金子 剛
国立成育医療研究センター
美容医療後遺症に対する保険適用問題
法律家の視点から
田邉 昇
中村・平井・田邉法律事務所
美容外科合併症・後遺症は、「誰が診る?」「誰が責任を取る?」
〜治療を担当している立場から〜
原岡 剛一
神戸大学医学部附属病院美容外科

ページトップへ戻る